唾液の効果・効能                        宮本知明


食べるもの、口に入るもの、肌につけるものには敏感な方も増えつつありますが、口の中の状態について意識したことはありますでしょうか

普段意識することのない「口の中の唾液」。おろそかになりがちなのでは

 

しかし、この天然の唾液には、実はあらゆるよい効果があることがわかっています。

 

今の口の中の状態を知る。

 

これ1つでも付いたら唾液がしっかりと出ていない可能性があります。

これから、唾液が私たちにどんなことをしてくれているのかお伝えいたします。

 

 

⬜︎歯肉が腫れている、歯肉から出血がある

⬜︎歯肉、舌がかゆい

⬜︎口内炎がよくできる

⬜︎滑舌が悪い

⬜︎水分を奪われる食べ物が飲み込みにくい

⬜︎唇が渇く、出血する

⬜︎口の中が乾燥する

⬜︎急に虫歯になる

⬜︎ほっぺたをよく噛む

⬜︎舌に痛みを感じることがある

 

唾液について

サラサラ・ネバネバ2種類の唾液

サラサラした唾液じゃないといい効果をもたらしてくれない!

 

私たちの唾液には2種類ございます。1つは「サラサラ」した唾液、もう1つは「ネバネバ」した唾液です。

まず、「サラサラ」した唾液は、自律神経の副交感神経が優位な状態、リラックスしているときにで出る唾液です。

 

主に耳の下の周りに耳下腺から分泌されます。

 

もう1つの「ネバネバ」した唾液は、交感神経が優位な状態、緊張しているときに出る唾液です。

皆さんも緊張したときに口の中が「ベタベタ」した感じを経験されていると思います。

 

主に舌の前歯の辺りにある舌下腺から分泌されます。また、耳の下の顎の骨の周辺の顎下腺は、両方分泌できます。

この2種類の唾液がありますが、一番良い唾液は「サラサラ」した唾液になります。

 

「サラサラ」した唾液でないと私たち良い効果をもたらしてくれないのです。

 

唾液の役割

溶解作用

ごはんを噛み続けると次第に甘みが出てくる経験を昔された方もいるのではないでしょうか。

唾液には消化酵素が含まれています。そのため消化器官は口の中から始まっていることを、知らない方も多々いらっしゃいます。

 

でんぷんを分解する「アミラーゼ」、脂質を分解する「リパーゼ」、活性酸素を除去する「ぺルオキシダーゼ」、糖を分解する「プロチアリン」が含まれています。これによって、分解されて味覚として感じやすくなるのです。

 

洗浄作用

唾液の水分で、食べかすや細菌を洗い流します。

昔の食べ物は、繊維質も多く自然そのままのものが多かったので、別に歯磨きをしなくても唾液で清潔に保たれていました。

しかし、 現在は軟らかい食事が多く、唾液だけでは洗浄されないのです。そのためにも歯磨きが大切になっていくのです。 

 

抗菌作用

怪我をしたときに「つばをつけておけば治る」なんて、昔聞いたことがある方もいるかもしれません。

唾液には、それほどの抗菌作用があります。

また「傷の舐め合い」という言葉も、実験でネズミに小さな傷をつけて、1匹で飼った時と、数匹同時に飼った時では、一緒に飼った方が治りが早かったという報告があります。

唾液で「傷の舐め合い」をすることで治癒力が高まったのです。

 

中和作用

口の中は元々pH7の中性の状態です。

私たちは食事をしたり、何かを飲んだりすることで口の中が酸性に傾き、歯はpH5.5以下で溶け始めます。

この酸性の状態が約20分続くと、元の中性に戻すのに1時間かかります。

 

保護作用

唾液は、歯の表面に皮膜を作ります。虫歯の原因であるミュータンス菌が入らないようにしてくれます。

人の歯の平均寿命は、上が62年、下が66年と言われています。

上下の歯に4年の差がある理由は、下の歯には「サラサラ」唾液を出す舌下腺が近くにあり、唾液に常に 触れている状態になっているからです。

唾液に触れていることは、歯を守ることにもなるのです。

 

円滑作用

唾液は、食べ物をうまく胃の方へ届けるための潤滑剤のような役割も果たしております。

何か食べ物を飲み込むときに水がほしくなる人は、だ液が十分に出ていないことを知らせています。

また、唾液が十分に出ていないと誤嚥になる危険性が高くなり、高齢者の誤嚥性肺炎で亡くなる方が多い理由も唾液が十分に出ていないことが原因なのです。

 

唾液の効果:唾液は天然の痩せ薬

「かむ」ことで、食べ過ぎ防止・消化にも負担をかけない!

