砂糖とムコ多糖類                                                               内海 聡


糖化(glycation)についての弊害について、糖はコレステロールに影響を与え粥状動脈硬化を作り出す。

この糖化は活性酸素を生み出し過酸化を誘導する。糖化が進むと体内ではAGE(糖化最終生成物)が生成され、それが粥状動脈硬化を助長する。

 

糖分は脳を動かすための必須成分ではないか、と思う人がいるだろう。

それは一面的には間違っていないのだが、それを単純に補充すれば体は甘えてろくな状態にはならなくなるのだ。

だから糖化の弊害は動脈硬化に限った事ではない。

砂糖は細胞を崩壊させやすくなり、ウイルスや細菌にも感染しやすくなり、アトピーなどアレルギーにもなりやすくなり、いわゆるメタボの主原因となり、癌にもなりやすくなり、精神的にも人を狂わせる。

 

精神的に人を狂わせる機序を反応性低血糖などで説明しようというのが分子栄養学に代表される考え方だ。

特に白砂糖はミネラルが皆無であり、代謝の過程で体内のミネラル、特にカルシウムやビタミンBなどを使ってしまう。

また怖いのは白砂糖だけではなく、三温糖、黒砂糖なども同じである。

砂糖という観点に立てばはちみつも同じだが、真に有効なはちみつは多量のビタミンミネラルを含むので、相殺されるという考え方も成り立つ。

 

いずれにしろ、砂糖は有害極まりないということを知らなければ、現代病から脱出することは決してできない。

甘いという言葉があるが、確かにこれは砂糖だけのものではない。

だが甘いものを食べればやはり体も心もアマクなるのである。

もしあなたが健康でいたいというのなら出来るだけ直接的な糖分は避けねばならない。

 

糖はよくないというがでは糖質を全くとらなくていいのかというとそれは違う。

ここで重要なのは出来るだけ間接的に糖質をとることの重要性だ。

つまり糖の成分が少なく、食べ物として糖質だけでなくビタミンやミネラルが豊富で、分解されながらゆっくり糖質が吸収される食物ほど良いということだ。

 

この話の代表格が白米である。

白米は栄養がはぎとられた上に糖質に変化しやすい精製品なのだ。

海外の医療評論家は口々にこういっている。

「なぜ日本人はあんなに有効な栄養食(玄米など)を放棄したのだ」と。

要するに精製されていなければいないほど、マシな炭水化物であり、とるべき糖分だということが言える。

 

ムコ多糖類についても書かねばならない。

多糖類は糖が沢山つながったものの総称であり、ムコはねばねばなどの意味をあらわす。

いわゆる納豆やオクラや山芋などの類は、このムコ多糖類に属すると考えてよい。

ムコ多糖類には様々な効用があるとされるが、免疫力、血糖値調節、新陳代謝などだけでなく、骨の形成促進、水分媒介による組織への栄養供給、などを行っている。

 

これらはこの先、いわゆる難病の治療にも役立つ可能性がある。

ムコ多糖類は食品でいうと、アンコウ、ドジョウ、ウナギ、ナマコ、すっぽんなどのヌルヌル系、カレイ、ヒラメ、アワビ、カキ、魚の目玉の周り、フカヒレ、ツバメの巣、そして玄米や豆類などである。

いわゆるアロエの中にもムコ多糖類は多い。

いわゆるコラーゲンだけをせっせととっても関節には役にたたないのだ。

 

ここでもあれと多くの人が思うであろう。

糖は悪いといったではないかと。

そう単純ではないこと、直接吸収される弊害については述べたが、違う意味での糖の難しいところがこのムコ多糖類なのである。

ムコ多糖類が体内で生成されるためには、マンガンやマグネシウムが重要であるとされる。

 

この点においても単一栄養素で食事をとっても意味が薄れるというのは間違いない。

すべてはつながっているといってよい。

 

これこそが生命の輪の基本的な考えであり具体例なのだ。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放