高齢化社会を迎えて                         健揚


長寿社会と言っても・・・。

 

今日、日本は、経済の円熟、医療や薬品の発達などにより、世界でも有数の長寿社会になりました。

とはいえ、全人口の7,8人に1人は何らかの病気をかかえています。

 

さらに、65歳以上では、二人に一人の割合で何らかの疾病を持っています。

 

つまり長寿社会といっても、病みながら生きながらえているいうのが実状のようです。

せっかく長生きができたとしても、病気で苦しんでいるのでは意味がありません。

 

高齢化社会を迎えて

そしてまた、これからの約40年間で、日本は急速に高齢化社会へと移行します。  

65歳以上の高齢者層の人口は、西暦2045年まで増え続け、現在の1.5倍になります。

反対に、15歳から64歳までの生産年齢人口は減り続け、現在の2/3(3分の2)になってしまいます。

 

現在、1人のお年寄りを4人の現役世代で支えているのですが、これが、2045年には、1人のお年寄りを1.7人で支えていく事になります。

 

この数字を見れば明らかですが、国家予算で負担できる医療費や福祉費、年金などには限界があり、今後は、国の医療や福祉行政等の充実はそれほど期待出来ないでしょう。

 

生活環境の変化。

そして、社会の高齢化に、追い打ちをかけるように問題になってきているのが、薬害や環境ホルモン、大気汚染、食品添加物などの人体への影響です。

 

たとえば、食品添加物を使用することにより、日持ちや見栄えを良くしたりすることができるようになりました。

一見生活が便利で豊かになったようにも見えますが、しかし実際は、普通なら日が経って腐って食べられなくなっているはずのものを、薬品の力での無理矢理食べられるようにしておくということです。

これって本当に豊かな生活なのでしょうか。

 

こうして、一人の人間が一生のうちで摂取する食品添加物の量は、ドラム缶1本分と言われています。

これでは、病気にならない方がおかしいくらいです。

 

健康は自分で守るセルフケアの時代。

こうした社会環境からいえるのは、まさに“健康は自分で守る時代である”ということです。

自分自身の健康、大切な家族やお友達の健康を守るのは、自分だけにしかできません。

それには、

 

①私たちを取り巻く生活環境への正しい知識を持つ

②食品や健康に配慮する  

③現代医療やそれに替わる代替療法の現状を把握する

 

ことが必要です。

 

そして、どうすれば、健康で長生きが出来るのか、いざ健康を害した時、どうすれば有効に病気を治す事ができるかということを自分自身で考えてゆかなければならないでしょう。   

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放