竹塩


暮らしやすい便利な時代になったものの、ストレスや病気をはじめ食事・美容など私たちの悩みは尽きないものです。

 

調理や調味料をはじめ、マッサージやスキンケアなどありとあらゆる場面で大活躍。

知れば知るほど正に私たちの救世主級アイテムといっても過言ではない「竹塩」。

 

塩というよりは、塩とは違う物質だと言っても過言ではありません。

味が塩辛いのは同じですが、一般の塩と大きく違うのは沢山食べても体にやさしいアルカリ性の物質です。 

 

塩の中に含まれている「不純物」と「毒性物質」がなく、身体に絶対に必要な天然ミネラルが沢山含まれてます。

一度に多く摂取しても体への影響がほとんどありません。

それだけではなく、竹塩を調味料として毎日利用することで健康になるという事実が、世界有数の研究機関によって明らかにされてます。 

 

 

人間の身体は加齢やストレス、活性酸素などにより酸化される状態が続くと、皮膚や内臓などが細胞レベルでさび付き、シミやしわなどのお肌のトラブルや身体の機能低下といった、いわゆる老化の原因になることが知られています。

 

竹塩にはマイナス500mV(ミリボルト)いう自然界の中でもトップレベルの超強力な還元作用(さびを取り除いたり、若返らせる作用)があることが最近の研究で明らかにされ(研究報告参照)、アンチエイジング効果が大変期待されています。

 

 

竹塩の効能

 

精血作用

私たちの体の血が濁れば、各種の成人病や病気を誘発することになりますよ。

血をきれいにすることを 精血作用と呼んでいます。

竹塩が血管内に溜まっている老廃物や異物を除去して血をきれいにし、血液の循環を良くします。

 

殺菌作用と消炎作用

竹塩は、細菌を除去する殺菌作用と炎症を緩和する消炎作用があります。

竹塩の優れた抗菌力で虫歯などの口腔疾患に効果的だけでなく、傷により炎症した患部に竹塩をまくと炎症の治療に役立ちます。

 

食欲促進

食品を摂取し消化が良くないときとか、食欲が落ちたときにも竹塩の効能を見ることが出来ます。

竹塩を少し摂取すると、胃液の原料である胃酸の生成を促進させ、食物の消化を促進させ、食欲を取り戻してくれるそうです。

料理をする時、竹塩を混ぜれば、食欲が出ると同時に、食べ物の味もすっきりします。

 

体質改善

酸性食品の重なる摂取は、私たちの体を酸性体質にして体の疲労感を増加させ、高血圧や糖尿病、心臓病などの様々な病気を誘発するようになります。

竹塩を定期的に摂取すると、これらの酸性体質を弱アルカリ性体質に変化させて体の抵抗力と免疫力を養い、健康な体質に改善するといいます。

 

解熱作用

竹塩の効能の中には解熱作用も卓越しています。

風邪により熱が出たり、特別な理由なしに体温が上がった時、高い体温により発生する炎症を鎮めるために竹塩を活用すると解熱の助けになります。

 

白血球増加

体内にある白血球の数値が下がると体の免疫力が低下するので、風邪のような様々な病気を誘発します。

竹塩は病原菌を殺す白血球の数を増やして殺菌力を強化させ、体を健康に導きます。

 

解毒作用

最後にご紹介する竹塩の効能としては、私たちの体から毒をなくす解毒作用が優れています。

私たちの体の中に発生した毒や様々な病気に起因する体内の毒を速い速度で解毒します。

また、アトピーや鼻炎、喘息などにも効能があるそうです。

 

 

竹塩の楽しみ方

以上のような効能を持つ竹塩は薬のように服薬したりする製品も多く、韓国では愛好されている方も少なくありません。

ただ服用する場合は体に合うよう少しづつ服用する必要があり、急に多くの量を摂取すると副作用もあるので注意が必要です。

 

しかしなんと言っても韓国で一般的に広まっているのはなんといっても歯磨き粉や石鹸ではないでしょうか

 

