電磁波ストレスに万能型超活性装置 ・ アルファペンダント     前田勇


万能型超活性装置による電磁波を強力な遠赤外線健康エネルギーに変える原理

 

人間は肉体を生存の基盤としてこの地上で生活し人生体験をしています。

そして、肉体は49,7%の水素元素と24:9%の炭素と酸素の元素、さらに0,27%の窒素元素、合わせて99,77%の大気中の軽い生命元素と、48種類合わせて0,23%という大地のミネラル元素のバランスの元に生命活動をしています。

 

すなわち、水素元素は宇宙空間を満たしている大元の元素であり、全ての元素はこの水素元素の核融合によって誕生しています。

そしてこの地球も元は一つの水素から誕生して、やがて質量や重力が高まる過程で92個の元素が誕生する事になります。

これが“国(92)生み神話”であり、最後に誕生したのがいわゆる火の神と言われるウラニウム元素です。

 

これに人類が手をつけて、さらに核融合を行い不安定な元素にしたものがプロトニウムです。

今の原子力発電所や原子爆弾といった人類の存亡に関わる問題を作りだしました。かつて、人類は滅亡の歴史を持つとも言われています。

 

さて再び肉体の話に戻りますが、肉体の生命活動の二大元素と言われるものが先ほどの炭素と酸素です。

そして大自然の中の樹木は炭素繊維であり、大地は二酸化ケイ素の酸素です。

従って樹木と大地は肉体と同様の炭素元素と酸素元素であり、どちらも人間の体温と同様の遠赤外線エネルギーです。

 

また炭素質の大樹は電導率が高く、宇宙の生体電気エネルギーを引き寄せ、肉体の細胞を構成する炭素と酸素の原子のマイナスイオンの電子を回転させて体温を生み出させています。

 

さらに大地の酸素質の岩石や土からは生体磁気エネルギーが発生して、細胞内原子の原子核の周りを高速で遠心力を持って回転する電子が、飛び出さないように引き合わせて釣り合いを取っています。

 

この自然界を通して発生している生体電磁気エネルギーこそ、人間の体温を生み出し心臓や呼吸や内臓諸器官を動かしている『生命エネルギー』なのです。

 

従って、自然環境が豊かで人間が木材や土を使って造っていた住まいで生活していた時代は、人々が健全な肉体に健全な精神の元に生活し、豊かな感性と精神性を持って優れた文化を生み出していました。

 

この生活環境が強アルカリ性で発癌率の高いコンクリートや、化学物質多用の新建材に変わり、さらに多くの電気製品によって強力な電磁波を浴びる生活をするようになり、正常な肉体を維持する生命エネルギーが枯渇して行くようになり、年々人間が生命力を失うようになっていきました。

 

肉体の生命力の低下とともに免疫力や自然治癒力は失われ、ホルモンバランスやミネラルバランスも損なわれて、心身共に病に陥りやすくなってきました。

 

これまでは、換気によって少しはましな外気を取り込んで調整していましたが、中国からの大気汚染の増大と共に、日本の外気の生命力は極度に低下して室内外とも変わらなくなり、極度な免疫力の低下から癌患者や心身の病が一気に増加して、なおかつ多くの社会問題を生み出しています。

 

自然破壊と環境汚染に続いて生活環境における自然生命エネルギーの枯渇して行く過程で、家族の健康や生命を守るために出来ることは、それぞれの生活環境や職場環境からの改善を最優先する必要があります。

 

こうした中から誕生したのが、生命エネルギーの元となる天然セラミックスや備長炭などの炭素資材を大量に取り入れた、世界10ヶ国の特許を取得した『生体活性化システム』です。

 

これは、生体電磁気エネルギーを活性強化する、大量の陰陽の遠赤外線資材を利用することで、肉体の細胞内原子を活動させて生命力や免疫力を高め、自然治癒力を回復させて、心身の病を治し生命力溢れる健康な肉体を取り戻すシステムです。

 

太陽の育成光線を始め地上の地場や物質の最高のエネルギー値は免疫(生命力)21です。

もはや地上の汚染はこの数値では解消される事はなく、生体活性化システムを通して、地上の最高値を超える免疫40までのエネルギー値をつくり出していました。

 

