味噌は高血圧を改善                       吉冨 信長


大豆の利点はさまざまありますが、なんといっても多く言われているのは高血圧の改善です。

たとえばラット実験では、同じ食塩量を摂取しても、味噌を食べていたグループとそうでないグループでは、血圧の差が10mmHgあり、味噌を食べていたグループでは高血圧を抑制していました(Nutrition 2012;28(9):924-931)。

 

味噌には血圧を下げる成分、そして腎臓から塩分を排出しやすくする成分が含まれています。

もともと、飢餓とともに生活をしていた数百万年前の私たちの祖先の体には塩分を体内にとどめておく仕組みが必要で、そこでレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系という、生体に塩分を保持し血圧をあげて生命を維持するシステムを発達させてきました。

 

しかし、飽食時代となり、とりわけ塩分過多となった現代の食生活では、むしろこのレニン系がかえって引き金となり、動脈硬化や腎障害を増強することとなったため、この仕組みを抑制しておくことがポイントとなります。

 

そして、味噌に含まれる「ニコチアナミン」という成分がこのレニン系の亢進を抑え、血圧を低下させることがわかっています。

さらに、味噌には交感神経が高まるのを抑える成分があります。

また、これとは逆に交感神経のドーパミンを介して腎臓から尿へナトリウムの排泄を高める働きもあります(Clin Exp Hypertens. 2014;36(5):359-66)。

 

今年(2017年)も味噌の研究報告がたくさんありましたが、中でも味噌の習慣摂取が自律神経を改善するという発表です。

一般に、心拍数は自律神経の状態を表すマーカーと言われ、心拍数の増加は交感神経活動が有意になったときを示します。

健康診断に来院した50?81歳の計527人の被験者を対照にした調査では、味噌汁の摂取頻度が高い人は心拍数が低く、味噌汁の摂取頻度が低い人は心拍数が高い傾向にありました。

 

味噌にはこのように交換神経を抑制する効果があります。

ちなみに、味噌を多く飲むほど塩分摂取が多くなりますが、それでも血圧が高いということはありませんでした(Intern Med. 2017 Jan 1; 56(1): 23-29.)。

 

国や高血圧学会は減塩キャンペーンを繰り広げたために、味噌もその対象となってしまいました。

しかし、食塩と血圧を考えるときに重要なことは、食塩量だけを見て判断することでなくは、総合的な栄養摂取から判断することです。

野菜や大豆の習慣的な摂取は血圧を正常化させます。

 

日本国内の大規模調査では、味噌汁を1杯飲もうと3杯飲もうと、血圧の収縮期も拡張期もどちらも差はありませんでした。

むしろ、たくさん飲むほど血圧は低下する(正常化する)という疫学結果もあります。

 

つまり、塩そのものを摂ることと、味噌からその塩と同量の分を摂ることは全く別の話になります。

 

味噌は高血圧を改善する可能性の高いもののひとつで、大事なことは少量でいいので習慣化することです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放