昔から竹塩は、虫歯予防に優れた民間療法の一つとして伝わってきた方法でした。

韓国では古くから歯磨き粉の代わりに竹塩を利用して歯を磨いてことで、健康な歯を維持して管理してきたと伝えられるほど、竹塩と虫歯は韓国の文化で密接な関係を持っています。

 

また竹塩石鹸は弱い皮膚やにきびなどに効果があるというので、韓国では人気があるようです。

また最近は自分で石鹸を作る人も増えているようですが、その際竹塩を入れて皮膚にやさしい石鹸を作る人もいます。

 

竹塩を使った石鹸もいろいろなものが販売されていて、乾燥肌や荒れ性の肌に効果があるので一度その効果をためして見るのもお薦めです。

 

以下に人気の竹塩石鹸があるので紹介します。

 

竹塩石鹸(3個入り)  

◆人気商品・ご贈答用にも最適・荒れ性の肌に合います 〔開岩.韓国石鹸,コスメ韓国,コスメ通販,韓国コスメ,韓国化粧品,美白〕

 

竹塩は竹と天然塩を一緒に焼き上げたもので、その過程で竹は竹炭になります。

つまり高温に焼き上げた竹炭と天然塩が混じりあった「竹炭塩」といったほうが解かりやすいかもしれません。

           

竹塩の発祥は諸説ありますが、隣国の韓国で朝鮮王朝時代(1300余年ほど前)に、 寺の僧侶たちによって秘伝の方法で作られ、民間療法として使われていたようです。

「竹」 「塩」に漢方的薬性を加えるために「黄土」を加え、 「松」で火を焚いて焼き上げる製法です。

最高の9回焼きといわれる竹塩は3か月もの日数をかけて作られます。

 

一方、日本の多くの竹塩の場合、黄土や松は使用しません。

おそらく朝鮮半島から伝来して、竹と天然塩だけを焼いて作ってきたと思われます。

そして長い間途方もない時間を要して作られてきた竹塩ですが、今では製造技術が進歩を遂げ、環境にやさしく安全安心な高品質の竹塩も作られるようになりました。

 

竹塩の特徴

一口に竹塩といっても原料や製法によって味や匂い・効果が様ざまです。

 

お値段も質や種類によって幅がありますが、安価だから一概に質が悪いということではありません。

高品質のものはその力が強いがゆえに独特の臭い(温泉たまごのような)があり、例えばお料理によっては使いにくい場合もあるので、お好みや使い用途によって2種類くらいを使い分けするのがよいでしょう。

 

竹炭

まず昔から薬効があると言われるほど品質が高い竹塩の特徴として、

①8 0 0℃以上の高温で焼成している。

②強い還元力がある。 (800~1400℃で焼成することによって)

③天然のミネラルが豊富に凝縮されている。

 

というところが挙げられます。

 

塩化ナトリウムをはじめカリウム、マグネシウム、カルシウム等のミネラルを豊富に含む天然塩や竹を、およそ8 0 0度以上の高温で焼成することで化学変化がおき、一般の塩とは全く性質の異なる還元性質の竹塩が出来上がります。

 

また、昔は皆無に等しかった有害な重金属などの不純物が、8 0 0度以上という高温により取り除かれるという安全面でも、高温焼成は重要な意味があります。

 

還元とは、酸化(=ものが劣化したり古くなること)に対して、ものが新鮮になったり若返ることです。

 

酸化還元電位の測定をしてみると、 一般の食塩は+200mV~+300mVで酸化性質なのに対し、高質で薬性の高い竹塩は-200mV~、最高のものでー550mVに至るものもあり、還元性質なのです。

 

食品や飲料は世の中にたくさんありますが、これほどの強い還元の力をもったものは、なかなか見当たりません。

最近注目の水素水なども強い還元の力を持っていますが、竹塩は持ち歩きが手軽にできたり長期間保存ができたりするのも、特長の一つといえるでしょう。

 

竹塩の原料と製法

 

生産地 原材料 使用釜 製法 還元性付与物質

・日本(九州・近畿・北陸・関東など)

・韓国

・ 竹(真竹・孟宗竹など)

・ 天然塩

・黄土

・ 松

・鉄釜(古式の物から電子制御のものまで)