しかし、環境悪化がさらに増加する中で福島第一原発事故が発生しました。

この放射能汚染の実態調査を開始し、機動隊と交渉して最も汚染度の高い第一、第二原発までの調査や、飯舘村や郡山での農地の改良実験などを長期に渡り行なっていく過程で誕生し、進化を続けていったのが『万能型超活性装置』です。

 

この電磁波変換装置でもある万能型超活性装置は、人間のこれまでの常識や理論から生まれたものでなく、常識や理論を超えた超物理学であり、宇宙生命物理学の新たな分野であり、宇宙からのサポートにより誕生したものなのです。

 

強力な電気を帯びた雷が樹木や人間に落ちると一瞬にして大樹は裂け、人間は即死しますが、大地に落ちると土地の生体磁気エネルギーは高まり、宇宙から生体電気エネルギーを引き寄せます。

そして、稲の発育が良くなることから雷のことを稲の妻、すなわち『稲妻』と表現しました。

また、土地が活性化する事から『イカヅチ』(活土)ともに表現したのです。

 

これは一種の超常現象でもあります。

現代科学の無いはるか昔、自然環境に恵まれていた時代、しかも大地のエネルギーとパワーあふれる樹木に覆われていた時代、日本民族は高い生命力と精神性と霊性を持っていました。そして宇宙大自然とも意識交流出来る力を持っていました。

 

人類がお手上げ状態で、尋常でない福島の放射能汚染の対策を進める中で、数々の試行錯誤を繰り返えしながら5年の歳月を経て、雷をさらに超えるところの宇宙の大元のエネルギーの応用が始まり、進化を続けています。

 

この万能型超活性装置とは自然生命エネルギーの大元である宇宙の生体電気エネルギーと大地の生体磁気エネルギーを高密度に取り入れた無形のエネルギー装置です。

 

そして、強力な電磁波も吸収変換させるほどの出力を持つ遠赤外線のエネルギーで、健康を破壊する電磁波を帯びた電気を一瞬にして遠赤外線健康エネルギーに変換させます。さらに電導率の高い銅線を活性強化させる事で超電導体に変えます。

 

従って電気抵抗がなくなる事で照度はアップし、電力消費量を極端に減らし、照明器具や電子レンジやパソコンなど、全ての電気製品を遠赤外線の健康器具に変換します。

そして電線やコンセント、電気製品から遠赤外線エネルギーが放出する為に、これまでの新建材と電磁波のシックハウス環境の室内環境は免疫11から、伊勢神宮境内並みな免疫18の自然生命エネルギー空間に変わります。

 

これは電気だけでなく水道水やガスから全ての物質を活性強化させる事が出来ます。

 

そして、大量の遠赤外線の天然セラミックスや炭素資材を使った生体活性化システムと併用させる事で、地上の最高の環境レベル免疫21を超えた生活環境や、宇宙レベルの免疫50を超えるような未来型の医療システム開発にも道を開いています。

 

人間が人間の真実を理解し、生命や健康を真に理解する為には、生体や細胞を構成する化学的な分子の世界、更に分子を構成する科学的原子の世界、更に超ミクロの世界と、生体から自然界へ、そして地球や太陽系、銀河宇宙まで見ねば生命の神秘は紐解けず、癌一つ難病一つ治すことは出来ません。

 

そして、大自然と人間が共存出来る世界に回帰する事なくして、平和で豊かな世界を実現する事は出来ない。

それには一人一人の生活の見直しと改善が大切であり、人生の基盤である健全な肉体を取り戻す事です。

 

肉体を保護する健全な生活環境を取り戻す事なく。食生活や愛と平和を唱えるだけでは健康も平和も豊かな世界も実現出来ません。

 

一人一人が生命力豊かな生活環境を取り戻し、肉体を健康で生命力豊かにしていく事で、豊かな心と人生を実現出来、平和で豊かな世界をつくる事が可能です。

 

 

《業種別のメリット例》

 

【大型電気店】

大量の電気を使用する事で高い電磁波の中で営業活動を行う事で、従業員の健康障害や、お客さんの電磁波環境での疲労感が営業にもマイナーとなりますが、大量の電磁波を遠赤外線の健康エネルギーに変換する事で、従業員の健康管理と、お客様の快適なお買い物のサポートなる事で、業績向上にも繋がります。

