本来の食を取り戻す!                      藤本 正明


それは、食の素材となるそれぞれの生き物の、本来の生命力を取り戻す☆

 

自然を添えて流通し、自然に食す。

 

その原点たる生き物である作物

☆その作物の本来の力が引き出されてゆく自然栽培

☆肥料や農薬を使わなくても、自然界に淘汰されない生命力ある野菜を選ぶことを意味する

☆有機だから安心とか無農薬だから安心なのではなく、自然に淘汰される野菜なのか、自然の中で調和して生き抜くことのできる野菜なのかが問われるべきなのです☆ 

 

本来の食を取り戻す! 

人によい食を取り戻すには、人がよい選択をすることが重要なのではないでしょうか☆ 

自然界が調和していく方向へむかっていく暮らしを大事にしていくことが如何に大事か痛感させられます☆

 

「微生物と暮らす」すべての営みは「菌」、分解と生成の世界で言い換えれば、放出と吸収のエネルギーサイクル☆

信じがたいでしょうが、空気も「菌」なのです

☆電気だって「菌」なのですね☆

 

圧がかかることで空気のエネルギ波動が発生します

☆空気だけではなく水も圧がかかれば「発酵」します

☆因みにバケツに汲んだ水は時間を経て「腐敗」するのです☆

 

宇宙真理からはまさに発酵なのです☆

発酵 &腐敗 酸化&還元 アルカリ&酸性 プラス&マイナスの一切は住み分けです☆

 

微生物が嫌気性と好気性と住み分けることで、プラスマイナスのエネルギー波動により元気な土壌が生まれ育つ☆

「元気」とは「元の気」という意味で、中立にするということです☆

 

人は微生物が活性化する餌と環境を与えるだけ☆

たとえば無肥料無農薬で育つ植物はすべて「菌」が成す結果なのです☆

 

人は植物や小動物、つまり微生物に助けられているのです☆

 

微生物というみえないものと暮らす✫

物体という見えるものを通して見るのではなく、また植物や微生物を育てているということでもないのです

✫それらから情報をうけながら、見えないものを少しでも見ることができる生き方を学び合うのです

 

☆できれば常態化できるようになるのが理想ですが自然とともにエクササイズしていかねばなりません

☆別の言い方だと宇宙と直結した修行なのです☆

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放