・韓国式では塩をつめこんだ竹筒に黄土でふたをし、熱源として松の木をくべながら800℃~1400℃で焼き上げる。

 1~9回焼きの竹塩があり、最高9回繰り返す。

・温度コントロールが窯の中で可能な電子制御の鉄釜では、松は使用せず、塩と竹(あるいは黄土も)を800℃以上で8時間以上焼成し、

 安定的・効率的な製造が可能で9回焼きに相当、あるいはそれ以上のものが作られる。

・600~800℃に満たない温度、また8時間に至らない短い焼成時間の竹塩は、ミネラルこそ多様に含まれるが、還元性能は有さない。

 日本国産は竹から還元性能が付与される。

 韓国産は竹、あるいは黄土から還元性が付与される。

 

竹塩とその他の塩の成分比較

        ナトリウム 塩素 カリウム カルシウム マグネシウム 鉄 亜鉛 銅 リン 硫黄

超還元国産竹塩 38.1g 58.2g 174mg 840mg 179mg 8.83mg 0.43mg 1.1mg 7.5mg 670mg

韓国9回焼き   36g   57g  1410mg 500mg 750mg 79mg 2.3mg 0.1mg 10mg 860mg

精製塩     38.4g 56.1g 170mg 16mg 120mg 0.2mg 0.4mg 1mg 0.1mg 50mg

天然塩     30.7g 46.5g 440mg 290mg 1740mg 3.3mg 0.4mg 1mg 4mg 770mg

 

 

◇天然 塩 国産 海洋深層水 塩 │

竹炭塩 80g

沖縄、五島列島、対馬、室戸などで採れた海洋深層水を独自ブレンドし、旨味たっぷりの塩にして、京丹波の竹の中に入れ、800℃~1000℃の釜で3日間焼き続けることで竹の成分と竹炭を塩に入れ込んでいます。

市販の天然塩と比較して、マグネシウム約10倍、カリウム約3倍、カルシウム約1.4倍あり、市販の精製塩に比べ鉄分が約70倍と言われております。

暮らしやすい便利な時代になったものの、ストレスや病気をはじめ食事・美容など私たちの悩みは尽きないものです。

 

調理や調味料をはじめ、マッサージやスキンケアなどありとあらゆる場面で大活躍。知れば知るほど正に私たちの救世主級アイテムといっても過言ではない「竹塩」。

 

塩というよりは、塩とは違う物質だと言っても過言ではありません。

味が塩辛いのは同じですが、一般の塩と大きく違うのは沢山食べても体にやさしいアルカリ性の物質です。 

 

塩の中に含まれている「不純物」と「毒性物質」がなく、身体に絶対に必要な天然ミネラルが沢山含まれてます。 一度に多く摂取しても体への影響がほとんどありません。

それだけではなく、竹塩を調味料として毎日利用することで健康になるという事実が、世界有数の研究機関によって明らかにされてます。 

 

 

人間の身体は加齢やストレス、活性酸素などにより酸化される状態が続くと、皮膚や内臓などが細胞レベルでさび付き、シミやしわなどのお肌のトラブルや身体の機能低下といった、いわゆる老化の原因になることが知られています。

竹塩にはマイナス500mV(ミリボルト)いう自然界の中でもトップレベルの超強力な還元作用(さびを取り除いたり、若返らせる作用)があることが最近の研究で明らかにされ(研究報告参照)、アンチエイジング効果が大変期待されています。

 

竹塩の効能

 

精血作用

私たちの体の血が濁れば、各種の成人病や病気を誘発することになりますよ。血をきれいにすることを 精血作用と呼んでいます。 竹塩が血管内に溜まっている老廃物や異物を除去して血をきれいにし、血液の循環を良くします。

 

殺菌作用と消炎作用

竹塩は、細菌を除去する殺菌作用と炎症を緩和する消炎作用があります。 竹塩の優れた抗菌力で虫歯などの口腔疾患に効果的だけでなく、傷により炎症した患部に竹塩をまくと炎症の治療に役立ちます。

 

