食べる麹                        やなぎさわ まどか


「発酵食は体に良さそうだけど、納豆ばかり食べられないし、毎日お味噌汁も作れない」

 

ヘルシーな食生活への意識が高い人が増えた一方で、発酵食品に難しいイメージを持つ声はまだ多い。

しかし発酵食品に欠かせない麹(こうじ)が、誰でも・いつでも・簡単に食べやすい形になったとしたらどうだろうか。

 

むかしから日本にある発酵食品といえば、味噌、しょうゆ、日本酒、みりん、甘酒…どれも「麹」を元に作られている。

麹とは、蒸した米や豆に、麹の菌をまぶして一定条件で保温させたもので、ビタミン・ミネラル・アミノ酸といった栄養素が豊富だ。

お米で作られた米麹(こめこうじ)は、数10種類もの酵素をふくみ、消化を助け、腸内環境を整える。

特に、ビタミンB群が代謝を促すため、疲労の回復や、肌や髪を健康的に保ってくれる。

むかしから、各地の酒蔵で日本酒をつくる杜氏たちの肌がきれいといわれる理由はここにある。

 

では、現代人のわたしたちが普段から麹を取り入れるには、どうしたらいいのだろうか。

麹で作られた発酵食を日々の食事にうまく活かすことはもちろん、もっとも簡単なのは「麹を食べる」ことだ。

特に使いやすいのは、麹を粉末状にした”パウダー麹”。

 

”こうじ”という漢字は、麦に菊と書く「麹」と、米に花と書く「麹」の2つがある。

これは、麦がたくさんあった中国大陸と、お米が豊富な日本という、食をめぐる環境と文化の違いがそれぞれの漢字を生み出したもの。

日本では、麹の菌糸や胞子がふわふわした見た目を”花が咲いた”と表現した。

実に日本的な感覚が反映されている。

 

細かなパウダーは、ふわふわサラサラ。

まさに雪のように澄んだ白さに、思わず「美しい」と言葉にしたくなる。

 

自分が使いやすいサイズの瓶などに移しておき、いつでも食卓で使えるようにしておくと便利。

ほんのり麹の甘さは感じつつも、食べ物の味を邪魔するような強さはないので、サラダやおかずに直接かけて食べることができる。

ご飯やトースト、味噌汁やスムージーなどにもサッと使えて良い。

 

また、あらかじめお塩と混ぜて別容器に分けておけば、料理の仕上げにも使えるし、天ぷらなどを直接つけて食べられる。

塩以外にも、すったゴマとあえておくと白和えやおひたしにかけて奥行きのあるおいしさが味わえる。

粉末のスパイスやハーブと合わせておけば洋食系メニューにもぴったりだ。

 

慣れてくると、どんどん使い方が広がる。

例えば、しょうゆを雪麹に少しずつ加え、好みのとろさになるまで溶きながら混ぜれば、即席の「醤油麹」だ。

小皿とスプーン1本であっという間に作れる上に、パウダー状のためすごくなめらか。

そこに生姜やにんにくをすりおろして混ぜておけば、肉や魚料理の下ごしらえにも便利。

まぜてから1?2日間置くとさらに熟成して風味も増す。自分の好みを探るのも楽しいだろう。

 

もちろん、雪糀を使って「塩麹」も作れる。

お湯(大さじ4)に塩(小さじ2)を溶かしておき、雪麹(大さじ2)に混ぜながら溶くだけ。

使い勝手の良い”魔法の調味料”が簡単にできる。

 

さらに、ギルトフリー(罪悪感なし)なスイーツにも活用可能。

雪糀とココアを混ぜておき、お湯やミルクで溶かせば、甘さ控えめのココアドリンクに。

お湯の量を極限まで減らして練れば、チョコクリームのようなディップにもなるので手作りおやつにとても便利だ。

 

もちろん、甘酒だって作れる。

雪糀(50g)を70度のお湯(100cc)と混ぜてから、一定の適温で8時間ほど寝かせよう。

つぶつぶがない、なめらかでトロトロの甘酒ができあがる。

 

麹の美容成分を味わうために、お風呂での”雪糀パック”を試してほしい。

雪糀とぬるま湯を1:1くらいで混ぜ合わせ、水分が混じらないように気をつけながら少し温める。

やわらかな優しいスクラブとなったパックを、顔や手など乾燥が気になるところに塗り、そのまま湯船につかって温まろう。

ほどよく温まった麹の酵素が、素肌に浸透していくのを感じられるだろう。

 

水分を含んで温められた雪糀は、実は酒蔵で作業する杜氏の手と同じ状態といえる。

湯船で全身を温めれば、まるで酵素風呂に入っているかのように、効果が全身に染み渡る。

 

「パックした後、湯船にそのまま溶かすと、全身がすべすべになります。

乾燥する冬場など、本当におすすめ」

と話すのは、同商品を販売するmoWa代表の鈴木由起子さん。

 

「個人的には麹の魅力を伝えたい一番の理由」として美容効果を実感しているらしい。

もちろん雪麹は「食品」であるため、あくまで鈴木さん個人の利用法であり効果も人それぞれではあるが、彼女の透き通るような美肌を見れば、試してみる価値を強く感じるだろう。

 

粉末化することで例えば・・・

・粒のない甘酒

・粒のない塩麹

・パン生地に添加(試作試験中)

・塩を使わない塩麹(試作試験中)

・粒のない麹漬(試作試験中)

 

粒なしスムーズ甘酒の作り方

甘酒の粒が気になる方にはこれ!

また、色んな飲み物に甘酒を加えて健康ドリンク作りをされている方にも食感がスムーズになります。

出来上がり量約265g

 

用意するもの

保温タイプの350~500mlステンレスボトル

65度のお湯200ml(夏季の場合)

粉麹65g(粉麹1:お湯3の割合)

 

作り方

ステンレスボトルにお湯→粉麹の順に入れる。

粉麹を入れる際、箸などでつつきながら入れるとなじみやすい。

その際、だまにならないよう軽くかきまぜる。

10回ふる。

7~8時間程度放置

 

※甘酒の発酵は湯の温度が大切です。

高くても低くてもうまくできないので慣れるまでは 麹投入して10回振った後60℃になるよう温度計で計ることをお勧めします。

お湯の温度を計るのが面倒な場合、ステンレスボトルに直接熱湯170gを注ぎ+氷30gで約65度のお湯になることを目安に調整してください。

 

(注意)

できあがった甘酒を長時間ステンレスボトルに入れておくと酸味がでます。

冷蔵か、すぐに飲むか、氷を入れて冷やし甘酒にして携帯して お早目にお召し上がりください。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放