自然塩をしっかり摂取                  kanaの栄養ノート


塩の摂り過ぎ ⇒ 高血圧 ⇒ 動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞 というような図式が定着し、「減塩=健康」となんとなく思っている人も多いと思いますが・・・

本当に塩を摂り過ぎることはよくないのでしょうか

今回は、逆に減塩することでなんとなく具合悪くなっていることもあるんじゃないのというおはなし。

 

そもそも、

「塩が高血圧を引き起こす」という説の元になった実験は、

ネズミに、人間に換算すると1日200gもの食塩を40年間にわたって食べさせたのと同じ計算になる量でされたのだそう

(しかもこれだけの極端な量でも10匹中6匹は血圧に変化がなかった)。

 

実際、「塩の摂取量と高血圧は無関係である」という報告は多数あって、逆に「塩分の摂取量が少ない人の方が病気になりやすく短命」と結論づけているものまであります。

それらの実験では、かなりの高塩分食でも水を十分に飲み尿を排泄できる能力があれば、血圧は上昇しないことが分かっているそうです。

ということは、塩が問題になるのは腎臓に問題がある人だけってことなのでは

そして、塩以外に、もっと血管や心臓の障害になる原因(動物性脂肪や糖分の摂り過ぎなど)があるのに、それらが塩のせいで見逃されていたりはしないのかしら

 

なんか、コレステロール悪者説と同じような感じですねえ。

私が読んできたたくさんの健康に関する本でも、「コレステロール」と「塩」、さらには「ちょっとした高血圧」が悪者ではないことはよくセットで書かれています。

 

血圧に関していえば・・・

歳をとれば血管が硬くなるので、血液を脳や体のすみずみまで届けるために自然に血圧が高くなるし、そのほうがボケずに健康でいられるのだそうです(80歳以上に限って言えば、最高血圧180以上の人たちの生存率が最も高く、140以下の人たちの生存率はがくんと下がるという調査結果もあります)。

 

日本での血圧の基準値は元々、上160/下95以下だったのに、2000年にはっきりした理由もなく140/90に引き下げられ、それによって「高血圧症」の人数は倍以上に数えられるようになったのだそう。

そして、無意味に降圧剤を飲まされたり減塩させられる人も増えてしまったようなんですね。

 

盛んな減塩運動もあり、この10年間、男女とも1日の食塩の摂取量は1.3gほど減っています。

女性に関してはこの10年で血圧の減少傾向がみられていますが、男性には大きな変化は見られていません。

実際、1日5gというかなり厳しい減塩食にしても、効果があるのはせいぜい10人に1人いるかいないかくらいなのだそう(おそらく腎機能が悪い人なのでしょう)。

 

塩を制限する必要がない人までもがむやみに減塩させられているのが現状のようです。

男性は、我慢して減塩しても変化がないので我慢損だと思いますし、女性に関しては、逆に低血圧の人が増えている可能性が考えられます。

これ、もしかしたら不定愁訴を訴える女性が増えていることと比例しているのではないでしょうか。

 

人は、ナトリウムを摂ることによって、全身に血液を巡らせるのに必要な血圧を保つことができます。

血圧の低めの人がなんとなく健康に良いんだろうと思って塩を減らせば、更に血圧が下がって血の巡りが悪くなります。

血の巡りが悪ければ、血液に乗って運ばれる栄養が体の隅々まで届けられず、また、血管を介して排出される老廃物も停滞してしまい、代謝が悪い状態になります。

代謝が悪くなると、易疲労感・冷え症・乾燥肌などのいわゆる「不定愁訴」の症状が出てきます。

 

塩は多少摂り過ぎても問題にはならないけれども、足りていない方が問題になる、ということです。

 

日本は欧米に比べ高温多湿で汗をよくかきます。

そして日本人がよく食べる植物性の食品には「カリウム」が多く含まれます。

多量のカリウムはナトリウムを排泄するので、そのバランスをとるために日本人は塩を多目に摂ってきたという歴史があります。

ナトリウムとカリウムは常にバランスをとり合っているので、健康のためにと野菜や果物の量を増やして更に塩分を控えてしまうと、バランスがカリウムに偏ってパワー不足になってしまうんですねー。

 

「午前中は排泄の時間だから、プチ断食として朝は果物と野菜しか食べない」という食事法があります。

確かにそういう食事の方が、お通じがよくなるという利点もあります。

 

問題なのは、グリーンスムージーだけで済ますこと。

カリウム豊富な食材だけで、ナトリウム不足になってしまうんですよね。

それでは朝からパワーが出ないかも!!

