自然治癒力を高める                       ‎桜 美穂


大自然のリズムに学び、自他を、内と外をぶつぶつに切り離す二元性の思考から、すべてがひとつながりであるという一元性のものの見方、感じ方に移行する必要がありました。

 

自然治癒に至るには、自らと対峙し、病の原因となったものを心からも体からも探る必要がありました。

多くの方が言われる通り、不要な組織を作ったのは私なのですから、「消す」ことを目指す前にまず、病的な組織を「作り続ける」ことをやめる必要がありました。

 

また、大自然のリズムに学び、自他を、内と外をぶつぶつに切り離す二元性の思考から、すべてがひとつながりであるという一元性のものの見方、感じ方に移行する必要がありました。

 

世界を、すべてを正と悪(間違い)、白と黒、敵と味方で二分する考え方を改める必要もありました。「悪いもの」と裁きながら、徹底的に排除しようとする浅い考えは、心のなかの深いところで、自分や親を許すことが出来ない心、裁く心、憎む心や復讐しようとする心、また、そのような心を抱いていることに対する自覚されることのない罪悪感や、それに伴う贖罪の意識と簡単に結び付いてしまうのだということ。そのような心で行う療法や健康法は、動機がずれてしまっているがゆえに、行えば行うほど、逆に自分傷付け、病を悪化させることもあるのだと知りました。

 

筋腫のお陰で、どれほど沢山のことを学んだことかわかりません。物の見方、考え方、感じ方を、どれほど広げられたことか。感謝しかないです。

 

頑固で我が強く、幼くわがまま、傲慢であった私は、病にガツンと打たれて頭をぶつけて学ぶ必要がありました。

感謝も知らず、自分を変える努力もせずに、手段や方法で病を治そうとしてきました。それは、自分も病も他人も周囲もみなを、自分の損得や都合でコントロールしようとしていたに過ぎなかったのだと、今ではわかります。

 

よく、治らずにいてくれた!と、感謝で感謝で拝みたくなります。力任せで、理詰めでコントロールしようとすることしか知らないままでもし治癒が起きていたら、私は、それでいいのだと思い込み、疑いもせず、改善しようとも思わずに生きていったかもしれません。

それを思うと、本当にぞっとさせられるのです。

 

ここまで5年間歩んできて、幅広いものの見方や知識、考え方の大切さを、身に染みて感じるようになりました。

断片的な知識であってももちろん、大当たりで素晴らしい結果を出すことがあります。そういう方は恐らく、ご自身でもお気付きにならないうちに、ご自身の内なる叡智とつながった状態で一発ヒットを打つように、最高最善の方法を選択されたのだと思います。

 

しかし、全ての方がそのような、素晴らしい閃きをいつも得られるとも限りません。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放