平均寿命                            内海 聡


飢餓を前提としている私たちの体の仕組みに死因や病気の変遷、そして先住民のことを少し調べてみれば、現代人より昔の人、近代以前の人々のほうがはるかに健康で、しかも長生きだったとわかります。

 

こんなことをいうと、「医療が発達している現代のほうが、ずっと健康なはず」「日本人の平均寿命は世界トップレベルでは?」などと思う人もいるでしょう。

しかし平均寿命とはしょせん、数字のまやかしに過ぎません。

 

近代医療が発達する以前は、事故死、死産、乳幼児の死亡が珍しくありませんでした。

たとえば落馬した、屋根から落ちた、大八車にひかれたといった類のケガは、昔は死に直結しました。

妊産婦のケアも行き届いておらず、流産や死産の確率は、現代をはるかしのぎます。

難産で命を落とす若い女性も少なくありませんでした。

特にこれは貧困が多い中世で顕著であり、古代民族や野生動物は死産が少ないことがわかっています。

 

つまり現代なら救えるはずの命が昔は救えず、若くしてあるいは幼くして死んでしまう人が相当数いたのです。

平均寿命とは、こうした「不慮の死」も含めて平らにならした数字であることを忘れてはいけません。

他方、現代は医療が発展し救急医療が充実したことで、事故死や乳幼児死、出産死は劇的に減りました。

そのため、たしかに平均寿命こそ長くなりましたが、「健康で長生きか?」といえば、とてもそうは思えない現状があります。

 

日本は世界で一番健康寿命と平均寿命の差が大きい国でもあります。

さらにいえば各国の平均寿命の計算法はバラバラであり、日本などずっと二位である香港が発表した二日後に発表したりを繰り返していました。

 

戸籍上生きていない人も平均寿命に加えられていますし、老人ホームで縛られて胃瘻漬けになっている老人も、平均寿命を押し上げる形になっています。

そして最も重要なのは若い人のガンや難病や膠原病などの病気が、最近激増しています。

 

これらは社会毒や放射能および、炭水化物の食べ過ぎその他で起こるわけですが、昔の人たちは外傷や感染症がなければそう簡単に死なず、老衰で死ぬ人も多かったのです。

戦前の日本でさえ癌は40人に一人程度で非常に珍しく、当然ながら健診も人間ドックも救急外来もありません。

 

つまり我々はアメリカや金融資本および陰謀論的な人々に、ゆっくり病気とされながら、さらにアロパシーで生き長らえるように仕向けられ、その医療も社会毒の利益も病気になりながらの収入も、全部吸い上げられているわけですね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放