病気の原因について                                    工藤清敏


症状に慌てて、心配が増して、病院というのが通常の行動です。

 

それが常識だと刷り込まれていますから。

 

ですからフェイスブック、ツイッターで具合が悪いってつぶやくと、9割は早く病院に行きなさいってコメント入ります。

 

病院が、その原因にアクセスして、治療をしてくれたらいいのですが、検査して手術か副作用付き薬剤治療だけになっています。

 

病名は三万種類もつくりながら、メニューは2通りです。

 

マニュアルがありまして、薬の出し方が変わります。

 

薬が不足して、病気になったのなら薬治療でいいのです。

 

まず入り口で、科学的でないのです。

 

現代医学が科学的でないのは、根底的なものです。

 

身体化学反応がAからBになったということは証明して科学的な論文をつくりますが、Bが後でCになったり、Dになったりしてもほったらかしです。

 

責任を持ちません。

 

副作用などといって、最初に開示して、法的に責任を負わないようにしています。

 

ずるいというか、法的に賢いというか

 

無知な患者と、まともな医学教育を受けさせてもらえなかった医師と後ろで利益を求める人と、まあ仕方ないという役人とで構成された 治療システム

 

いい加減気づけばいいのにと思いますが、僕の過去を見てもそうは気づけないものです。

 

医者っていい職業だと思っていたし、適度に尊敬もしましたし、薬屋さんにもその意義を感じていました。

 

ドラックストアもいい笑売だと思っていました。

 

手術だって必要だと思っていました。

 

検査だって。

 

しかし、クスリを飲み続けても、手術してもやがてまた違う病気で病院通い。

一生リピーター。

 

最後がガンだったりして、がっかりです。

 

どうして医学は原因にアクセスしないのでしょうか

 

病気になったら原因について考えてください。

想像力を働かせてください。

 

何を無理しましたか

何に悩んでいましたか

気づいていないストレスに気づいてください。

 

否定的な感情がありましたか

辛いことがありましたか

自然な食事でしたか

お塩や生食は取っていましたか

血流はどうですか

運動や睡眠はどうでしたか

、、、、

複合的に絡まって身体は弱まっています。

 

ストレスの解消で悪い習慣が根付いていませんか

食の学びが不足していませんか

愛や思いやりや、すさんだ心になっていませんか

自分を責めていませんか

自分が使う否定後に支配されていませんか

自分らしく生きていますか

これらの質問に答えてみてください。

 

病院や医療がしなければならないのは、患者さんの心、行動を把握してそれにふさわしい治療をサポートすることです。

 

2通りのメニューでは恥ずかしいですよ!

 

 

現代医学の緊急医療は残す

 

その分野では今の病院は役立っていますね。

どんな医療改革があってもその周辺は残りますね

 

要らないのは、生活習慣病における手術とクスリ治療です。

 

この無駄で、多くの国民が医療費を払っているわけです。

 

そのお金をかっぱらう。

それが裏の世界です。

 

僕らは毎月払うだけです。

 

何事もまともに感じる大義名分を教育することが大事です。

 

まあそんなものかと思い、国の指導に従い、医療費を払います。

 

しかし、実際は、そういうふうにして、頂く仕組みができています。

 

余計な治療が行われています。

 

副作用で次の病気が作られていきます。

 

病名はいつも考えられています。

 

昔はなかった病名が次々と作られます。

 

なんだか医療が進歩しているように感じます。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放