糖質問題の陥穽 ~ 文化人類学の視点から                            藤本 弘記


旧石器時代~縄文時代に至るまでの日本人の食生活=栄養摂取について、定説となっている学説を交えながら、あるいは実際に発掘された遺跡情報を交えながら私なりの考察を行ってきました。

 

ざっくり申し上げれば「縄文人」は狩猟・採取生活を送りながら「糖質」を主力エネルギーとして生き延びてきましたという事です。

それを成し得た大きな要因は、「土器」+「火」=「調理」の図式であり、「根茎」「地下茎」の摂取による年中通しての糖質補給にあったと考えられます。

 

《なぜ稲作を簡単には受け入れなかったのか》

中国長江文化の聖地とも呼ぶべき「河姆渡遺跡」と「鳥浜遺跡」(福井県)、「三内丸山遺跡」(青森県)との共通性から、おそらく「縄文時代中期」には「稲作」を含む大陸の文化が渡来人によって伝えられたであろうことをお伝えしました。

 

ところがこの「稲作」の伝来から実に約2,000年間もの長きにわたり「縄文人」は「稲作」を「拒否」し続けています。

正確には拒否ではなく「出来なかった」だけなのかも知れません。

しかし事実として約2,000年間積極的は取り組んだ形跡はないのです。

 

それはなぜなのか この問題を考えてみたいと思います。

安田喜憲は「東亜稲作半月弧」と呼ばれる「照葉樹林地域」から「水田稲作文化」が伝来する前に「焼畑農耕文化」を伝えた渡来人がいたとの説を唱えています。

つまり「狩猟・採取」→「焼畑農耕」がまず伝わったという訳です。

言い換えれば「たんぼ」の前に「畑」がやって来たという事です。

 

そして「縄文人」が「稲作」を拒んだ理由を安田は次の様に説明しています。

 

・「長江文化圏」からの渡来人が少なかった。

・「縄文人」は狩猟・採取、漁労生活で豊かで多彩な生活を実現していた。→重労働である「稲作」を行う理由がない。

・初期の稲作農耕は「生産性」が低く、平等で豊かな瀬克を保障出来なかった→「縄文人」は豊かで平等な社会でした。

・「稲作」は村落共同体を構成しての作業であり、必然的に「支配層」「被支配層」を生む上に天候に左右されやすい。

 「循環と再生」を基本とし、既に穏やかな生活基盤を有していた「縄文人」には受け入れ難かった。

 

「縄文人」は先祖から受け継いだ「豊かな生活」のシステム=採取・狩猟・漁労+焼畑農耕を捨ててまで、「稲作」を受け入れることは無かったと考えられるのです。

 

《縄文式が語り掛ける事》

この事は「縄文式土器」と「弥生式土器」を見比べて頂ければ、何となくお分かりになるのではないでしょうか

 

大学入試のセンター試験にも良く出題された、縄文式土器」と「弥生式土器」は全く受ける印象が異なります。

 「縄文式」はどこか大らかで、想像性と創造性に富んでおり、実に楽しいデザインのものがほとんどです。

 一方の「弥生式」は良く言えば「洗練」されていますが、面白みのないデザインが多いです。「シュッ」とはしていますが。

 

豊かで、多彩で、平等な「縄文人」の生活。彼らはこれを守ろうとしたのではないかと思っています。

と言うか変える必要性が無かったのでしょう。

 

しかし縄文時代末期の「環境変化=寒冷化」によって「縄文人」が滅亡の危機ともいえるほど人口が激減し、ここに至って遂に「稲作」の導入を決断せざるを得なかったのだと思います。

 

《稲作のもたらした衝撃、社会の変化》

その結果人口は回復し、ここに「弥生時代」の幕が開きます。

もちろん大陸からも大量の渡来人が押し寄せてきたことでしょう。

 

彼ら渡来人はただ単に「稲作」を伝えたわけではありませんでした。

「稲作=農耕」と言う共同作業を通して「村落共同体」が形成され、支配層と被支配層が生まれ、場合によっては領土争いと言うシステムも伝えたのです。

 

豊かで平等で平和な生活は激変し、現代に繋がる階級社会が始まったのです。そしてこのシステムに想像も出来ないほどのインパクトを与えたのが「税収」と言う新たな概念です。

 

「米」は「税収」に特に適しています。採取・狩猟とは異なり、計算しやすく、安定した収穫が期待出来るからです。

これ以後、近世が終焉を遂げるまで日本においては「米」が経済活動の基本ともいうべき存在になっていきます。

古くは大和朝廷の「租・庸・調」に始まり、戦国大名の勢力指標はその「石高」でした(西郷どんの島津は77万石ですね)

また武士の給料も「米」で支払われました(中村主水は3俵2人扶持ですね)、ちなみに古代ローマでは「塩」でした。

だから「サラリー(塩)」と呼び、私は今だにサラリーマンです。

大陸の渡来人は既に「税収」「支配」と言う概念を会得していたのだと思います。

 

「米」そして「米」を生み出す「田」は、日本経済史の「ど真ん中」に横たわる存在になっていきました。

 

もちろんみんなが「白米」を食べた訳ではありません。

いわゆる「五穀」を中心とする雑穀が中心とする、縄文以来の「根茎」「地下茎」「野菜」を摂取する「高糖質」な食生活を送ってきたはずです。

 

つまり「縄文人」が「稲作」を2,000年間も受け入れなかったのは、「縄文人」の豊かな生活があったからと考えられます。

 

しかし襲い掛かった寒冷化により狩猟・採取での「糖質摂取」では種族の保存が危ういと悟った時、「縄文人」は「稲作」を受け入れ「縄文時代」に別れを告げ、定住を伴う「村落共同社会」「階級社会」「税収を伴う経済社会」へと突入していくのです。

 

「糖質」が私たちのご先祖様の生き方を大きく変えてきました。

そして「稲作=農耕」の開始により、人口は大幅に増加しようやく「日本人」としての原形らしきものを見せ始めます。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放