化学物質                             中山栄基


化学、いわゆる化け学によって同じものが大量に作られたのが化学物質ですから

 

----------------もともと地球上に存在しなかった----------------------

 

人間の頭脳を使って作られたものですから、地球誕生の歴史から比べれば、瞬きをするほどの短い時間(数千年程度)のなかで、とてつもない種類(何百万種)と量の化学物質が作られ、地球上いたるところで利用されています。

中学の理科でもうこれ以上小さくすることの出来ないものが元素で120ほどあり、人間も動物も植物も土も、石も水もさまざまな物質はこの元素の集合したもので成り立っていると習いました。

水素とか酸素、窒素、炭素、ナトリウム、カルシウム等々が示された周期律表を覚えさせられたと思います。

 

例えば、自然界から摂取した塩は岩塩であれ、海水塩であれ、塩素とナトリウムの2つの元素の他に地球上に存在する元素の多くを含有しています。 ところが、化け学の力で作った塩は、「塩素」と「ナトリウム」の2つの元素だけです。

 

 

化学物質-----------------同一規格物質を大量に作れる。

 

自然界の物質-------------同じ物は存在しない。

 

 

例えば、西洋医学品は寸分たがわず、同じ物を大量に製造している。しかし、動植物、鉱石などを原料としている漢方医学は寸分たがわない物は絶対に作れない。

本来、人間は同一規格の物質、つまり化学物質を体内に取り入れる習慣はなかった。

だが、現代人はその習慣を完全に捨て去って、同一規格の医薬品、食物添加物、農薬、化学肥料をありがたがって毎日摂取している。

 

現代人は化学物質という化け学に

【化学物質は便利で快適で、健康的な生活を約束しますよ、いいですよ!!】

と、まさに化かされています。

 

私は早く、この化学物質の化けの皮をはがして、

 

【化学物質は狼のように凶暴なものだということ】

 

を示していきたいと思います。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放