「食べる水」が体を変える


疲労の原因は「隠れ脱水」。水を飲むだけでは解決しません。

科学的エビデンスと文化人類学の知恵から生まれた、果物・野菜の水分で、体をしっかり潤す食事法。

 

集中できない。眠れない。

慢性的な頭痛や疲労。

体重増加。

腸の不調……。

 

現代人を悩ませる病気やおなじみの不調の犯人は、「隠れ脱水」だった!

「水なら飲んでいる、ペットボトルを手放さない」という人は多いが、そんな人こそ、ぜひ本書を読んでほしい。

水を「飲んで」はいけない。

水は「食べる」ものだ。

野菜や果物の水分で、身体をしっかり潤す食事法「クエンチ・プログラム」を公開。

統合医療の臨床医と文化人類学者による、水との新しいつきあい方。

 

 

●隠れ脱水をチェックしよう

疲れやすい、眠れない、集中できない、老化が気になる……。

そんなあなたは脱水している!まず、脱水状態をチェックしよう。(肌を押したときの戻りの良さ、尿の色etc.)。

 

●ミネラルウォーターの神話

「ミネラルウォーターを沢山飲め」は神話だった!

水分摂取は「量」でなく「タイミング」が重要である。

市販のミネラルウォーターは体にいいかを徹底検証。

 

●「塩分控えめ」の神話

「いい塩分」と「悪い塩分」を知っておく!

精製塩は体に負担をかけるが、天然塩は体をうるおすうえにミネラルやカリウムを摂れるので取り入れると良い。

 

●水は「飲むもの」という神話

水は飲まずに「食べる」! 植物を通じて体内に摂取される水分は、真水よりも長時間保持されやすい。

電解質はジェル状・とろとろの状態の水分に多く含まれる。

野菜、果物という固形を通じて摂取される「食べる水」のほうが給水効率は良い。

 

●筋トレやマラソンはいらない! 

体に水分をいきわたらせるには、激しい運動は必要なし。

身体を小刻みに揺らすことが水分摂取の効率を上げることがわかっている。

本書ではこれに基づく運動法を紹介。

 

●5日間の「クエンチプラン」を公開!オススメの飲料、食事、スムージーのレシピ。

日常の水分摂取方法を変えることにより、疲れ知らずの身体をつくることができる。

 

 

 

水は生命の要素であり基盤、母であり媒体である。水なしに生命は存在できない!

20 水を『飲む』だけでは解決しない?重要なのは【吸収する水】を飲むこと?

29 ペットボトルの水を飲んでも解決しない?ボトルウオーターの水も?水道水も?添加物入りのジュースも?問題だ!

31 脱水症状が頭痛から認知症まで引き起こす

33 水を飲まない砂漠の民が潤っていた秘密とは?

34 植物を【食べる水】として活用する?植物の水分は、ペーハーバランスが良く、アルカリ性で、栄養も豊富で、活性化されているので、細胞に吸収されやすい!

 

35 クエンチプログラム

① 細胞レベルまで届く飲み物からの最大限の水分を補給する

② 食品からもっと水分を取る

③ 運動することで体中に水分を行き渡らせる

 

38 適切な水分補給で、あなたの体はこんなに驚くほど効果がある??

38 植物と地球のプログラム

 

第1章 【新しい水の科学ー水分補給と健康のつながり】

42 分子レベルでは、人体の99%は水分

45 筋膜という水供給システム

45 水分不足が引き起こす5つの病気

58 慢性痛の根底にある脱水症

62 トイレに何度も行くのは、膀胱と腎臓によい

63 がんリスクと水の関係

64 水で体重が減る科学的エビデンス

65 【食べる水】とは世界中で大昔から伝わる知恵

67 チアシードが持つ水分補給力

69 最新科学で発見された、水の新しい状態

70 ゲル状の水が持つ力

73 ゲル水による水分補給

 

第2章 【食べる水】が体を変えるー水分補給に役立つ食品

83 植物の水こそが完璧な水

87 ピザを食べた後に体内で起こること

88 塩が水分補給を解決する!

89 スポーツドリンクが人気を失いつつある科学的な理由

90 血圧を上げる塩・下げる塩

91 水の飲み過ぎで細胞がうっ血する

93 知っておきたい【水分を奪う食品】

97 スムージーで植物繊維を取り入れる

99 100万年前から伝わる食事

102 話題の発酵食品

 

第3章 【水を体中にめぐらせるー筋膜と水分補給】

107 筋膜という体の灌漑システム

115 鍼治療のツボは神経受容体と一致していた

 

第4章 【細胞を潤すための【動き】ーマイクロムーブメントの科学】

120 圧迫することで電気が生じる

120 『運動』ではなく『動き』を取り入れる

122 体に水を流し入れ、細胞の老廃物を流し出す

124 体をひねるだけで、老廃物を処理できる!

125 デスクでできるマイクロムーブメント

 

第5章 【脂肪が細胞を潤すー水と脂は混ざるもの】

 

第6章 【一番水を必要とするのは誰か?ー年齢・タイプ別の水分補給】

 

第7章 【乾かない人】は老化しないー肌・姿勢・睡眠と水の関係

179 美容のために汗をかき、水分を流し出す

186 マッサージが体を潤す

194 ストレスを水で薄める!

 

第8章 5日間のクエンチプランー水を食べるための食事の基本

202 スムージーで体の水が変わる

211 なぜ、この食品は【食べる水】なのか?

219 水を食べるための食事の基本

 

第9章 水をたっぷり【食べて】健康になるー生涯使えるレシピ

245 ブレンダーについての注意

 

 

(山本 敏幸)

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放