 

私も朝、果物&にんじんプロテインドリンクしか摂っていない時期がありましたが、それだと朝食後になんだかダル~くなってしまうことがあって、「糖分が多いものを摂った後に急に血糖が下がって低血糖っぽくなっちゃうのかな」と考えたりもしたのですが、実際はナトリウム不足だったようです。

 

塩味のものを追加したらバランスがよくなったようで、午前からダルい日は激減しました。

 

最近メディアでも取り上げられるようになってきた「副腎疲労症候群」(詳しくはまた別途記事にしますね)というものがありますが、副腎が疲労を起こしていると、ナトリウムとカリウムのバランスをとるアルドステロンというホルモンの分泌が少なくなって、身体がナトリウム不足の状態になりやすいのだそうです。

特に午前中にナトリウムが枯渇するので、副腎の疲労度が高い人は、朝に果物は食べない方がよいという医師もいます。

 

朝が苦手な低血圧の人、朝、暖房の前から離れられない冷え症の人(塩には体を温める作用もある)なんかは特に、朝の塩分は必要、だと思います。

体が冷えている時、あったかいお茶を飲んでもそこそこしか暖まりませんが、お味噌汁を飲むと身体の芯から暖まります。

 

私は子供のころから酒のつまみみたいなしょっぱいものが好きでした。

寒い地方で、かつ冷え症でもあったので、身体が自然としょっぱいものを求めていたんでしょうねえ。

 

あと、さつまいもやかぼちゃや枝豆なんかにはしっかり塩を振りたい派なんですが、これらはカリウムがとても多い食材に対して、ナトリウムとのバランスを取りたい本能なのかもしれません。

あ、でもバナナには塩は振りたくないな

まあ、身体が求めているなら、求めているだけの塩分は摂ってよい、ということでしょう。

 

ただ、塩化ナトリウムが99.9%以上の精製塩、いわゆる「食卓塩」ではなく、天然の海塩のほうが、本来の自然のミネラルバランスがとれているのでよいと思います。

塩の摂り過ぎが問題と言われてきた所以のひとつに、精製塩の塩化ナトリウムの純度の高さもあるようです。

味も全然違いますしね。

食卓塩を入れ過ぎると刺激的な「塩辛さ」になりますが、自然海塩は角のないまろやかな味なので刺激になりません。

 

ちなみに、一部で「海塩に含まれるにがりは、豆腐のタンパク質を固める凝固作用があるように、人の内臓や血管をも固めて機能を低下させる。」などと語っている方がいて、そのコピペにもちょいちょい出くわすのですが、専門家に言わせるとそれは絶対にありえないことだそうです。

「豆腐が固まることと、タンパク質が固まる科学的な“凝固”とは本質的に全く異なる現象である。」とのこと。

自然塩のほうが精製塩よりもうんと歴史が長いわけですし。

 

 

減塩ブームみたいなものもあり、今では減塩醤油とか減塩味噌なども売ってたりしてて、特に日本は高血圧が多いので減塩すれば高血圧も治ると言う減塩信仰がかなり広まっています。

 

日本人の成人の塩分摂取量は1日平均10.2g(男性11.1g、女性9.4g)です(平成25年国民栄養調査)。

 

『日本人の食事摂取基準(2015年版)』では男性1日8.0g未満、女性7.0g未満を目標としています。

 

こんな風に政府が言ってるもんだから、減塩が流行るんですね。

この減塩の影響で、貧血、冷え性、低体温、便秘の人が増えているとも言われています。

 

しかし塩は体にとってなくてはならないもので、必要不可欠のもの。

人間は本当に疲れたとき、糖分ではなくて、塩分を欲するといわれているほど。

 

そもそも「塩分過多」と言い始めたのは、欧米の研究者たちでそれを真似したのが日本の研究者みたいです。

 

欧米人は塩分過多になりやすいらしく、なぜなら肉がナトリウム源になっているからだそうです。

 

肉をよく食べる人は、いい塩でも摂り過ぎはダメということですね。

 

いい塩とは

一般によく出回っている塩は、塩化ナトリウムがほとんどの不自然な塩といえます。

 