食欲促進

食品を摂取し消化が良くないときとか、食欲が落ちたときにも竹塩の効能を見ることが出来ます。竹塩を少し摂取すると、胃液の原料である胃酸の生成を促進させ、食物の消化を促進させ、食欲を取り戻してくれるそうです。料理をする時、竹塩を混ぜれば、食欲が出ると同時に、食べ物の味もすっきりします。

 

体質改善

酸性食品の重なる摂取は、私たちの体を酸性体質にして体の疲労感を増加させ、高血圧や糖尿病、心臓病などの様々な病気を誘発するようになります。竹塩を定期的に摂取すると、これらの酸性体質を弱アルカリ性体質に変化させて体の抵抗力と免疫力を養い、健康な体質に改善するといいます。

 

解熱作用

竹塩の効能の中には解熱作用も卓越しています。風邪により熱が出たり、特別な理由なしに体温が上がった時、高い体温により発生する炎症を鎮めるために竹塩を活用すると解熱の助けになります。

 

白血球増加

体内にある白血球の数値が下がると体の免疫力が低下するので、風邪のような様々な病気を誘発します。。竹塩は病原菌を殺す白血球の数を増やして殺菌力を強化させ、体を健康に導きます。

 

解毒作用

最後にご紹介する竹塩の効能としては、私たちの体から毒をなくす解毒作用が優れています。私たちの体の中に発生した毒や様々な病気に起因する体内の毒を速い速度で解毒します。また、アトピーや鼻炎、喘息などにも効能があるそうです。

 

 

竹塩の楽しみ方

 

以上のような効能を持つ竹塩は薬のように服薬したりする製品も多く、韓国では愛好されている方も少なくありません。ただ服用する場合は体に合うよう少しづつ服用する必要があり、急に多くの量を摂取すると副作用もあるので注意が必要です。

 

しかしなんと言っても韓国で一般的に広まっているのはなんといっても歯磨き粉や石鹸ではないでしょうか?

 

昔から竹塩は、虫歯予防に優れた民間療法の一つとして伝わってきた方法でした。

韓国では古くから歯磨き粉の代わりに竹塩を利用して歯を磨いてことで、健康な歯を維持して管理してきたと伝えられるほど、竹塩と虫歯は韓国の文化で密接な関係を持っています。

 

また竹塩石鹸は弱い皮膚やにきびなどに効果があるというので、韓国では人気があるようです。また最近は自分で石鹸を作る人も増えているようですが、その際竹塩を入れて皮膚にやさしい石鹸を作る人もいます。

 

竹塩を使った石鹸もいろいろなものが販売されていて、乾燥肌や荒れ性の肌に効果があるので一度その効果をためして見るのもお薦めです。

 

以下に人気の竹塩石鹸があるので紹介します。

 

竹塩石鹸(3個入り)  ◆人気商品・ご贈答用にも最適・荒れ性の肌に合います 〔開岩.韓国石鹸,コスメ韓国,コスメ通販,韓国コスメ,韓国化粧品,美白〕

 

 

 

 

竹塩は竹と天然塩を一緒に焼き上げたもので、その過程で竹は竹炭になります。

つまり高温に焼き上げた竹炭と天然塩が混じりあった「竹炭塩」といったほうが解かりやすいかもしれません。

           竹炭

竹塩の発祥は諸説ありますが、隣国の韓国で朝鮮王朝時代(1300余年ほど前)に、 寺の僧侶たちによって秘伝の方法で作られ、民間療法として使われていたようです。

「竹」 「塩」に漢方的薬性を加えるために「黄土」を加え、 「松」で火を焚いて焼き上げる製法です。

最高の9回焼きといわれる竹塩は3か月もの日数をかけて作られます。

朝鮮王朝

 

一方、日本の多くの竹塩の場合、黄土や松は使用しません。

おそらく朝鮮半島から伝来して、竹と天然塩だけを焼いて作ってきたと思われます。

そして長い間途方もない時間を要して作られてきた竹塩ですが、今では製造技術が進歩を遂げ、環境にやさしく安全安心な高品質の竹塩も作られるようになりました。

 

竹塩の特徴

一口に竹塩といっても原料や製法によって味や匂い・効果が様ざまです。

 