唾液を出して食事をすることは、しっかりと消化をスタートさせるためのサインでもあります。

また、早食いをしてすぐに胃の方へ到達してしまうと、胃から後の臓器に口でできなかった消化を補う形になり、他の臓器に負担がかかるのです。

 

そうならないためには、唾液を出すためにしっかり噛む、正しい姿勢で食べる、ゆっくりゆったり楽しみながら食べる、水やお茶で食べ物を流し込むような食べ方をしないようにしましょう。

 

消化・吸収が確実に良くなり、血糖値が早く上がり満腹感を感じ、食べ過ぎなくなります。

栄養障害も我慢もない、お金も一切かからないで健康までもついてくる「唾液ダイエット」やってみましょう。

 

口の中がサラサラしていないと口臭もでやすくなる・・・

天然の口臭予防薬

口の中の「サラサラ唾液」が少なくなった状態のときに、口臭が出やすくなります。

その理由は、唾液によって口内最近の活動を弱めていたのが、乾燥することで活発化してきます。

特に嫌気性菌からの「揮発性硫黄化合物」が臭いの原因となります。

「サラサラ唾液」を出して、嫌気性菌からの臭いを防ぎましょう。 

 

天然の調味料

よく噛んで唾液と絡めることで、消化酵素の働きで味を感じるようにになります。

体のバランスが整っていれば、体がサインを出して、唾液を通して自分の体が今求めている味覚を教えてくれます。 東洋医学でも味が、それぞれに意味があり自分の体の状態を知るサインでもありますので、ほしい味の料理をいただいてみましょう。

 

天然の液体歯磨き粉

唾液には、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防にとても有効です。

歯医者さんにも起床時と寝る直前以外は、歯磨き粉を使わずに空磨きをする「唾液磨き」をされている方もいらっしゃいます。

特にお風呂での唾液磨きは、副交感神経が優位になりやすいため「サラサラ唾液」をたくさん出すことができます。

 

天然の入れ歯安定剤

唾液が入れ歯の潤滑油の役割をしており、痛みや小さな傷から守ってくれます。

入れ歯安定剤を使うよりも、しっかりと唾液が出ていることの方が安全ですよね。

 

天然の胃酸防御剤

唾液が十分に出ていないと、歯の保護作用が失われてしまい、逆流性食道炎のような胃酸が逆流したときに歯が溶けてしまう「酸蝕症」を防ぐことができなくなってしまいます。

 

天然のアンチエイジング剤

唾液には「パロチン」と呼ばれる成長ホルモンが含まれており、筋肉・内臓・骨・歯 などの生育を助けたり、発育を盛んにし若さを保つ役割があります。

また、唾液にはEGF(上皮成長因子)の働きで、体内外の傷の修復、新陳代謝亢進、NGF(神経成長因子)の働きで脳の活性化する効果もあります。若さを保つにも唾液は非常に大切なのです。

 

天然の認知症予防薬

上記しました唾液による脳の活性化に加えて、よく噛むことが脳への刺激にもなります。

ご長寿のお爺ちゃんお婆ちゃんが、口を良く動かして噛んでいることで、脳への刺激と唾液が出ることで認知症にならずに元気でいれるわけです。

「脳を鍛える」=「唾液を出す」 ことなのです。

 

天然の抗アレルギー薬

健康な口内環境の親のおしゃぶりを赤ちゃんに与える研究で、生後18ヶ月の幼児で、ぜん息の発症リスク9割、アトピー性皮膚炎のリスク6割減少した研究報告があります。

また、唾液が分泌されることで扁桃腺の白血球の仲間のT細胞の免疫過重労働を防ぐことができます。

唾液が少ないと唾液の防御能を補う分だけ働かないといけなくなるため、免疫が次第に乱れてきて免疫の暴走を起こしアレルギーとなるのです。 

 

天然のストレスバロメーター

ストレスが溜まり過ぎると唾液が出にくくなります。

それは、交感神経が優位になるからです。

また、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを排泄するのが涙と唾液なのです。

 

イライラしたときに泣くとスッキリするのもこの理由からです。

緊張したときは、口周りや耳の下をマッサージして唾液を出すことで緊張がほぐれていきます。

 

唾液を減らす悪習慣

 

⬜︎口呼吸

⬜︎運動しない、歩いたりしない

⬜︎前屈み、悪い姿勢

⬜︎いつもマイナス思考

⬜︎笑わない

⬜︎しゃべらない

⬜︎よく噛まない

⬜︎不規則な食生活

⬜︎暖房冷房の効いた部屋にずっといる

⬜︎湯船に浸からない

⬜︎軟らかいものばかり食べる

⬜︎薬をたくさん飲む

⬜︎アルコールの飲み過ぎ

⬜︎タバコを吸う

⬜︎パソコン、ゲーム、スマホの画面を見つづける

⬜︎暴飲暴食

⬜︎昼夜逆転生活

 

このような習慣をされている方は、今までの話を踏まえて悪い習慣をやめましょう。

口の中は、本当におろそかになりがちです。

しかし、私たちの体のサインを読み取るにはとても有効な場所です。

是非、唾液の持つ効果を実感していただけたらと思います。

 

 

唾液には、

●細菌の活動を抑えるpH緩衝作用

●歯の表面の保護と虫歯予防(再石灰化)

●口のなかの清潔を保持する自浄作用

 

があり、食事によって、口のなかが酸性に傾き、エナメル質が溶けやすい状態になっている環境を緩和する働きがあるのです。

 

また、

●排泄・毒物希釈作用

●病気に打ち勝つ免疫作用

●会話をスムーズにして、咀嚼効率を上げる

 

といった、あなたの健康を維持する働きがあります。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放