小腸の新陳代謝                         吉冨 信長


小腸の上皮細胞はだいたい60~120日ぐらいで入れ替わりますね。

もちろん個体差がありますので目安です。

さらに、吸収上皮の表面にある、極小の突起、「微絨毛」になると、わずか1~数日で入れ替わっています。

 

で、一般的に小腸の環境が悪い人(消化吸収能が弱い人)で、小腸の上皮細胞のこの微絨毛の突起があまり出ていないような人には、ビタミンA,B群、ミネラルでは亜鉛・マグネシウム、そしてタンパク質食品などの積極的な摂取が勧められます。

 

タンパク質におけるアミノ酸を見ていくと、小腸の主なエネルギー源となるグルタミンも推奨されます。

しかし、この研究者によると、グルタミンは確かに小腸のエネルギー源としては重要なのですが、小腸の上皮細胞の形成という意味で、もっとも大切なアミノ酸は「ヒスチジン」なのだそうです。

 

ヒスチジンというアミノ酸は、大人は体内で合成することができますが、子どもでは合成できないため、条件付きの必須アミノ酸といえます。

このヒスチジン欠乏は、グルタミン欠乏よりもタチが悪く、小腸の上皮細胞の形成阻害というよりは、上皮細胞のアポトーシス(自殺死)を起こしてしまうというのです。

(そのデータもじっくり見ましたが、他のアミノ酸の欠乏よりも圧倒的にヒスチジンの欠乏によるアポトーシスが目立っていました。

しかも、少量のヒスチジンを摂取すれば、すぐにアポトーシスを抑制でき、上皮細胞の形成の回復に至ります。)

 

機序としては、ヒスチジンが欠乏するとミトコンドリアの膜電位が低下してしまい、そこで機能障害がおき、カスペース9という酵素が発現され、アポトーシスに至るというものです。

 

臨床においても、血中ヒスチジン濃度低下と小腸障害の相関データがありますので、ここは意外と見落としてしまうかもしれません。

 

先述もしましたが、特に子どもはヒスチジンを合成する能力がほぼありませんので、意識した食事が必要かもしれません。

ただし、ヒスチジンのサプリメント摂取などはおすすめできません。

あくまで、食事からの摂取が良いでしょう。

なぜなら、高用量のヒスチジン摂取は、体内でヒスタミンというアレルギー症状を引きおこす生理活性物質に代謝されてしまうからです。

 

ヒスチジンを多く含む食材はかつお節をはじめ、魚類に多いです。

小魚などのダシから摂ったりして、試し試し、あくまで低用量で習慣的に摂取するのがいいのではないでしょうか。

ちなみに、ヒスチジンはカルノシンというミトコンドリア活性に必要なペプチドにも代謝されますので、上手に摂ることをおすすめします。

 

どれだけ小腸にグルタミンを与えても、ヒスチジンが欠乏していたのでは、上皮細胞は作られません。

ヒスチジンは低用量で食事から摂取していきましょう。

 

銅:亜鉛バランスにおいてもヒスチジンは効果があります。

ヒスチジンは、銅吸収に対する亜鉛の阻害効果を増強し、さらに銅取り込みを減少させます。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放