心の豊かさ                           吉冨 信長


ストレスは私たちが想像する以上にホルモンバランスを崩します。

脳が強いストレスを感じると、性ホルモンの分泌は後回しにし、命に関わるほうの指令を優先するからです。

 

私たちの文明社会では利便性が高く物質的に豊かではありますが、反面、過剰なストレスにおいて精神面が不安定となっている人が多いとされています。

一方、伝統社会や未開社会では、(私はいくつかの世界の民族をまわりましたが)地味で不便な生活をしていますが、ストレスはほとんどなく、心の豊かさというものを強く感じます。

 

ストレス対抗のメカニズムは脳からはじまり、「視床下部→脳下垂体→副腎」間の相互作用によってコントロールされており、この仕組みをHPA軸といいます。

脳は強いストレスを感じると、このHPA軸を介して、副腎皮質でグルココルチコイドというホルモンを生産しまする。

 

このグルココルチコイドの中でも、最も生理作用が強いもコルチゾールという抗ストレスホルモンは、男性ホルモンであるテストステロンや、女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンなどの性ホルモン(生殖ホルモン)の分泌を抑えることがわかっています。

 

これは、各種ホルモンの原料は同じコレステロールであるため、一方に使われ続ければ、当然、他方の生合成にも影響が出ることを意味しています。

また、HPA軸の視床下部から下垂体に働くCRFという副腎皮質を刺激するホルモンが、生殖ホルモンを刺激するホルモンの分泌を抑制するからです。

さらに、フィードバック機構によっても、抗ストレスホルモンは生殖ホルモンを抑制します。

 

また、ストレスが大きくかかることによって、活性酸素が発生し、この酸化によって男性の精子や女性の卵子を老化させてしまうのです。

 

副腎はいろいろなホルモンを分泌する内分泌器官であり、あらゆるストレスに対して対処していく臓器のため、副腎疲労症候群が認められると、栄養療法として、ビタミンCやマグネシウム、ビタミンB群などが投与されます。

 

もちろんこうした栄養補給は必要なのですが、その前に少し考えてみてください。もし皆さんの体が疲れ果てて家に帰ったとき、まずしたいことといえば体をゆっくり休めることではないでしょうか。

内臓も同じで、栄養補給も何も、まずはゆっくり休みたいはずです。

その環境が継続してまっては、どんなに栄養補給しても、いたちごっこかもしれません。

まずはその環境から休ませることを内臓は望んでいるはずです。

 

状況にもよりますが、栄養補給はその後です。

そして、大元の原因であるストレス環境から回避させることです。

いくら栄養補給しても、まずしっかりと休ませること、そしてストレス環境からできるだけ回避できる方法や、ものの考え方などを取り入れることも大切なはずです。

 

以上のように、ストレスが持続的になっていると、知らないうちに私たちのホルモンバランスを崩してしまうのです。

栄養補給も大事ですが、まずはこうした環境から回避することも大事なのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放