骨粗鬆症                            内海 聡


整形外科というと骨の専門家というイメージだが、実際整形外科に行っても何一つ解決しなかった人は星の数ほどにいることだろう。

ただ痛み止めを出された、ただシップを出された、ただ注射を打った、ちょっと気が効いてもテーピング、マッサージ程度のもので、何をもって治したいのか全くはっきりしない。

それが整形外科という場所だ。

実際のところ整形外科は外科であって、解剖学的、救急医学的な処置以外、いかに役に立たないかということに愕然とする。

 

整形外科の利点は例えば交通事故で複雑骨折したような場合だ。

これは古代の歴史を考えても西洋医学の利点を考えても整形外科の独壇場といってよい。

ここでも問題は慢性疼痛や老化に伴う種々の変形、骨粗鬆症などの対処が全く彼らにはできないということだ。

 

とにかく使わないでほしいのが骨粗鬆症薬である。

具体的名前を挙げれば「フォサマック」「ボナロン」「ベネット」などのビスホスホネート系である。

これらの薬は非常に薬価が高く、その割に効果が不明なのだ。

実際FDAでは、フォサマックなどの非定型大腿骨転子下骨折及び大腿骨骨幹部骨折の発症リスクについて、ラベルに追記すると発表している。他にも顎骨壊死のリスクについて、FDAは使用年数を制限するかどうか実際に検討している。

 

また、ビスホスホネート使用中にまれではあるが、ぶどう膜炎や強膜炎など重篤な目の炎症症状を発現する場合があるという研究も存在する。

対して効果もないのに薬価だけ高いこんな薬は、当然医学不要論では必要ない。

ではカルシウムをとればいいのか、それこそが大きな誤解だ。

簡単にいえばカルシウムだけとってもダメである。

同時に取るマグネシウムに重要性があり、さらにいえば不飽和脂肪酸であるオメガ3、シリカやコラーゲンやムコ多糖類などをうまく摂取することこそが重要なのである。

 

そしてこの条件に合わないものが牛乳であるからこそ、牛乳不要説が唱えられているのである。

骨を強くするためには牛乳に頼ってもむしろ逆効果であり、生命の輪を尊重した食生活に留意せねばならない。

また運動や小魚は研究をみると骨にいいことは証明されており、牛乳よりもこちらを重視せねばならない。

先住民は老人であっても筋骨たくましく背骨さえまがっていない、というのは古くから言われていることなのである。

 

カルシウムとマグネシウムに着目するという発想はあまり日本人は持っていないが、これは向精神薬を抜くときも、精神を安定させる時も必須事項である。

よくカルマグカルマグというのだが、これらが果たす役割は思った以上に大きい。

昔の栄養学ではこれらは2:1で摂取するのがよいとされていたが、最近の研究では1:1のほうがよいという風にされている。

そのうち逆転して1:2になるかもしれない。

 

血液中のカルシウム濃度というのは基本的に一定に保たれている。

これらは筋肉に関与したり情報の伝達に関与したり血液の酸性アルカリ性に関与したりする。

カルシウムに関して骨が最も重要な要素を占めていること自体は、さすがに異論はなかろう。

 

人体内にカルシウム不均衡が起こると、いろんな症状が出るとされている。

そしてマグネシウムはそのカルシムをコントロールする役割を果たす貴重な存在である。

もちろんそれだけが仕事ではないのだが、最も重要なマグネシウムの役割はカルシウムのコントロールにあるといってよい。

 

マグネシウムは非常に欠乏しやすい物質で、ほとんどの人間が欠乏していることに気付いていない。

しかもそれは深刻な病気を引き起こすこともありうる。

カルマグの不均衡や欠乏によりてんかんになりやすいことは、現代医学でもわかっている。

認知症の重要ファクターであることも分かっている。

ALSの患者はすべてマグネシウムが低かったとするデータも存在する。

もちろんこれを補充したらすべて良くなるかというとそうでもないが、医学においてひとつの根拠があるということだ。

カルマグを食品でとるときには私は天然のにがりをうまく使うことを推奨している。

 

シリカというのは二酸化ケイ素もしくはそこから誘導される物質の総称だが、なかなか人々には知られていないようである。

カルシウムやマグネシウムと密接な関係があり、シリカはコラーゲンを束ねて結合組織を増強し、コラーゲンの再生を促す。

毛髪やつめにも豊富に含まれておりアンチエイジングにも役立つ。

また歯のエナメル質を固くすることで虫歯を予防する効果もある。

 

シリカはコレステロールが血管に付着することを防ぎ、動脈硬化を予防する効果もあるとされる。

まだまだ解明されていない部分もあるようだ。

シリカは昆布やハマグリ、ゴマ、パセリ、玄米、大豆などに多く含まれている。

 

サプリも売られているがやはり自然物からとったほうが、他の意味でも都合いいことは間違いなかろう。

私としては栄養学に固執することはやめていただきたいが、栄養の基礎を学ぶことは医者いらずになるための第一歩でもある。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放