私たちを支えているもの[ホメオスタシス]          ふじもとあつし


私たちの体はいくつかのシーソーを持っています。

これは恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれるもので、簡単に言えばつねに“丁度いい”を保つ機能ですね。

体温や血糖やphなどいくつもの機構を“丁度よく”保つ機能です。どれも傾きは生体内に負担になります。※特にphは少しでも傾くと死にます。つねに一定を保っています。

 

そのために、酵素を活用し、ホルモンによって調整します。そこには目には見えない様々な調整がかかります。

シーソーですからね、イメージしてください。

あるシーソーの右側に重りを乗せれば傾きますね。そしたら左側に重りを載せないといけない。

重りが重ければ当然、反対の重りも重くなる。重りを置きっぱなしにすれば、反対にも重りをおきっぱにしないとならない。

重りを一気に乗せれば、一気にバランスが崩れる。ゆっくり乗せれば、ゆっくり対応できる。

これが平衡を保つということ。

 

血糖のシーソーを見ましょう。

右側に一気にブドウ糖を突っ込めば、ガタッと傾きますね。高血糖です。

平衡に保つために左側にインスリンを置きます。

でも一気に来たからよくわかんない(笑)なのでとりあえずドバっとだしとけってなる。

そうすると今度は左側に傾く。低血糖ですね。

 

さていくつかの問題があります。

シーソーを使い続ければ当然くたびれてきます。

だったら丁寧に使うべきですが、上記のような使い方をしていれば、当然おかしくなる。

 

さらに手入が必要なのに、手入をさぼればもっとおかしくなりやすい。

やがて重りが残ったままになれば、どんどん調整が大変になる悪循環が起きるわけですね。

じゃあ使わなきゃええやん!と言えばそうでもない。

ずっと使わなくなったシーソーはさびて動かなくなっちゃう(笑)ほどほどに使っていくことも大事なんですね。

 

このシーソーはいくつも存在して、大事なシーソーが壊れるのは死を意味します。

であれば、このシーソーを楽に使える環境がいる。

そこにもさらに大きなシーソーが存在します。基礎代謝です。

それを保つために脂肪を蓄えたり、あるいは削ったりしながら、いい状態を創ろうとします。

※筋肉、水分量、異化同化、免疫能力など、色々ありますね。

 

最も大事なシーソーを崩さないように、太ったり痩せたりします。

シーソーが丁度よければ、体重や体型もセットされるわけです。

※なのに痩せようとすれば各々のシーソーが崩れるのは火を見るよりも明らかですがwwww

 

健康やダイエットは、今までこの大型のシーソーばかりが注目されてきました。

それによって各々のシーソーを崩してしまう結果になりました。

一見すると、この大きなシーソーを調整する方が効果があるように見えるからです。

 

しかし実際にはこの小さなシーソーを手入してやれば、大きなシーソーは勝手に良い状態に近づくのです。

そしてなにより安定は保たれ、長期間大事に使っていくことが可能になります。これが健康やダイエットの最前線であると思います。

 

カーボセレクトをしていくのは、これらのシーソーをより良く使うためです。

このシーソーを意識せずに食品や食事を選んでいては、畑の状態を観ずに種を植えたり、肥料をやったり、水をやったりするのと同じことです。

それで美味しい野菜が育つかと言えばそんなことはないのですww

 

前提として何があるか。

選択するにはここを忘れてはならんのです。

シーソーはあらゆるところにあるよ、前頭前野のシーソーおかしくなってないかな、

目先のことしか考えられないのはここのシーソーに問題があるよ。

 

じゃあそれを解決すれば話が早くなるわけよ。

ここのシーソーは脳内ホルモンによって調整されているわけで、ここを意識するだけで全然変わってきたりする。

(ここはたいていの場合引き算でうまくいきますが)

 

いまいちど立ち返って考えてみましょうね。

大きなシーソーはいくつもの小さなシーソーに支えられてるので。

 

社会とおんなじね(笑)

マクロばかり見てミクロを見ないから国はおかしくなるんだから。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放