副腎                         トンプソン 真理子


副腎は腎臓の上にある、ピラミッド型の臓器で、ストレスを打ち消すホルモンを分泌しています。

副腎が疲れてくると、このホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗できなくなり、疲労やうつ症状が出てきます。

これを副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)といいます。

 

副腎疲労の原因として、次ののことが考えられます。

理由① 度重なるストレス

   1)人間はストレスを脳で感じます。

   2)すると脳から副腎刺激ホルモンがでます。

   3)副腎は刺激を受けて抗ストレスホルモンを出します。

   それによりストレスが緩和されるのです。

 

しかし、ストレスが毎日続き、それに不規則な食生活など栄養障害が加わると、副腎は簡単に疲れてしまいます。

すると、満足な抗ストレスホルモンが出なくなり、ストレスに対抗できなくなってしまいます。

 

理由② 24時間続くストレス

副腎の抗ストレスホルモン、コルチゾールは朝8時に最も多く出ます。

1日を元気にはじめるためです。夕方になると分泌量は減少し、夜はほとんど休んでいます。

これを、ホルモンの日内変動といいます。

 

しかし、インターネットの発達した現代人は24時間休む暇がありません。

昼も夜も働いている人、ストレスがかかっている人は体の恒常性を保つために副腎が休みなしに働いています。

これでは、副腎が休む暇がありません。

持続するストレスに加えて栄養不足などが重なると、副腎は通常の機能を失い、体のバランスを維持することができなくなります。

副腎は連続した疲労により比較的簡単に機能低下を起こします。

 

理由③ 栄養バランスが悪い食事

副腎疲労に特に関わるのはビタミンCとビタミンB群です。

血中を1とすると、脳は血液中の20倍、白血球は80倍、副腎には150倍の濃度のビタミンCが含まれています。

ビタミンCが多く含まれる臓器はそれだけビタミンCが必要であることを示しています。

 

だから、ビタミンC不足になると、脳の機能が低下する事が予想されます。

また、白血球中のビタミンC濃度が高いのも有名です。ビタミンCは白血球の遊走性を高め、免疫力をあげる効果があります。

 

しかし、体内でビタミンC濃度が一番高いのは副腎(血中濃度の150倍)です。

つまり、「ビタミンCは副腎ホルモンの産生に不可欠であり、ビタミンCの不足は副腎機能の低下をひき起こす」のです。

ストレスなどで副腎を酷使しているときや、感染があるときはビタミンCの需要は高まっています。

 

理由④ 様々なストレス

人はみんな自然治癒力を持っており、副腎はストレスをなくして栄養を与えれば、ひとりでに治っていきます。

副腎疲労の治りが悪い場合は、「副腎にストレスを与え続けている原因」が必ずあります。

それを探し出して対処することが、副腎疲労回復のコツです。

 

副腎疲労の治療には、体と心のストレスを減らすこと、毒素を排除すること、ネガティブな考えを避けること、そして体に、良い食べ物とポジティブな考えを入れてやることが挙げられます。

それらを大まかに3つのステップに分けて説明していきます。

1.副腎疲労ダイエット

副腎の回復のどのようなケースでも、食事は非常に大きな要因を占めます。

副腎機能をサポートしてくれる食品は数多くありまして、それらは副腎にエネルギーを補充してくれるので、体は健康な状態にまた戻ることができます。

しかし、まずその前に自分の環境から消化に悪い食べ物や、毒素・化学物質を取り除くことを忘れてはなりません。

要は、自分の副腎に負担をかけるものはすべて排除していくということです。

 

避けるべき食品は:

・カフェイン: これは睡眠サイクルの邪魔をし、副腎が回復するのを難しくしてしまいます。

  もしコーヒーやカフェインの入ったドリンクを飲まなくてはいけないのなら、正午前の午前中に量を限定して摂ってください。

  (カフェインは摂ってから12時間体に作用するため)

 

・砂糖や甘味料: これは、異性化糖(一般にブドウ糖果糖液糖と言われるもの)や人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース)も含まれます。

 甘い食べものや、シリアル、キャンディ、お菓子、など。 

 砂糖は多くのパンやソース、ドレッシングにも含まれることも覚えておいてください。

 余分な砂糖をできるだけ摂らないようにしましょう。代替えとして生はちみつやステビアの利用は良いです。

 

・加工食品、電子レンジ食品: ほとんどの加工食品や電子レンジでチンしたらいいだけの食品は、消化が悪かったり体のエネルギーや消化サイクルを消耗させる添加物やかさましするものが多く入っています。

 スーパーの一番外側の陳列棚でものを買うようにして(内側の棚には概して加工食品が置いてあるから)、またできるだけ自炊するようにしましょう。

 

・水素添加された油:大豆油、キャノーラ油、コーン油は非常に炎症を起こしやすく、副腎の炎症にもつながります。

 ココナッツオイル、オリーブオイル(ともにエキストラバージンのもの)、オーガニックのバターのような良い油だけを使うようにしましょう。

 

次に、栄養のぎっしり入った食品、しかも消化しやすく癒す性質を持った食品を摂っていきます。

副腎の健康によいスーパーフードは以下のようなものになります。

● ココナッツ食品(ココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツフレークなど)(=よい油)

