栄養よりも休息を優先                                   吉冨 信長


疲れているときは栄養剤よりも、とにかく休みたい。

栄養剤飲めばなんとか一時的にしのげるかもしれないが、本当に欲しいのは休息。過度な仕事とストレスの多い現代人はこのように思う人も多いことでしょう。

 

そういう意味ではファスティングとは単に絶食というわけでなく、消化器官や肝臓をはじめ各臓器を休ませるということにも等しいのです。

確かに疲弊した臓器に栄養を送り届けることも大事かもしれませんが、私たちが疲れたときにまず欲しいものはどちからとえば、休むことです。

それと同じように臓器たちも休みたいのです。

 

副腎だって疲労時にはビタミンCを送りこまれたら嬉しい反面、そんなことよりもまずは少し休ませろよというのが副腎の本音のはずです。

副腎が疲労する前にはたいてい脳疲労が起きています。

脳は高次機能をもった臓器であったとしても、文明社会特有の多くの情報処理に日々追われ、多くの人が実は疲弊しきっています。

 

たとえば、私たちのオフィスを想像してみてください。

仕事しているときはデスクの周辺が散らかります。

ゴミも溜まってきます。

身体の組織や細胞も同じで、ずっと働かせられていれば、細胞にも老廃物や不要タンパクが溜まったままです。

これらの大掃除には、オフィスと同じで、一旦仕事を休まないとできない仕組みなのです。

 

仕事と掃除は同時にはできませんし、仕事が長期間続いていればゴミもたくさん増え続けているため、それだけ休みの時間(=大掃除の時間)も増やす必要があるのです。

 

オフィスでたとえ高機能の掃除道具を与えられていても大掃除の時間がなければあまり意味がないように、たとえ高濃度の栄養を与えられていても大掃除する時間(つまり休みの時間)がなければ正常な環境を維持できないのです。

普段の掃除は表向きな外見上の掃除ですが、大掃除は今まで行き届かなかったところや細かいところまでできる掃除です。

 

定期的なファスティングはオートファジー効果を高め、細胞中の不要となったタンパク質をリサイクルしたり、デトックス機能を高める働きがあります。

何より臓器や消化器官を休ませるという大きな効果があるのです。

 

疲れたときは与えることではなく、できるだけ休ませてください。

それが何よりの栄養だったりするのです。

 

※ファスティングは多くの人がやるべきだと思っていますが、中にはファスティングをやってはいけない人もいますので、指導のもと行うのがいいでしょう。

                   

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放