癌は生体防御反応                        北川 高嗣


癌は敵ではない。  癌は、生体防御反応である。

ライフスタイル、食生活を変えない限り、あなたを守るために、何度でも現れる。

 

何故、心臓(心筋)にガンは無いのか。

脳の神経細胞に、何故ガンは出来ないか。

赤筋(遅筋=赤い筋肉)はガンにならないという事をご存じだろうか。

 

その理由は、

ミトコンドリアの多い(5000個)、有酸素エネルギー系の細胞だからである。

 

一般に、癌のことを上皮腫と言われるのも理由がある。

悪性腫瘍は、ほとんど上皮腫と呼ばれる。

つまり、悪性とは、分裂が早く、その抑止が追い付かなくて、全身に転移する腫瘍の事である。

 

そして、

その原因は、ストレスに依る交感神経系の血流不足に依る、細胞の生き残り戦略で、ミトコンドリアエネルギー系から、解糖エネルギー系への転換だと言う。

 

ストレスとは、

寒さ、緊張、過労、恐怖、悩み、哀しみ、憤り・・・いろいろあるが、それらはすべて交感神経を刺激して、ステロイドやアドレナリンの分泌を促すからである。

 

そうすると、

末梢血管は閉じて、血流不足を来す。

一時的なら、暫時、回復するが、慢性的になると、血行不足が慢性化するので、周辺の細胞は生き残り戦略を採ろうとする。

 

つまり、【ミトコンドリアを削って、解糖エネルギー系の細胞へと転換】するのである。

これが、癌細胞(ミトコンドリア100~200)である。

 

そもそも上皮細胞は、細胞分裂が盛んで、常に新陳代謝する性質のものであるが、それを超えるストレスは癌化を促す。

それが上皮腫=悪性腫瘍=癌であるというのだ。

 

従って、癌になりやすい場所は大体決まっている。

細胞分裂の盛んな場所である。例えば、皮膚、乳腺、各臓器の上皮質、あるいは骨髄等である。

心筋、脳細胞、赤筋等は、常にミトコンドリアエネルギー系細胞(ミトコンドリア5000)であるので、常に細胞分裂は少なく、癌化しない。

発生学的に、下等生物は細胞にミトコンドリアを含まない。

解糖系のエネルギー代謝で単純な生命形態である。

 

高等生物はミトコンドリアを内包する細胞が中心で、有酸素エネルギー系へと進化してきた言われる。

その為に、脂肪の代謝とか、複雑なエネルギー代謝機能を得て、その環境対応を拡大して現在に至ったと言われる。

 

例えば、

飢餓に遭えば、脂肪を代謝して生きながらえるとか、そういう事である。

又、緊急事態や危険に遭遇すると、有酸素系のエネルギー代謝を中断して、瞬発力を発揮するとか、自由度が拡大した。

人間が、あらゆる環境に適応する自由度が高まった訳である。

 

ところが、

慢性的な血行不良を起こすと、酸素不足となって、何時までも低酸素状態では、ミトコンドリアエネルギー系細胞(ミトコンドリア5000)では、生存がおぼつかなくなるので、体細胞が解糖エネルギー系(ミトコンドリア100~200)への転換(癌化)すると言うのである。

 

自由は、新たな選択を選び取る責任も発生する。

癌は、高等細胞が下等細胞に鞍替えして、生き延びるための生存システムであった。

とすれば、驚きである。

とすれば、癌と闘うなどと言う事は無意味である。

 

生存必要が生じて、形を変えて生き延びようとする当然の自然現象であるとすれば、その原因に思い致して、生き方を変えるしかない。

 

癌は、敵ではないのである。

 



癌は病気ではありません!                    中村 泰士


私は以前から病気を治す西洋医学は存在しないと考えていましたので、大の医者嫌いです。

もし私が癌になったとしても、たぶん。。。化学療法や手術は受けたいとは思わないでしょう。あくまでも食事療法やサプリメントなどで、身体の治癒力を信じて治すと思います。

