海藻は解毒の王様                        吉冨 信長


体内に蓄積された放射性物質を解毒してくれる成分は、おもにミネラルと水溶性食物繊維です。

 

ミネラルと水溶性食物繊維の両方を豊富に含む食材は、ずばり「海藻」です。海藻は「解毒の王様」と呼ばれています。さらに、日本人は遺伝的に海藻類を分解する腸内細菌を保持しています。

 

水溶性食物繊維は放射性物質を捕まえて排出させる職人のひとつです。昆布やワカメなどに含まれるアルギン酸ナトリウムやフコイダンの水溶性食物繊維は解毒作用が特に飛びぬけています。

 

アルギン酸ナトリウムは体内(腸)の放射性ストロンチウム90を捕まえ、無毒化させた後、体外へ排泄させます。カナダやイギリスの最新の研究では、アルギン酸ナトリウムはラジウムにも吸着し、解毒することがわかっています。

 

また、興味深いことに、海藻類の色の種類によって、解毒する放射性物質が異なることがわかっています。

 

褐色の海藻類には、昆布、ワカメ、ひじき、もずくなどがあります(ゆでると緑色になりますが、海の中では褐色です)。これらはストロンチウム90を優先的に吸着します。

緑色の海藻類の青海苔やアオサはセシウム137を優先的に吸着します。

 

赤色の海藻ダルスはいまでは稀になってしまいましたが、古くから食用として利用されていました。プルトニウム239を優先的に吸着します。

 

先述したフコイダンについてですが、ロシアではこれを解毒に使う研究がされてきました。結果、がん細胞を自殺させるアポトーシスに効果があることなどわかっています。

 

さて、海藻を食べるにも、海藻自体が汚染されているのではないかと心配になる方もおられるでしょう。確かに、放射能汚染水が流れ出た沖合や海域では、海藻が汚染されていることは当然ありえます。

 

しかし、海藻は回遊魚のように、基本的に長い距離を移動していく生き物ではありません。汚染の心配の少ない沖合での海藻を選び、検査の結果で異常がなければさほど心配することはないでしょう。大事なことは、頭ごなしに避けることよりもまずは栄養補給を優先すること、そして良いものや安全なものを見極める情報を持つことです。

 

せっかくの良い食材を逃す方がデメリットが高いといえるかもしれません。ここは皆さんの方で判断してください。ちなみに、効果があるからといって食べ過ぎる必要はなく、少量でも「習慣化」することが何よりも大切です。

 


鳥羽産 天然 わかめ 65g
           鳥羽産 天然 わかめ 65g







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放