減塩政策                            工藤清敏


国は、精製塩と伝統的製法の海塩などをわざとごちゃ混ぜにしている。

 

1960年代から、少しづつ減塩政策を進めてきた。

 

一流の高血圧研究者が、塩は高血圧の原因ではないというデータを出しても採用することはない。

 

なぜなのかなと思うが、最初に減塩ありき

 

昔から敵には塩をあげない

反抗するものにはあげない

 

しかしそうは言わない。

 

血圧が

肝臓が

心臓が

 

いかにもまともなデータがあるように装い国家から公務員に通達する

 

高血圧研究の大家 青木先生は、米国で塩と高血圧に関係がないことを発表し、心臓学会から学会賞をもらいました。

 

しかし、いっこうに塩が悪者であり、減塩してねは世の常識となっております。

 

支配、コントロールを考えれば、一方からみたら必要な政策ですね。

 

身体は海で、さまざまなミネラルのおかげで僕たちの身体は生命を保っています。

 

この当たり前なことを、忘れて、身体を壊しているのが僕らです。

 

風邪ひいた

 

調子が悪い

 

大きな原因の1つは塩不足、ミネラル不足。

 

どうかいい塩をたっぷり取ってくださいませ。

 

国がもし精製塩などナトリウム純度が高いものは取らないように。

しかし、いいお塩は取るようにと公務員や医者に通達したとしましょう

 

そうなりますと

まともな医者は、まずは塩を食べさせ、治療にあたります。

塩でうまくいかなかったら、その後でクスリとなるでしょう。

 

国が少ない経費で治したら、ボーナスを出すとなったらどうでしょうか

 

多くの医者は、塩と生酵素や自分が摘んできた薬草を出すでしょう。

 

そして否定的意識などのコントロール法など試してみるでしょう

 

少しさすってあげるでしょう。マッサージもしてあげるでしょう。

 

いい運動も共にやるでしょう。

 

その頃は、僕は滅んでいるでしょう

 

 

今のこの減塩政策があるおかげで僕は逆に活かされていたのです

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放