さらに大幅な節電が出来ます。

 

【大型店舗】

新建材や照明などの電磁波環境の中での、長時間のお買い物は身体の負担になる為、エネルギー溢れる快適な環境にする事で、従業員の健康管理とゆっくりとお買い物していただけることから業績にも貢献できます。

 

【学校施設】

環境悪化や新建材や電磁波によるストレスにより心身の疲労がかさみ、イジメや自殺、成績低下など生徒の負担は元より、先生方の疲労やストレスにも大きく影響しています。

家庭内でも免疫(生命力)6の照明器具や電気製品を免疫21に、室内環境をシックハウスレベルの免疫11から、伊勢神宮境内並みな免疫18に変えるだけで、朝の挨拶をするようになったり、家庭内が明るくなるケースが沢山報告されています。

 

【パチンコ店】

大量の電気を使用し、タバコ臭いや騒音など非常に粗悪な環境になっています。

電磁波を強力な遠赤外線健康エネルギーに変える事で、清浄器以上な浄化効果と、金属関係も活性させることから騒音も変わります。

30%前後に及ぶ節電効果も固定収入になります。快適な環境に変わる事でユーザーのリピート効果も期待できます。

 

【コンビニ】

大量の照明器具や冷蔵冷凍庫、電子レンジなどを長時間使用するコンビニなどは、大幅な節電効果が期待でき、食品の鮮度や品質向上にも貢献できます。

 

【大型施設やオフィース】

多くの人達が大気汚染や、家庭や職場の新建材や電磁波、乗り物の電磁波などにより、極度の疲労状態にあり十分な職務を遂行することが困難になってきています。

従ってチームワークでの事業にも支障をきたし、業績悪化の大きな要因になっています。

さらに高いストレス度と発癌性のある照明器具やパソコンなどを浴び続けることで特に女性の乳癌などの原因になっています。

内装をいじること無しに電気を遠赤外線健康エネルギーに変えるだけでこうしたリスクを解消して、コミニュケーションを高めて業務の効率を向上させる事で、業績向上に繋げます。

 

☆エアコンは春のような自然に爽やかな風に!

☆冷蔵庫の食品は活性化して賞味期限がなし!

☆ステレオの音は電磁波音響からライブに!

☆照明器具が臭いを取り空気を浄化!

☆全ての電気や電気製品から遠赤外線が放射!

 

 

■【家庭繁栄と事業の業績向上の最高秘密兵器- 万能型超活性装置の威力!】

《現在の環境と社会状況》

現在、殆ど報道されなくなった中国からの大気汚染ですが、その影響力はが益々強くなり、大量の電磁波商品が氾濫し、化学物質多用の新建材の住まいや職場環境、さらに化学肥料多用の農作物、添加物多用の食品などの氾濫で日本人の多くは極度の生命力不足を来し、疲労や心身の病、癌の発症率の増加などに見舞われています。

 

こうした事から家庭や社会における傷害事件等の社会問題の増加や、企業の業績低下や不祥事が益々激しくなっています。

 

長年に渡って環境エネルギーの低下と人体への影響を得続ける中で、現在はその影響力が最も大きく現れています。

 

家庭や企業だけでなく政治に至るまで最悪な状況になってきています。

 

環境エネルギーの悪化は、人間の健康を維持し、生きる為の原動力となっている『自然生命エネルギー』を枯渇させ、人間のみならず家庭や企業の活力を低下させ、社会を混乱状態にして著しく国力を低下させまでいます。

 

◆《あるスーパーオーナーの癒し体験!》

本店事務所のある店舗の分電盤5ヶ所に、最新鋭の万能型超活性装置を取り付けての実験を始めることになりました。

免疫(生命力)6の電磁波の照明器具やエアコン、大量に電気を消費する冷蔵庫や冷凍庫等が⇒太陽光線並みな免疫21の遠赤外線健康エネルギーに変換します。

 

これにより、免疫11のシックハウス状態の大型店舗の室内全体が⇒免疫18の伊勢神宮境内並みな自然エネルギー環境に変わります。

 

