小腸とグルタミンとグルタミン酸                吉冨 信長


大腸を動かすエネルギー源は基本的にブドウ糖ではありません。

大腸の腸粘膜の主なエネルギーは、腸内細菌が生成する短鎖脂肪酸です。さらにミトコンドリア系を稼働させ、解糖系にはあまり働きません。

では、同じ腸でも小腸の方はどうでしょう。

小腸の腸粘膜のエネルギーはタンパク質から分解されたグルタミンというアミノ酸(の一種)が主なエネルギー源です。

グルタミンは実際には遊離アミノ酸として血中に多く含まれています。

 

実は、大腸のエネルギー源も短鎖脂肪酸以外に、少量ですがこのグルタミンを使用します。

グルタミンは基本的に体内で合成されるために必須アミノ酸とは違いますが、ストレスにさらされたり、絶食したり、病気になると、大量に消費されるために、やはり普段の食事で補っておくのがいいかもしれません。

よって、グルタミンは条件つきの必須アミノ酸などと呼ばれています。

 

そもそも、なぜ、大腸は短鎖脂肪酸という脂質を主なエネルギー源にするのに、小腸はグルタミンというアミノ酸様物質をエネルギーにするのでしょう。

なぜなら、小腸が脂質や糖質をメインに吸収するからです。

もし、小腸自身が脂質や糖質をエネルギーに使用していたら、吸収できなくなるからです。

もちろんアミノ酸も吸収しますが、必須アミノ酸ではないグルタミンを使用すれば体内で合成できるので、体内のタンパク質がそう枯渇することはありません。人間の体ってよく出来ていますね。

 

もう一つの理由として、小腸には生体の8割の免疫機構が集結しており、これらが働くにはグルタミンが必要だからです。

グルタミンが不足すれば、免疫は低下します。

ちなみに、グルタミンはグルタミン酸とは異なるものです。

同じアミノ酸の仲間ですが、グルタミン酸はグルタミンよりもアミノ基が一つ少ない特徴をもっています。

興味深いことに、小腸の粘膜はグルタミンだけでなく、このグルタミン酸もエネルギー源として大量に使用することがわかっています。

タンパク質食品はもちろんのこと、日本人の好きなおだし汁を日頃から飲んだり、昆布や野菜に多く含まれるグルタミン酸もきちんと摂取すれば消化管のエネルギー不足に陥ることはそうないでしょう。

※小腸のエネルギーは、グルタミンが約6割、ケトン体が約2割、ブドウ糖が約1割使われています。

 

 

非必須栄養素こそ重要

タンパク質にしても脂質にしても、何かと必須栄養素に注目されがちですが、実は「非」必須栄養素こそ重要です。

必須栄養素は体内で合成できないために、外から摂取する必要がある栄養素です。

逆に非必須栄養素は体内で合成できるために必ずしも外から摂らなくても欠乏症が起きることは基本的にありません。

だからといって非必須栄養素をあまり意識しなくてもいいというわけではありません。

 

体内で合成できるということは、考え方によっては、それだけ重要であり優先的に枯渇するわけにはいかない栄養素なのです。

人類史において飢餓を克服することが最重要課題でした。

多種の動物にいおいても同様で、それぞれの食性や環境の中で体内でさまざまな栄養素を合成する仕組みを得ています。

実際に、非必須栄養素は体内でさまざまな重要な働きがあります。

 

一方、飢餓とは別に比較的獲得しやすい栄養素も同時にありました。

動物が自身の体内で栄養素を合成することは多大なエネルギーと時間がかかるため、外からの摂取に依存できるのならそちらの方が楽なのです。

おそらく進化の流れで、比較的容易に外からの摂取で獲得できるものは体内合成を退化させ、非必須から必須に変化したのでしょう。

この話の流れからいくと、では必須栄養素は実はさほど重要ではないのではないだろうかという疑問が生まれるかもしれません。

しかし、長年の研究により、その栄養素が欠乏するといろいろな欠乏症が発生することが判明したために、必須栄養素と指定されたのです。

つまり、必須栄養素は量が多かれ少なかれやはり欠乏するわけにはいかないものなのです。

 

ビタミンCにしても、細胞への輸送体がブドウ糖(やナトリウム)と競合するために、ブドウ糖摂取の少ない食性の民族ではビタミンC摂取が推奨量に届かなくても欠乏症は見られないことはあります。

これは低糖質食であれば体内で再利用する仕組みがあるからです。

 

以上のように、非必須栄養素でも軽視することはできず、むしろ外から摂取できるのなら、きちんと摂取した方がよいものが多々あります。

一歩離れて、考え方をフェアに見ていくことが大切です。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放