耐糖能の改善                           鈴木 功


糖質制限の最大の盲点は、糖質を悪者にすることによって、耐糖能の改善という本質的な問題を無視してしまったことにあります。

 

確かにかなりの肥満状態ではそれ自体がインスリン抵抗性の原因になりますから、脂質代謝優位にして体重を減らすことは、インスリン抵抗性に対してそれなりに効果があります。

 

しかし同時に、脂質が耐糖能を悪化させるデメリットに相殺される部分もかなりあり、治療法としては矛盾しています。

 

さほど肥満でないレベルにおいてはデメリットの方がおおくなり、糖質制限で耐糖能は悪化しますから(生理的にも本質的にも)、糖質を悪者にしてケトン体に依存するしか説明できなくなります。

 

耐糖能の改善策として、高糖質、高植物繊維、低脂質がポイントになります。

これにより耐糖能が改善し高インスリン状態による様々な病理状態が改善するという臨床報告がすでに多数あるにも関わらず、それを無視している点は海外のケトジェニックの研究者も同じです。

 

耐糖能が改善しさえすれば、食後の高血糖もなくなり、空腹時インスリンレベルや食後のインスリンの分泌も少なくて済みますので、脂質代謝にもスムーズに切り替わるようになりいいことずくめです。

 

糖質を悪者にする理由はありません。

 

ケトン体が心筋を保護するという説には疑問を持っています。

節約モードにおいて心筋はケトンを利用するでしょうが、糖を利用する場合に比べ収縮力は落ちるはずです。

 

癌にならなかった長寿者の場合、最後はどの段階で心不全になるかで寿命が決まることが多いのではないかと思われ、そのとき決め手となるのは糖をどこまで有効に使えるか、つまり耐糖能ではないでしょうか。(ここの部分は単なる仮説ですが)

 

糖という(素晴らしい)エネルギー源を使うエンジンを、まだ十分使えるうちに放棄してしまうのはあまりにもったいないことだと思います。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放