効果を実感するに連れて自宅の電気にも取り付けを行い、活性化ハウスに変換しました。

 

自宅は勿論、職場での大型空間でのエネルギー効果は更に大きくなり、オーナー本人の生命力や行動力、発想力などが日増しに高まり、経営に対する意欲も同着時のボロボロ状態からは想像もできないほどアップしました。

 

 

◆《スーパー活性化での効果!》

◎【電気代の大幅節約!】

電線や電気製品が超伝導体に変わることから電気抵抗が減り、明るさが増し、電気代が30%程節電出来ます。大量の冷蔵庫や冷凍庫を使用するスーパーでは1店舗120万円ほどの電気代が掛かるそうです。

従って毎月30~40万円ほど節電できれば、一年ほどで元が取れ、以降は利益転換されます。

 

◎【従業員の健康管理と労働意欲の向上!】

一番大切なのは健康管理ですが、健康になるという事は生命力が上がり、ミスが減ると共に労働能力や意欲の向上、職場のコミニュケーションの向上にも繋がります。

更に日持ちが良くなると同時に廃棄処分が減ることで実質利益が向上します。

 

◎【生鮮食品の鮮度と品質向上!】

電気が免疫6から⇒免疫21に変わる事で免疫8~11ほどの低エネルギーの食品が⇒1日で免疫18~19の超健康食に変わり、美味しくなります。

売上向上に繋がります。

 

◎【集客力の向上!】

店内の環境が疲れやすい免疫11から⇒伊勢神宮境内並みな免疫18に変わる事で、居心地の良い空間になり集客力も上がり、ゆっくりと過ごしてもらう事で売上も向上します。

働く人も来客も疲れやすい環境で、値引き合戦に終始するより、環境を改善強化する事で無理な値引き合戦が不要になります。

 

◎【業績向上と社会貢献!】

環境改善強化により従業員の健康管理、食品食材の品質向上、業績向上により個人や企業のみならず国の収益にも大きく貢献できます。

更に品質を向上させ保存率を高める事で自然環境や食糧問題にも大きく貢献出来ます。

 

 

■【電子レンジを使わなくてもお弁当にはストレス度と発癌性が高い、電磁波を遠赤外線の健康エネルギーに変換する事で自然食以上の健康食にする事が可能である!】

現在の社会生活において電磁波を避けて生活する事は不可能です。

そうであったら電磁波を遠赤外線に変え、味方につける事で生活は一変します。

これは福島の第一原発事故による放射線問題に挑戦する中から生まれた世界を変える技術です。

オール電化住宅がオール健康ハウスに変わります。

 

 

電磁波対策と電磁波を最強の遠赤外線健康エネルギーに変換する【万能型超活性装置】

 

福島第一原発事故による放射能除染対策から開発され、さらに進化を続ける万能型超活性装置は、福島第一原発隣接農地の416マイクロシーベルトの発癌率やストレス度に匹敵する家庭や職場の照明器具や電気製品の強力な電磁波を、一瞬にして最強の遠赤外線健康エネルギーに変換します!

普及する事で発電所と交流する電気は他にも大きな影響を与え、高圧線からの電磁波も変換させて行く力があり、冷蔵庫や冷凍庫の食品も活性強化される事で、自然破壊や食糧危機にも大きく貢献できます。

万能型超活性装置は電気だけでなく水道水やガスや自動車などあらゆるエネルギー調整に役立っています。

 

【効果】

★免疫(生命力/健康レベル)6の電磁波を⇒免疫21の遠赤外線健康エネルギーに変換します!

 

★家庭や職場の室内環境をシックハウスレベル免疫11(人体最低必要値は免疫14)から⇒伊勢神宮境内並みな免疫18に変換します!

 

★蛍光灯やパソコンなどの強力な電磁波を⇒癒しの健康エネルギーに変換します!

 

★電子レンジやIH電磁調理器などの電磁波免疫5~6を⇒健康エネルギーに変換させる事で、お弁当などの発癌性や添加物が解消されて、遠赤外線レンジ化された電子レンジを通す事で超健康食に変換します!