海水からイオン交換膜(石油系)を使って、塩化ナトリウムだけを取り出した精製された「化学塩」で人間の生理機能を狂わせるとも言われています。

 

天然の塩(自然塩)は、塩素、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ニッケルといったミネラルが含まれています。

 

なので精製塩と自然塩ではかなり違います。

 

自然塩は特に免疫機能を高め、病気を治す働きもあり、基礎体力や抵抗力を強くし、胃の働きをよくする作用もあるんです。

 

海水の中には60種類以上の生体ミネラルが溶け込んでいて、これは血液イオンの組成と非常によく似ているんだそうです。

だからこそ生体ミネラルをそっくり含有する自然塩を選ぶ必要があります。

 

自然塩に明確な定義がないために、自然塩と謳っていても全然違うものを売ってる場合もあるみたいなので自然塩とか天然の塩って書いてあるだけで判断するのは危険です。

 

選びかたとしては天日で干した海水や岩塩が由来のもの、成分表を見るとマグネシウムやカリウムなどミネラル成分が多く含まれてるのがいいと思います。

 

しかし、なんでもそうですが自然塩だからといって摂り過ぎるのは良くないです。

 

自然医学の第一人者の森下敬一医学博士によれば1日15gぐらいを推奨しています。

 

昔の人は1日30g以上摂っていたとも若杉ばあちゃんの本でも書かれていましたが、これは本当かどうかわからないし、摂り過ぎだと思います。

 

15gもはっきりとみんなに良いのかはわかりません。

 

摂りすぎの心配もありますが、塩分を摂りすぎたときは自然にのどがかわいて、水分を多めにとったりしますよね。

それは摂りすぎた塩分を尿で排出するためなんです。

 

でも逆に塩は体で生成はできないので摂らなければ不足してしまいます。

 

テレビで減塩しないとダメだ!って言ってたからとかじゃなくて、自分の体の状態を見て本当に必要としている塩分をとるのがベストですね。(僕らもまだまだできませんが)

 

精製塩に関しては賛成派の意見もあり、精製塩の方が精製してあるから逆に綺麗ではないか、など。

 

確かに自然塩に関しては海水が原料なので海の汚染には気をつけた方がいいと思います。

 

精製してあるから不純物がなくて、精製塩の方が安いし良いじゃん、と思う人はそれでもいいと思います。

 

個人的にはミネラルが取れるというのもありますが、自然塩の方が断然美味しいと感じるのでオススメしています。

(岩塩もたまに使いますが、好きです)

 

昨今の日本人は間違った健康ブームの影響で、塩分を過剰に制限する傾向があると指摘されています。

 

昔の東北人は塩の多量摂取によって体温を上げて寒さに耐えたのですが、それを米国のダール博士が誤解し、1954年に「高血圧の原因は塩である」という説を発表しました。

 

翌年、同じく米国のメーネリー博士がネズミを使った実験で「塩分が高血圧の犯人」と発表し、「塩分制限すると健康になる」という誤った健康常識が広がってしまいました。

 

メーネリー博士のネズミの実験は、通常の20倍以上の量の塩(人間で言えば200~300g)を6ヵ月間毎日与え続けたら、10匹中4匹が高血圧になったというものです。

 

普通に考えれば、それだけ大量に投与して10匹中6匹も高血圧にならなかったのなら、「塩は高血圧の原因ではないのでは?」とも考えられそうです。

 

とにかく、この間違った「塩は悪者説」のために日本人の低体温化が進んだと考えられています。

 

ちなみに、塩には2種類あります。

 

現在、一般的に「塩」と言うと、塩化ナトリウム99.5%の化学合成塩を指します。

 

これは、人が本来必要としてきた自然な「塩」ではありません。

 

人が必要とする「塩」は、塩化ナトリウムが8割程度で、そのほかに古代より人間が必須としてきた多くのミネラルを含む、自然の状態の天然塩です。

 

この天然塩を制限せずに適量をしっかり摂取すると、体温が上がります。

 

これは、塩分のナトリウムとカリウム、カルシウムやマグネシウムが血液のペーハーバランスと細胞内外の浸透圧をコントロールして、必要な栄養と酸素を細胞内にスムーズに運びこむ働きを行なっているためです。

 

だからこそ、自然な塩分を制限しすぎると低体温になるのです。

 

自然な海塩または岩塩を使うことをお勧めします。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放