血液検査・腫瘍マーカー                     崎谷博征


普段から一般の病院でされている血液検査に振り回される必要はないとお伝えしています。

また血液検査の解釈も基礎的なサイエンスをしっかり勉強していると、その見かた、解釈の仕方も180度変わります。

様々な酵素、ホルモンの値、ミネラルの値、腫瘍マーカーなどはしっかり生命の本質を学んでいないと、まったく正反対の解釈を起こしてしまう怖いものです。。。。。

 

そして糖尿病のスクリーニングで乱用されているあの検査・・・・

「空腹時血糖」

「HbA1C」

などの意義がついに暴露されました。

 

オックスフォード大学の解析によって、「空腹時血糖」「HbA1C」をスクリーニングとして使用するのは間違いが多いということばかりでなく、糖尿病の治療に寄与していないことが明らかにされました( BMJ 2017;356:i6538)。

 

健診でコレストロールと血糖値は必ず注目されるところ(それくらいしか現代医療は対処療法として薬を出せない)ですが、その牙城がもろくも崩れ去ったということですね(健診の税金<もちろん役人の中間搾取あり!>を返してほしいです(#^.^#))。

 

この論文で興味深かったのは、生活習慣改善とメトホルミンという糖尿病薬でほとんど結果は変わらないというデータです(生活習慣改善の方が血糖コントロールは良かった)。

 

腫瘍マーカーといわれているものはガンのスクリーニングには不正確であることは医師であれば誰もが知るところです。

これは正常組織、あるいは細胞の新陳代謝、あるいは炎症等などのガンでない状態でも腫瘍マーカーとよばれる物質が上昇するからです。

腫瘍マーカーというネーミングに騙されているということですね。

 

それと同じく、空腹時血糖、HbA1Cなどはそのときの状態によってかなり変動します。

断食や糖質制限などを過度に行うと必ず空腹時血糖は上昇してきます(この糖質制限での血糖上昇が一番危険であることはいつもお伝えしている内容です(^^♪)。

顕微鏡などを使用した病理検査と同じく、血液検査も単なるその瞬間での静止画像。しかもそこに人工的な処理(アーチファクト)が加わっています。

 

これらの現代医学や代替医療の検査の類は、ダイナミックに回転している生命体をとらえるにはあまりにも不十分であるというだけでなく、誤認を起こしてしまう危険性があることを私も常に心しておきたいものです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放