 

★電線が超伝導体に変換し、照明器具や電気製品の性能や需要が大幅にアップし、原子力電力に匹敵する30%前後の電気が節電出来ます!

 

★冷蔵庫内の物が超健康食に変換されて活性化し、腐らなくなるため食料の廃棄処分が大幅に削減されて、環境保全や自然保護にも繋がります!

 

★ビルやマンションなどでは他所の電気も改善するため、社会環境における電磁波汚染とその障害を防ぎ、高圧線などからの放射能以上の電磁波が、将来的には遠赤外線健康エネルギーに変換れていきます!

 

★健康障害の最大の原因である電磁波が変わる事で、癌や心身の病が軽減され社会問題も解消されます!

 

 

 

◇万能型超活性装置を組み込んだアルファー・ペンダント

《外出先や職場などの長時間の照明器具やパソコンなど電磁波や、新建材などの化学物質から体を守り、新陳代謝を高め冷え症対策や、オーラやチャクラを活性化させて行動力や各種能力をアップさせる為につくられ、口コミで広がっています!》

 

■【アルファー・ペンダントの生命力と比較】

◆アルファー・ペンダント:免疫(生命力)41~42

★太陽光線:免疫21

★屋久島縄文杉:免疫20

★伊勢神宮境内:免疫18

★樹齢150年の桧:免疫17

★現代の日本人の生命力:免疫14

★人体最低必要値:免疫14

 

《免疫13は人間の生命の限界点》

★ヨーロッパの住まいや職場:免疫14

★日本の住まいや職場:免疫11

★塩化ビニールクロスや新建材:免疫7

★照明器具やパソコン、電気製品:免疫6

 

■【アルファー・ペンダントの効用】

外出先や職場などあらゆる場所で効果を発揮します。

☆強力な遠赤外線を放射して照明器具やパソコンなどの電磁波をガードします!

☆強力な遠赤外線で新建材からでる化学反応を軽減します!

☆電子レンジ並みな走行中の自動車の電磁波から体を守ります!

☆室内環境を免疫11から⇒免疫14の適正値に改善します!

☆胸腺を中心に心臓や肺、肝臓や腎臓に生命エネルギーをおくり強化します!

☆鎖も活性化して首や肩の凝りを軽減します!

☆肉体面や感情面、精神面を安定させてアルファー状態にし潜在意識を向上させます!

 

(アルファー・ペンダントの名前の由来)

☆学校の受験時などに効果があります!

☆就職活動での面接や試験時などにも効果があります!

☆商談や交渉ごとの自信アップに!

☆生命エネルギーが高く決断力や行動力、直感力など各チャクラの能力をアップします!

☆飲料水のボトルやグラスに数分付けるだで活性強化されます!

☆ゴルフやスポーツ時の身体能力を高めます。

☆ビジネスホテルなど宿泊時に水栓に付けるだけでお風呂のお湯やシャワーの水が活性強化されます!

☆付けている人が何人か増えるたびに場の空気が和みます。

 

 

 

強力な免疫力や遠赤外線健康エネルギーを放射する万能型超活性装置のアルファー・ペンダントは、外出時の乗り物や職場での電磁波から身を守り、内臓や各種能力を司るチャクラを強化します。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《環境と肉体と心と精神と魂の豆知識》

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■【肉体とその働き】

肉体は転生する魂の人生と目的を支える為に造られたものである。従って、その肉体の性能や状態により人生は大きく異なってきます。

それでは肉体はその生命力によってどれほどの影響や違いがあるのでしょう。

【肉体】の生命力が低下すると肉体の機能は低下し、癌や病に対する免疫力も低下し癌や病に罹りやすくなります。

【肉体】の生命力が低下すると【心】はネガチプ、マイナス思考になり、心配不安や問題意識が強くなります。

【肉体】の生命力が低下すると決断力や行動力、創造力や直感力、精神性や感性といったチャクラの数値も低下します。

【肉体】の生命力が低下すると脳中枢は酸欠状態に陥り、魂の意識も低下します。その時、肉体と意識は迷子の状態で目的を見失い不安の中を日々彷徨います。

【肉体】とその意識体には人生の目的はなく、脳中枢に存在する魂の人生と目的を100%支えるように造られています。

☆従って、生命力が低下した人に多くの人生論を諭しても効果は薄いのです。何故なら心は肉体に支配されやすからです。まず生命力を高めることが一番大切です。

 

