化粧品は石油精製物質                      内海 聡


化粧品の多くは石油精製物質なので身体に悪いことを留意する必要があります。

逆にいえば化粧品の選び方で女性は美しくなれたり、健康になる要素が高まります。

 

その時に重要なのはどのような化粧品を選ぶかということになるでしょう。

すくなくとも安くて大量生産のもの、少々高くても大手のものを買っている限り、なかなかきれいで健康になるというのは難しいかもしれません。

 

クレンジングや洗顔でも洗い落とせばいいというものではなく、皮膚の油を落とすことは「バリアゾーン」を破壊するので危険です。

日焼け止めなども選び方が重要で、紫外線をカットするために吸収剤を使用していますが、これも紫外線はカットしますが肌にとっては有害です。

防腐剤なども強い殺菌力を持っている一方で、強い化学物質でもありますから、余計に肌荒れを起こすことが多いです。

防腐剤としてはパラベンなどが有名です。

 

合成界面活性剤もよく悪いものとしてあげられています。

水と油を混ぜ合わせるために使われますが、肌の水と油のバリアをこちらも壊します。

だから使うならまだ純石けんの方がよく、純石けんには脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムを使うものがあり、洗浄力は脂肪酸ナトリウムが優れているとよく言われます。

しかしたとえ純石けんであっても、使い過ぎは皮膚の油のバランスを崩してしまうので要注意です。

 

色素も注意が必要です。

なんといっても化粧品はいろんな色を使っているのが特徴ですが、ほとんどはタール色素です。

赤色何号とか黄色何号というのは、合成タール色素で海外の食品には入れることが出来ない危険な物質です。

色を楽しむことまで悪いとは言いませんが、こういう色素を使っている化粧品ではなく、天然色素を使っている化粧品を選ぶことが重要でしょう。

 

香料も同様にアロマエキスなどを使ったものを選ぶといいでしょう。

化粧品とは少し異なりますが、洗うとき、洗濯するときなどに重曹、クエン酸、お酢などをうまく使うことで環境汚染の軽減にも役立ちますし、化学物質による肌荒れや老化の軽減にも役立ちます。

 

ただお酢はあまり洗濯にはむいていないので、用途については自分で勉強の上使ってください。

酢を薄めて弱酸にしてリンスに使う人もいるようですね。

 

本物の椿油は使ってみるとほんの少しだけでも髪に潤いが出ます。

もちろん某社のTSUBAKIは猛毒なので材料を見ましょう♪。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放