飲む点滴「玄米スープ」                     高橋直弓


食欲がない

なんとなくお腹がおかしい

頭痛がする

これは身体からのSOS。

 

「ちょっとお休みしたい」という身体からのメッセージではないでしょうか。

そんな時にぴったりの万能ドリンクをご紹介します。

 

玄米スープはあらゆる不調を解消してくれる、生命のエキス

玄米スープとは、炒った玄米を煮出して漉しただけの簡単なもの。

これが弱った身体にスーッと染み込み、あらゆる不調を改善してくれる優れものです。

 

どんなに玄米が優れていても、噛めなかったり胃腸が弱っていると上手く吸収できません。

吸収できないものはいくら摂っても身体の負担でしかないのです。

 

母乳さえ受け付けない身体が吸収した魔法のスープ

 

玄米スープの凄さを初めて知ったのはもう30年以上も前のこと。

知人の子供が口にしたものを全て吐いてしまい、病院でも原因不明と言われて点滴しかしてもらえず途方に暮れて相談にやってきました。

母乳を飲んでも吐いてしまうのでいつもは丸々として元気いっぱいだった子が痩せてげっそりしています。

 

唯一胃が受け入れた玄米スープ

子供は味がないと飲んでくれないので苦肉の策として味付けのためにほんの少しの粉ミルクを玄米スープで溶き冷まして哺乳瓶で与えてみました。

すると、母乳さえ受け付けなかったのにこの玄米スープだけは吐かずに収まったのです。

これには皆びっくり。

改めて玄米の威力を知った出来事です。

 

 

玄米スープこそ飲む点滴  万能ドリンクとしておすすめ。

健康な時には消化良く炊いた玄米を食べれば問題ありません。

ですが、身体が弱った時には玄米を噛んでも吸収できないのです。

 

噛むことさえ出来ないほど弱ってしまうとどうしても点滴に頼るしかないと思ってしまうものですね。

そんな時、玄米スープにすれば無理なく吸収でき、身体がみるみる生きる力を蘇らせます。

玄米スープこそ飲む点滴にふさわしい万能ドリンクなのです。

 

作り方はとても簡単。

炒り玄米さえ用意しておけば、すぐに煮出して飲むことが出来ます。

 

玄米スープの作り方   約1カップ分

<材料>

・無農薬の玄米   大さじ1

・水     1カップ

・塩      少々

 

<作り方>

1.玄米を弱火で香ばしくきつね色になるまでゆっくり炒る。

 

2.鍋に炒り玄米と水を入れ中火にかける。

 

3.沸騰したら弱火にし、10分煮出して塩を加えすぐに濾す。

 

炒り玄米はある程度の量をまとめて作って保存しておくと便利です。

煮出した後はすぐに濾さないと玄米が水分を吸ってお粥になってしまうので気をつけましょう。

 

 

体調不良の時ばかりではなく、母乳が足りない時の補いとしてまた子猫や子犬のミルクも玄米スープで溶いてあげると元気に育ちます。

また炒り玄米は保存が効き、そのまま食べることが出来るのでおやつや非常食としても役立ちます。

白米と一緒に炊き込めば、香ばしい炒り玄米ご飯の出来上がり。

玄米ご飯が苦手な方にも抵抗なく召し上がっていただけます。

 

スープを取った後の玄米は、捨てずに利用しましょう。

 

パンやクッキーに混ぜたり、お好み焼きなどに加えてもいいですね。

 

炒り玄米パンの作り方  2個分

 

<材料> 

スープを煮出した後の玄米  1回分(30g)

 

玄米甘酒          30g

 

強力粉           100g

 

アルミフリーのBP 小さじ1

 

自然塩            ふたつまみ

 

水             1/4カップ

 

刻みくるみ(ロースト)   10g

 

 

<作り方>

1.ボールにくるみ以外の材料を全て入れてよく混ぜ、なめらかになるまでこねる。

 

2.なめらかになったらくるみを加えて混ぜ、2等分する。

 

3.それぞれ丸めて調理バサミで切り込みを入れ、天板に並べる。

 

4.180℃に予熱したオーブンに入れ、12分焼く。

 

 

 

 

 

<玄米スープの効用>

・食欲不振

・栄養補給

・利尿

・解熱

・吐き気

・胃腸虚弱

・母乳の補いに

・疲労回復

・病中病後の保健飲料として

 

その他、身体のあらゆる症状におすすめします。

子供は玄米スープそのままだと飲みにくいので、無農薬のりんごジュースと混ぜてもいいですね。

 

吐き気を止める時には

・常温または冷やす

・塩気を強くしない

これがとても大事です。

 

温かいものや塩気は吐き気を誘発しますので、気をつけましょう。

これは飲んでもらう方に聞いて冷たいのがいいか常温がいいか判断してくださいね。

ご本人が身体に必要なものをちゃんとわかっているので聞くのが一番です。

くれぐれも嫌がるものを無理に飲ませることのないようにしましょう。

 

利尿にも塩気を強くしないことがポイントです。

 

最後に

 

疲れが一気に出て体調を崩すこともあるかと思います。

そんな時にはお薬や病院に頼る前にぜひ玄米スープをお試しくださいね。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放