 

癌の治療に効果的と言われているものは・・・・玄米、野菜、果物(できれば無農薬)、ビタミンC、ココナツ、重曹、コロイダルシルバー。。。その他。

 

薬は毒物です。症状に蓋をして見えなくしているだけです。西洋医学が全て悪いというわけではないのですが、普段からなるべく薬に頼らない生活をすることで健康維持につながるのではないでしょうか。

サンタクロースの袋に薬をたくさん詰めて高齢者に与え続ける医者は信用なりませんね。

 

癌は病気ではなく、身体の生存メカニズムなのです。

 

他の病気も全て、身体の生存メカニズムが働いているということです。ですからどの病気も消滅させるべきではありません。

 

病気は自然に治癒させ元の健康体に戻す必要があります。身体がバランスを失うと、身体は自ら元に戻そうとします。身体のあらゆる症状を病気と呼んでいます。

 

自然界の枯れた植物を見て、植物が病気になったと考える人はいないでしょう。ただ、水が足りないから枯れたのだと思うでしょう。

 

単に症状を見て病気と呼ぶのは間違っています。治療を受けると病気が消えると考えている人がいますが、治療を受けるということは身体を攻撃しているということです。

 

癌についていえば、身体が有害物質で汚染され過ぎたか栄養不足の結果、癌の症状が現われます。ですから植物の風化と同じで、身体の一部が癌化したということは身体の一部が枯れるのを防ごうとしているということです。

身体には、ダメージを受けた組織を回復させようとするメカニズムが存在しています。

 

体内に44000ものメカニズムが存在しています。つまり、44000種類の”病気”があるということです。しかしこれらは病気ではなく症状なのです。

 

悪性腫瘍は身体を破壊(殺害)しません。悪性腫瘍が身体を破壊するなら、悪性腫瘍自体も死んでしまいます。

 

自然界に存在する有機体の中で自滅(自殺)するものはありません。ではなぜ身体の中に悪性腫瘍が発生するのでしょうか。また悪性腫瘍が成長する目的は何なのでしょうか。

 

身体に何らかの問題が起こると、病気と判断するのは中世の考え方です。このような考え方は症状の原因を無視しています。

 

身体には自己治癒力があります。症状を抑える治療は身体の自己治癒力を抑えてしまいます。治療を受けると様々な副作用が出るのは身体が抵抗しているからです。

 

治療で良くなる病気はありません。現代(西洋)医学は治癒という言葉を使いません。

 

症状を抑える治療法では病気は治癒できません。

 

枯れた葉っぱに水をやっても葉っぱは生き返りません。根っこの部分に水を与えない限り、植物は元気になりません。身体の症状を治療する必要はありません。症状を抑えることは考えない方が良いでしょう。

 

身体に何等かの症状が現れるということは身体があなたに何等かのメッセージやシグナルを送っているということです。

 

身体に痛みを感じた場合、身体は異物を身体の外に排除しようとしているのです。しかし西洋医学ではヒスタミンなどの薬を患者に与えます。ヒスタミンは体内の水分を調整するホルモンです。

 

痛みを感じる部分は脱水状態になっていますから、ヒスタミンはその部分に水分を供給し脱水状態を引き起こしている妨害物を除去します。

 

ですから痛みは病気ではありません。癌も病気ではありません。癌の根本的な原因を理解すれば、癌を恐れることはありません。

 

癌の種類は患者ごとに違います。同じ癌を患っている患者はいません。これは糖尿病患者と同じです。同じ種類の糖尿病はありません。

 

医学は病気(症状)を大まかに分類しすぎています。糖尿病は2種類ではありません。1つの治療法で糖尿病が治るわけがありません。

 

基本原則として、十分な睡眠をとり、日射しに当たり、バランスの良い食事(より自然なものを食べる)をすることで、癌を予防することができ癌を治癒することができます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放