正負の法則                       トンプソン真理子


これは、美輪明宏さんがよく言われている言葉で、彼の著書を読まれている方はもうご存知かもしれませんが。

この正負の法則とは、人はなにかを得たとき必ずなにかを失うという法則のことです。

要は、『良いこと(正)の次に悪いこと(負)が起こり、またその反作用で良いこと(正)が起こる。

それを繰り返すのでどんな人の人生でも、結局は±0になる』という原理のことです。

 

彼は、著書の中でこの法則についてこう言っています。

『この地球には、“世にも恐ろしい法則”があります。

 この法則は、“生活”に取り入れて、上手に生きていくための“人生のカンニングペーパー”です。』

 

私もこの本を読んでなるほど!と思いました。 

そう言えば、私の周りの人を見ても、すべてがすべて、100%恵まれている、という人は一人もいなかったりします。 

ものすごくお金持ちで名声があっても、その私生活は奥さんと離婚して寂しいものだったり、逆にお金はなくて仕事も成功していない人でも、本人は子供や家族に恵まれていて、楽しく暮らせていたり・・。

 

実際に、あなたの周りの人で考えてみて下さい。 

どんな人にも、必ずと言っていいほどその人の人生のプラス・マイナスが見つかるはずでしょう。

 

これは、「神様の仕業」とも言えるかもしれませんが、単に『宇宙の物理的法則』ではないか。 

いい事か悪い事のうちのどちらかが重くなってくると、必ずその反対側がバランスを取ろうとする、反作用が出てくる。 

 

いい事ばっかりしている人は、いいことはこの場合、【人への奉仕=自分にとっては負(マイナス)とカウントされる】ですから、その人にとって正(プラス)の事件が起こってくる。

反対に影で悪い事ばっかりやっている人は、彼にとって正の天秤が重くなりすぎて、負がバランスを取ろうとするために、そのうちどっかーん!と悪いことが起こるのではないか、と。

 

恵まれている人というのは、それだけ陰でいいこと(彼にとっては負)をしている、ということです。 

まあ、これはいちいち『正負の法則』を持ち出さなくてもいい事をしている人には、いい事がやってくる、悪い事ばっかりしている人には、悪いことがやってくる、というのは、誰でも知っていることでしょう。

 

これを自分に当てはめて、将来いい事ばかり来るようにするには、また悪いことを回避するにはどうしたらいいか。

 

それは、自分がいい行い(自分にとっては負、マイナス)をどんどんして、負のエネルギー(この場合、悪いと言う意味ではなく、自分にとっては負の意)をためることです。

今まで溜まったプラスのエネルギーをオフセットするばかりでなく、宇宙の物理的法則でマイナスが重くなりすぎて、そのうちプラスがドーンとやってきます。

 

いい行いと言っても、何も自己犠牲までしてやれと言っているのではありません。

周りの人には親切に、困っている人が要れば手を差し伸べる、自分の気が向くなら、寄付をしたり、プレゼントをしたりしてもいいでしょう。 身近な例では、FBで人を褒めることもそうです。 

要は周りの人たちを喜ばせてばかりいればいいのです。

 

小さい頃、子供にひどい仕打ちをした人には、その子供がのちに不良となって親を苦しめる、これも正負の法則。 

ならば、子供の感情の一つ一つを大事にする、踏みにじらない。 

そうでないと、子供の親へのマイナス感情が、地雷となって、後に芽が出て今度は自分がえらい目に遭わされます。

 

小さい頃、ろくに努力もせず遊び呆けた人には、それなりの人生が待っています。

これも正負の法則。

 

まあ、たまに例外もあって、ゴッホのように、生前は全く絵の価値も認められずに亡くなった人もいます。

死後になってから、その価値が認められて、ものすごく名声が出ました。 

その場合は、本人にとっては無念でしょうが、自分の死後にその正を受け取ることになります。

 

また、犯罪者の子孫は3代にわたって祟られる、という言葉もありますが、それもきっと本当でしょう。

悪いことをするということは、死後もその『負(この場合は正?)の遺産』は残ると言うことです。

 

皆さんも、これから来るべき人生が明るいものとなるように、せいぜい「負の徳」を積みましょうね!

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放