■【心の働きと役目】

心は肉体の意識体ですが、魂意識の発動している時は肉体も心も、魂意識によってコントロールされますが、通常は肉体の意識体が感情や心として表れます。ゆえに、肉体の生命力の状態によって心は大きく左右されます。

【心】は肉体の状態の現れですが、心がマイナーになるとブーメランのように状況をつくりだした肉体に帰ってきます。

【心】を変えることは難しいが【肉体】の生命力を上げることで心を変えることの方が易しい。

【心】が楽しんでいるときは肉体のブロックが外れ、肉体にも精神にも自然界の生命エネルギーが充電されていきます。

 

■【精神】

【精神】とは人間の実相である魂の思考であり、感性であり、現れです。

【精神】は肉体の生命力が低下して、魂の意識が薄い時はその働きも低下しています。

 

■【魂】

魂とは人間の本質実相であり真我と呼ばれる存在です。この魂がこの地上での人生体験をする為に、必要と目的に合わせて神さまが用意されたのが肉体という乗り物であり細胞組織で造られた高性能のロボットです。しかも肉体は自分自身が人間だと思い込むほど魂と瓜二つに造られています。

【魂】は肉体を通して人生を営み体験していきます。

【魂】は肉体の脳中枢に存在して常に肉体から送られてくる性ホルモンからのエネルギーを受けて意識を発動させ、活動出来ます。ゆえに、肉体の生命力が低下した時は魂は意識不明状態に陥ります。

【魂】は健全な時は肉体とその意識を自由にコントロール出来ます。

【魂】が健全な時は魂自身の意識と肉体の意識を共有します。

 

■【環境と肉体】

肉体はほとんど地上の軽い大気元素と微量の地上のミネラル元素で造られ、大自然との絶妙なバランスの元で生命の機能を維持しています。大自然における天地の自然生体エネルギーをエネルギー源として生命を維持しています。

 

ゆえに、自然破壊や汚染と生活環境における電磁波や化学物質などの氾濫による、自然生命エネルギーの枯渇は肉体とその心の働きを低下させ、魂とその意識体である精神の働きを停止させます。

特にこうした環境が最も悪化している現在の日本と日本人が大きな影響下にあります。

 

こうした環境の改善と魂の目覚めなしに、心の世界や精神世界を説いても肉体とその意識体自体を変えることは出来ません。肉体とその意識体はひたすら環境における生命エネルギーを高めて、自らの生命力を引き上げ自らの内に存在する魂の覚醒を促し、魂の人生とその目的達成に尽くさねばなりません。

 

光懐

 



 

電磁波から身を守り、生命力を高める万能型超活性装置

  [スーパーゴールドチップ・アルファペンダント]

 

超強力な電磁波対策と生命力・免疫力UP!

強力な免疫力や遠赤外線健康エネルギーを放射する万能型超活性装置のアルファー・ペンダントは、

外出時の乗り物や職場での電磁波から身を守り、内臓や各種能力を司るチャクラを強化します。

 

 

お求めは、旬(ときめき)SHOPで!

 



未知への挑戦 [前田勇奇跡の人生]                前田勇


23歳にて日本を飛び出し北欧の国デンマークの建築設計事務所に5年間勤務する傍ら、世界各地をヒッチハイクして見聞を広め、日本の住環境の改善を目指して28歳でデンマーク人の妻と生まれたばかりの子供を連れて帰国。

 

30歳で独立して建設会社を興し、10年間住宅レベル世界一の居住性を持つデンマークの居住性技術を取り入れた住宅の研究開発を続け、37歳にて省エネルギー住宅日本一で建設大臣省を受賞する。

 

そして、41歳にて精神世界の道に入り数々の霊的体験を経て、46歳にして、比叡山延暦寺の会場を借りて行われた人生の目的を思い出すセミナーにて、『我日本の柱とならん!』日蓮上人の、嵐の佐渡島の海岸で唱えた“三誓の詞”が大音響と共に脳裏に響く。

 