● オリーブ(=よい油)

● アボカド(=よい油)

● アブラナ科の野菜(カリフラワー、ブロッコリ、芽キャベツ、キャベツ、ホウレンソウ、ケール、その他「○○菜」とつくもの)

● 油の多い魚(天然鮭、サバ、サンマなど)(=よい油とたんぱく質) 

● オーガニック鶏肉やグラスフェッドビーフ (=よい油とたんぱく質)

● クルミやアーモンドのようなナッツ類(=よい油)

● カボチャの種やチアシード、フラックスシードのような種子類(=よい油)

●  ワカメや海藻類(ヨードが豊富なため)

●  海塩(特にケルティックやヒマラヤン海塩) 

●  レモンジュースやりんご酢(副腎が疲労すると酸の消費が甚だしいので体のpHを戻すため)

 

これらの食品には、どれも栄養豊富で糖質が低く、体に良い油と食物繊維が入っているので、副腎不全を克服するのを助けます。

 

2.副腎疲労サプリメント

副腎疲労を克服するもう一つの大きなカギは、正しいサプリメントを摂ることです。

体を治すには、正しい食事をすることが大切ですが、土壌の消耗(同じ土地での農業のし過ぎや不健康な農法からくる)により、果物や野菜の多くは50年前と比べて栄養価がずっと低くなっています。農薬問題もあります。

それゆえ、副腎機能を取り戻すためには副腎の底上げをサポートしてくれる栄養が特に必要となってくるのです。

それらは:

・アシュワガンダ 

・トゥルシー または ホーリーバジル (Tulsi or Holy basil) 

・甘草の根 (Licorice root) 

 (以上の3つが「ストレスへの適応力を高める効能がある」ハーブ、そのうちもっとも強力なのがアシュワガンダ)

・フィッシュオイル(EPA/DHA)

・マグネシウム

・ビタミンB群(特にビタミンBとビタミンB)

・ビタミンC

・ ビタミンD

・亜鉛

・セレン(抗酸化物質として働くミネラルで副腎をサポートする)

もちろん、これらの栄養素を全体食として丸ごと摂ってやることは副腎不全という症状にとって大きな助けになります。

 

3.副腎疲労のストレス軽減

最後になりましたが、副腎機能を回復するための最も大切なカギは、あなたの心と現在のストレスに耳を傾けてやることです。

体の言うことを聞いてあげてください!

1) 疲れを感じたらできるだけ休むようにする

2) 毎晩8~10時間は寝ましょう

3) 遅くまで起きていることは避けて、規則正しい睡眠サイクルを保ちましょう――理想的には10時前にはベッドに入る

4) 毎日笑い、何か楽しいことをする

5) 仕事とそれに付随したストレスを最小限にする

6) カフェインと砂糖依存を減らしましょう

7) 運動をする(軽いエクササイズや歩くだけでも効果があります)

8) 否定的な人やセルフ・トーク(ネガティブな心のつぶやき)を避ける 

9) 自分のために時間をとる(何かリラックスできることをする)

10)心的外傷の出来るような経験にはカウンセリングか誰かにサポートを求める

 

まず、自分の中で何がストレス要因となっているかを自覚することが大切です。

紙に、自分がストレスだと思っていることを「全部」書き出してみてください。

それは会社の上司かもしれないし、配偶者が自分に言ったことかもしれません、自分のスケジュールの中の何かかもしれません。

 

自分の心と向き合って、ストレス原因を見つけ出すこと、それからそれらをなんとか改善する方法を探します。

もちろん、それらのストレスを全部なくすことはできませんが、例えば100%あったストレスが50%にすることができたとしたら、それだけで副腎の負担は減ります。

それと、セルフ・トーク(ネガティブな心のつぶやき)についてちょっと話します。

私たちの体には、もともと自分を癒そうとする自然治癒力があります。

しかし、私たちが発する言葉には体にとってものすごいインパクトがあり、その治癒力にも影響してしまいます。

 

あなたがどんな食餌法をしていようがサプリメントを摂っていようが、あなたが自分自身に始終自分はバカだ無能だ、とクソみそに言っているなら、それらの努力も台無しになります。

それはまるで穴の開いたザルのように・・。 

ですから、自分に優しくなりましょう。自分自身や他の人にマイナスなことを言うのはやめましょう。

大切なのはポジティブな人といること、自分自身についてもポジティブでいることです。

 

【 副腎不全の回復期間 】

副腎疲労への回復にはしばらく時間がかかります。

結局、自分の副腎が消耗するのに何か月、あるいは何年もかかったのですから、また力を取り戻すのもある程度時間がかかることを覚悟しておいてください。

副腎の完全な回復までの時間は、以下のようになります:

・軽い副腎疲労 ―― 6~9か月

・中程度の副腎疲労 ―― 12~18か月

・重度の副腎疲労 ―― 24か月 

 

最もよいのは、結果が長続きするために自分のライフスタイルを一時的ではなく、長い目で見て堅固に変えることです。

あなたが健康的な眠り、食事、運動、楽しみ、ポジティブな環境というようなバランスの取れたライフスタイルを目指すなら、あなたの副腎はそれに応えてしっかりとその機能を果たしていってくれることでしょう!

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放