外科手術のリスク                          川嶋朗


以前は、食道がんの治療についても、もっぱら外科手術ばかりが行われていました。

 

しかし食道がんは進行が早く、全身に転移しやすいため、外科手術や放射線療法など、局所療法による治療成績は、あまり高くありません。

 

さらに食道がんの外科手術は、数ある手術の中でも難易度が高いといわれています。

 

合併症が起こる可能性もあり、手術死亡率(手術後1か月以内に死亡する割合)は2から3%です。

 

そのため最近では、化学放射線療法が用いられるケースが増えています。

 

化学放射線療法にも、もちろん副作用のリスクはあり、食欲不振、味覚障害、口内炎、のどの痛み、めまい、白血球の減少・・・

といった副作用に悩まされる人もいます。

 

しかし、化学放射線療法の食道がんにおける治療成績は、外科手術に匹敵するといわれています。

 

このケースでは、抗がん剤が比較的効きやすいがんであることがわかっているため、外科手術と抗がん剤のリスクを比べ、抗がん剤を選べたのだと思います。

 

なお、外科手術にリスクが伴うのは、もちろん食道がんだけではありません。

 

まず身体に傷が残りますし、がんの種類や進行状況によっては、せっかく手術をしても「がん細胞を取り残す」可能性があります。

 

また手術や全身麻痺は患者さんの身体に大きな負担をかけ、体力を消耗させ、ストレスによって免疫力が低下するおそれがあります。

 

肺炎や出血、縫合(ほうごう)不全、肝臓・腎臓・心臓の障害、感染症などといった合併症や、後遺症のリスクも避けられません。

 

たとえば胃がんで、胃の切除手術を受けた患者さんの15から30%に「ダンピング症候群」がみられます。

 

これは、胃が小さくなったり、胃液の分泌量が低下したりするために起こるもので、食べ物の一部が急速に小腸に流れ込むため、

冷や汗や動悸、腹痛、嘔吐などが起こったり、

 

炭水化物が腸管から吸収されるため、血糖値が急激に上下し、頭痛や倦怠感などが起こったりするというものです。

 

主治医に外科手術をすすめられたからといって、それが決してオンリーワンの、もしくはベストの治療法であるとは限りません。

 

しかしその事実を、残念ながら、多くの患者さんは知らないのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放