“我日本の柱とならん 

平和と豊かさの世界を築かん

神よ我に全知全能の力を

与え給え”

 

自らの使命として心に刻む。

 

そして、平成4年に出会った霊能者にて、大きな神社の屋根のようなものの見える所の大きな木の下にトグロを巻く、大きな龍の頭の上に18歳ほどの姿で白い衣を着て乗っている姿が見えると言われ、彼女につく精霊から『日本の国が出来た頃、神様の言葉を人間の言葉に変える仕事をしていたことがある』と言われる。

 

さらに、その龍から自分の姿を描いて欲しいと頼まれる。

(この絵は11年の歳月を経て平成15年12月15日、前日の深夜に描き上げられた龍神観音の絵に入魂祭を行う。)

 

また、次に会うとその精霊から、私が諏訪大社の御柱や大きな木から力を貰うことが出来ると言われ、また私の受ける気を再び御柱に返さないと他の人が障害を受けるので、ある人を同行するように言われた。

 

平成4年5月24日には埼玉県での斎宮建設の落成式があったが、早朝出かけて午後の落成式に間に合うように計画を立てていましたが21日の夜中の11時、突然『諏訪大社!』と大きな声が脳裏に響き、そのまま諏訪大社へと車を走らせる。

 

翌朝22日に、初めて遭遇する上社本宮のニ之御柱に手を合わせヒフミの祝詞を奏上すると共に、自らの魂が柱に移り、自らが柱となる体験をし、さらに上社前宮の大きなケヤキと藤のご神木の前に立ち、やはり祝詞を奏上していると、にわかに快晴の空に雲が広がり雷が鳴り雨が降り始めた。(改めて後日に訪れた時も同じ現象が起こった)

 

さらに下社の秋宮と春宮を回ると5時間の時が流れ、初めて斎宮との落成式と掛け持ちで回れないことが分かった。

そしてこの日初めて会社に電話を入れると、会社乗っ取りの話が飛び込んで来た。

しかし、口から出た言葉は『やらせろ! 何事が起きても騒ぐな!』であった。

 

その時点で、人間としての生活に終焉が来て新たな使命の人生への移することを悟った。

6月には不渡りを出し、7月には家族をデンマークに返して神山神域への旅が始まった。仕事をしながら家族生活をしながら片手間で出来る使命でないことがやがて分かってくる。

 

富士山や立山や白山といった三大霊峰にて満天の星空の宇宙空間に意識を置くようになると、本来15~21である人間の各種能力を表すチャクラの数値が、眉間の第六チャクラ28、頭頂の第7チャクラ25、この他全て21と異常な数値にまで上がり、多くのメッセージを受けての別次元の人生が始まった。

 

やがて、平成5年に新たなに誕生した生体活性化住宅の誕生と共に大黒柱が取り入れられて、平成6年12月3日に第1号の大黒柱の建立が始まり日本列島各地に120軒の生体活性化住宅と共に大黒柱が建立されていった。

 

そして、5~60本目の大黒柱建立後の『大祓詞』奏上の時、この大祓詞に秘められた啓示の真意が下された。

 

“人類がこの世を治め繁栄してゆくにつれて、やがて人類は環境の破壊と汚染を続け、人間同士が争い、ありとあらゆる罪や穢れを犯すようになる。そして人類は滅亡する運命にある。

 

これを防ぐためには深山に分け入り一際エネルギーの高い『金木』を探し、一本の柱として地球生命体のツボや経絡にこの柱を打ち立て、天の気を地上のプレートまで下ろし、プレートの磁気力を高め、宇宙の変革による強力な変動からプレートの崩壊を防ぎ、人類滅亡を防ぐべし”

 

やがて、2012年12月22日、惑星の直列による地殻変動説や人類存亡説が話題となり始める。

 

諏訪を境にユーラシア大陸と北米大陸が合一する日本列島に、平成6年12月3日から16年12月6日の10年の歳月をかけて120本の大黒柱と、富士山山頂や十勝岳山頂、そして屋久島から与那国島の龍体日本列島脊椎に御柱が立つ。

 

そして、翌年映画『日本沈没』が上映される。

 

さらに日本列島の下に潜り込むフイリッピンと太平洋のプレートを含