大自然の共生・共存の循環                    斉藤 一治


太陽系のあらゆる生物のエネルギー源は、太陽エネルギーです。

しかし、動物は、この太陽エネルギーは直接、摂り入れることはできません。

そこで登場するのが「生産者」としての植物です。

つまり、葉緑素を持つ植物は、太陽エネルギーと二酸化炭素、そして水とで「光合成」を行い、有機物(複合炭水化物)と酸素とを生産いたします。

 

人間も生物ですから、太陽エネルギーを摂りこむためには、生産者である「植物」を摂取しなければなりません。

人間を始めとする動物は「消費者」に過ぎません。

 

生産者や消費者の生物が出す排出物や死体を土壌中の「微生物」が「分解者」として分解作業をして、二酸化炭素や水、無機栄養塩を作り出します。

これが「植物」を産み出す土壌となります。

 

「生産者」「消費者」「分解者」のお蔭様で「大自然の共生・共存・棲み分け」の循環が成立いたします。

万物循環共生生態系です。

 

人間は、「複合炭水化物」である植物(穀物・野菜・豆)を食べることでしか、太陽エネルギーを摂りこむことはできません。

一般的に「炭水化物」と呼ばれているものは「複合炭水化物」です。 

 

この「複合炭水化物」には、

炭水化物 

粗たん白 

類脂肪 

各種ビタミン 

各種ミネラル などが含有されています。

 

「粗たん白」は、腸内で「腸内細菌」や「酵素」の作用を経て「たん白質」に転換され、 「類脂肪」は、同じような作用を経て「脂肪」に転換されます。   

これで、人間に必要な栄養素が腸内で全部、揃います。

 

植物(草)動物である「牛」が牧草だけから、あの大きな体躯を創り上げている「秘密」がここにあります。

牛は大型動物ですが、走る速度は遅く、足の爪も平爪ですから、動く動物を捕獲できません。

たとえ捕獲しても、あの平らな歯では捕食ができません。

獲物は、スルリと身をかわして逃げ去ります。

ですから、動かない草(植物)を食べます。 

草だけで、あの大きな体(体たんぱく)を作ります。

 

さて、人間はどうでしょう。

走る速度、手の爪、咀嚼する歯、 すべて牛と同じです。

捕獲し捕食できるのは、昆虫くらいです。 

人間も動かない植物を食べるしかありません。

牛と同じで、人間の「食性」は植物(草)食です。

更に、人間の歯の6割は臼歯で穀物用です。 

穀物を主食にするようにできています。  

                 

私たちの腸内では、この複合炭水化物という生命全体を燃焼・分解したときにエネルギーが発生します。 

そのエネルギーこそ、生命維持の源です。

この生命エネルギーが腸内細菌や酵素の作用を得て、 食べ物が腸内で血液(赤血球)になり、 その血液(赤血球)が白血球や細胞となり、 

細胞が身体を創り上げます。           

                            

さて、葉緑体には複数の葉緑素を含んでいますが、代表的なものはクロロフィルaです。

一方、呼吸ガス交換の担い手である赤血球の呼吸色素は、「ヘモグロビン」です。

これは鉄(Fe)を含む「ヘム」という色素と、「グロビン」という血液たん白質が結合したものです。

この「クロロフィルa」と「ヘモグロビンのヘム」との化学構造図が大変良く似ています。

つまり、前者の中央にはマグネシウム(Mg)があり、後者の中央には鉄(Fe)が位置している違いがあるだけです。 

   

これは、食べ物(クロロフィルa)の「Mg」が、腸内で「Fe」に転換されて、血液赤血球(ヘモグロビンのヘム)になったと言えます。

         

「食性」とは、その種が「大いなるもの」によって設計されたときに「与えられた性」であり、素ッ裸の人間が素手で捕獲し、食べられるもの(食べもの)です。

 

牛や人間の食性は、植物(草)食ですから、この植物(草)食を前提にして、私たちの「生理」は適正に稼動しています。

さて、人間が道具・罠や火を使用して、集団行動で他の動物を捕獲できるようになり、食べるようになったのは「食性」ではなく、「食文化」です。

 

つまり「肉食」は、本来の食性ではなく、本来の生理に適合しない「厄介者」です。

牛や人間の身体は、その大部分が「体たん白質」で創られていますが、すべて「植物」を材料にして組み立てられ、作られています。

これこそ「自然の摂理」であり「健全な生理」であります。

 

もともと、熱帯付近に居た人間が、穀物など植物の栽培に不適合なヨーロッパや砂漠に移動し、彼らが止むを得ず、穀物の代用食として肉を食べるようになっただけです。

人間の生理では、肉は厄介者であり、特別な消化酵素が必要であり、この酵素が少ない場合は、処理が後回しにされ、腸内で滞留し、そして腐ります。

「腐」という字は、「府の中の肉」です。

 

肉食をやり始めた人たちは、この腐った肉を早く排泄するために、山羊や牛など動物の乳を飲むようになりました。

「離乳」を終えた人間にとって「乳」は毒ですから、人間の生理は早く排出しようとします。 

これが下痢です。

日本人でも牛乳を飲むと下痢する人がいます。 

これは全く正常な生理です。 

悪いもの・異物・毒が入ってきたので自然治癒力が作動して「急いで排出」してくれているのです。

 

つまり、ヨーロッパ・砂漠などに移動した彼らは肉を食べるようになり、結果、下剤として「乳」を飲む必要がありました。 

本来、人間の食性は植物(草)食ですから、穀物・野菜・豆などの植物だけを食べて、生命を維持して、健康な心身を保つことができます。

日本人の伝統的な主食である「お米(玄米)」は「完全栄養食」の代表です。 

「お米(玄米)」だけではなく、「野菜・豆」も「完全栄養食」です。

一方、肉、卵、牛乳・乳製品などの動物性たん白は、人間の食性に反するものであり、病気の原因となる「病因食」に過ぎません。                  

「人間の身体」の中枢は「腸」です。 

ここで、唾液とグチャグチャに混ぜ合わされた「複合炭水化物」が腸内で、消化・吸収だけではなく、 腸内細菌や酵素の作用を受けて、燃焼・分解・組み立て・転換・合成・再構築などを行い、生命に必要なものを創り上げている「転換炉」でもあるのです。

 

まさしく腸内は「宇宙」そのものです。              

これが「生命」です。

 

人間の身体は、基本的には「口から肛門までの一本の管」です。 

心臓や脳、そして手足などは、この付属物に過ぎません。

 

現代栄養学や医学は「腸内」での、この一連の作業を知りません。

つまり、口に入る前に、その素材が持っている「栄養素」を分析し、それがそのまま、消化・吸収されていることを前提としています。

腸様、腸内細菌様の「生命活動」を知ることを拒絶して無視している態度は、まさに「生命への冒涜」であります。

 

これに氣付いて欲しいという「お便り」「警告」「信号」こそ、病氣です。

 

氣付いて、お蔭様、感謝の念を声に出しますと「元氣」に戻ります。

 

生かされて生きています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放