お値段も質や種類によって幅がありますが、安価だから一概に質が悪いということではありません。

高品質のものはその力が強いがゆえに独特の臭い(温泉たまごのような)があり、例えばお料理によっては使いにくい場合もあるので、お好みや使い用途によって2種類くらいを使い分けするのがよいでしょう。

 

竹炭

まず昔から薬効があると言われるほど品質が高い竹塩の特徴として、

 

①8 0 0℃以上の高温で焼成している。

②強い還元力がある。 (800~1400℃で焼成することによって)

③天然のミネラルが豊富に凝縮されている。

 

というところが挙げられます。

 

塩化ナトリウムをはじめカリウム、マグネシウム、カルシウム等のミネラルを豊富に含む天然塩や竹をおよそ8 0 0度以上の高温で焼成することで化学変化がおき、一般の塩とは全く性質の異なる還元性質の竹塩が出来上がります。

 

また、昔は皆無に等しかった有害な重金属などの不純物が、8 0 0度以上という高温により取り除かれるという安全面でも、高温焼成は重要な意味があります。

 

還元とは、酸化(=ものが劣化したり古くなること)に対して、ものが新鮮になったり若返ることです。

 

酸化還元電位の測定をしてみると、 一般の食塩は+200mV~+300mVで酸化性質なのに対し、高質で薬性の高い竹塩は-200mV~、最高のものでー550mVに至るものもあり、還元性質なのです。

 

食品や飲料は世の中にたくさんありますが、これほどの強い還元の力をもったものは、なかなか見当たりません。

最近注目の水素水なども強い還元の力を持っていますが、竹塩は持ち歩きが手軽にできたり長期間保存ができたりするのも、特長の一つといえるでしょう。

 

竹塩の原料と製法

生産地 原材料 使用釜 製法 還元性付与物質

・日本(九州・近畿・北陸・関東など)

・韓国

・ 竹(真竹・孟宗竹など)

・ 天然塩

・黄土

・ 松

・鉄釜(古式の物から電子制御のものまで)

・韓国式では塩をつめこんだ竹筒に黄土でふたをし、熱源として松の木をくべながら800℃~1400℃で焼き上げる。

 1~9回焼きの竹塩があり、最高9回繰り返す。

・温度コントロールが窯の中で可能な電子制御の鉄釜では、松は使用せず、塩と竹(あるいは黄土も)を800℃以上で8時間以上焼成し、

 安定的・効率的な製造が可能で9回焼きに相当、あるいはそれ以上のものが作られる。

・600~800℃に満たない温度、また8時間に至らない短い焼成時間の竹塩は、ミネラルこそ多様に含まれるが、還元性能は有さない。

 日本国産は竹から還元性能が付与される。

 韓国産は竹、あるいは黄土から還元性が付与される。

 

竹塩とその他の塩の成分比較

      ナトリウム 塩素 カリウム カルシウム マグネシウム 鉄 亜鉛 銅 リン 硫黄

超還元国産竹塩 38.1g 58.2g 174mg 840mg 179mg 8.83mg 0.43mg 1.1mg 7.5mg 670mg

韓国9回焼き  36g   57g  1410mg 500mg 750mg 79mg 2.3mg 0.1mg 10mg 860mg

精製塩     38.4g 56.1g 170mg 16mg 120mg 0.2mg 0.4mg 1mg 0.1mg 50mg

天然塩     30.7g 46.5g 440mg 290mg 1740mg 3.3mg 0.4mg 1mg 4mg 770mg

 

 

◇天然 塩 国産 海洋深層水 塩 │

竹炭塩 80g

沖縄、五島列島、対馬、室戸などで採れた海洋深層水を独自ブレンドし、旨味たっぷりの塩にして、京丹波の竹の中に入れ、800℃~1000℃の釜で3日間焼き続けることで竹の成分と竹炭を塩に入れ込んでいます。

市販の天然塩と比較して、マグネシウム約10倍、カリウム約3倍、カルシウム約1.4倍あり、市販の精製塩に比べ鉄分が約70倍と言われております。

 

http://amzn.to/2H2E7d8

 

 

竹炭塩







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放