生き方を変えれば、病気はなおる              安保 徹


早期ガンでは、免疫力を高めれば2~3か月で治癒が可能といえます。進行ガンになると、1~2年はかかります。

末期ガンになると、治る確率は低くなりますが、なかには治る人も少なからずいます。

その指標は、

自分でご飯を食べられるか、散歩できるかです。3大療法(手術、放射線、抗がん剤)を受けてきて、自力ではほとんど食べられない、歩けない状態になると、

私の提唱する「4ヶ条」

 1. ストレスの多い生活パターンを見直す。

 2 ガンの恐怖から逃れる。

 3 免疫を抑制するような3大療法を受けない。受けている場合はやめる。

 4 積極的に副交感神経を刺激する。

を実践できないので、治る可能性が低くなります。

 

免疫力を高めるには、「自分で食べられる」「散歩できる」「入浴できる」ということが基本です。

「自分で食べられる」とは、体に必要な栄養を自分で摂取できるということです。「散歩できる・入浴できる」とは、副交感神経を優位にする行為を自分の力でできることを意味しています。

 

自分で副交感神経を刺激し優位にすることができるかどうかが、ガンの治療に向かえるかどうかを分けるといっていいのです。

早期ガンの人はもちろん、進行ガンの人でも、まだ普通に暮らせる人であれば、進行度によって治るためにかかる時間は違ってきますが、免疫力を高めることによってガンは必ず治ります。

そのためには、日々免疫力を高めるための生活を根気よくきちんと続ける必要があります。

 

免疫力がすぐに高くならないと、自分のやっていることの効果がないのでは、とくよくよしたり、やめてしまったりしますが、それでは免疫力を高めることはできません。

楽観的な気持ちで、自分がやっていることは必ず効果が出ると信じて、つづけていくことでガンは克服できるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放