免疫力を高める「胸腺マッサージ」


人間の体には、両肺の中央と心臓の上辺りに「胸腺」という臓器が存在します。

この臓器は、骨髄で作られた免疫細胞のリンパ球を成熟、増殖させ、働きを強化する機能を担っています。

 

ただ、胸腺は15歳くらいで成長を止め、そこからだんだんと衰えて青年期に入ると萎縮を始め、50歳をすぎる頃にはその機能は半分程度にまで下がってしまいます。

そこで、この胸腺を刺激して働きを促してあげると、免疫力の向上に高い効果を発揮します。

方法は簡単。胸腺をマッサージするだけです。

 

乳房の周りを円を描くようにして縦、横、上下、左右に何回も優しくさすります。

これだけで萎縮しかけた胸腺が活発化し、リンパ球に力を与えて免疫力を高めてくれます。

 

回数は何回でも良いので、空いた時間に胸腺マッサージを実行してみてください。

テレビを見ながらでも、仕事や家事の合間でも簡単に行うことができるので気が付いたときに胸の周りをさするようにすると免疫力が高まって細菌やウイルスに対する抵抗力が上がり、病気にかかりにくい体作りに役立ちます。

 

また、胸腺を刺激する簡単なエクササイズもあります。

布団やマットレスの上で膝立ちになり、背筋を伸ばします。

 

頭の後ろで両手の指を上下に組み合わせ、肘を少しずつ後ろに持っていって肩甲骨を近づける感じで胸を開いていきます。

少しの間そのまま動きを止め、そしてゆっくりと力を抜きます。

 

この動作を、深い呼吸をしながら5回ほど繰り返すことで胸腺の萎縮を食い止め、リンパ球を増やすことができます。

 

胸腺は敏感な臓器で、加齢だけでなくストレスや疲れによっても萎縮が進んでしまいます。

日頃から意識して無理をせずストレスを溜めないような生活を送り、胸腺マッサージを行って免疫力を向上させましょう。

 

 

皮膚にある角質や粘膜は、皮膚を通して、細菌や有害な化学物質が体内に侵入しようとした時に、それを阻止する働きをします。

また、食べ物や呼吸によって体内に侵入した細菌や有害な化学物質は、マクロファージ、T細胞などの白血球によって、廃除され、再度侵入された時の為に抗体が作られます。

白血球には、侵入した細菌を処理する好日球、侵入した細菌などの情報をTリンパ球に伝えるマクロファージ、細菌やがん細胞を破壊するNK細胞、侵入してきた細菌に対する抗体をつくるBリンパ球、そして、Tリンパ球があります。

Tリンパ球は、最も優れた白血球で、細菌の侵入を伝達し、Bリンパ球の働きを活性化して抗体を作らせ、がん細胞や感染細胞などの変異した細胞をキラーT細胞に破壊させるなど、免疫力を働かせる指揮官のような働きをしています。

 

このTリンパ球は、骨髄の中の胸腺で育てられます。

胸腺は、T細胞の学校のようなもので、免疫力を作り出す場所です。

造血幹細胞で作りだされた前駆細胞は、胸腺支持細胞に助けられながら、胸腺で増殖と分化を繰り返して成長しT細胞になります。

従って、胸腺の中には、育成中のT細胞と、成長したT細胞が存在することになりますが、これらはすべて胸腺リンパ球で、自己反応性の胸腺リンパ球は排除され、胸腺内で再構成され、選ばれた胸腺リンパ球は胸腺から出ていき、体循環系で、Tリンパ球となります。

 

完成したTリンパ球は、ウィルス感染した細胞やがん細胞を殺すキラーT細胞、免疫反応を抑制し、終わらせるサプレッサーT細胞、キラーT細胞やサプレッサー細胞を調整する制御性T細胞、外部から侵入してきた最近についての情報を伝達するヘルパーT細胞に分化し、免疫の力となって働きます。

このようにして、T細胞が作られても、ストレスが多い生活や、不規則な生活、偏った食生活を続けていると、免疫力は低下してしまい、病気になりやすくなります。

正しい生活習慣と食生活をこころがけ、免疫力が下がらないようにしましょう。

 

T細胞のもとになる細胞は、胎児の時には造血幹細胞が肝臓にあるので、肝臓で作られ、生まれてからは骨髄にある造血幹細胞で作られ、胸腺で教育され成長します。

そして、思春期を過ぎると、次第に小さくなり、成人する頃には脂肪組織に変わりますがT細胞を教育する場であることにかわりはありません。

そして、教育量に応じて、免疫力も上がっていきます。

 

様々なウィルスや細菌が、日々私たちの体内に入り込んできますが、免疫力によって、それらの悪影響を受けずに健康な状態を維持してすることができます。

怪我をした時に、悪化を防ぎ、治癒を促進するのも、免疫力の働きです。

また、がん細胞は、誰にでも毎日でき続けているものなのですが、T細胞が活発に働き、免疫力が高い状態であれば、キラーT細胞が破壊し続ける為、ガンは発症しません。

免疫力を高い状態に保つことは、老化を抑え、健康な状態を保つ為に、大事なことです。

 

その為に、自分でできることの中に、胸腺のマッサージがあります。

胸腺の周辺をマッサージすることで、体液の循環を促し、T細胞の分泌を増やすことができるからです。

また、血液の循環を良くしておくことも、胸腺の活性化に役立ちますので、血液がドロドロになるような食物の摂取を控え、喫煙をせず、身体を冷やさないようにして、循環しやすい血液にするよう心がけましょう。

また、胸腺は、ストレスに非常に弱いので、過剰なストレスがかかると縮んでしまいます。

ストレスがたまると、免疫力が下がるのは、このことも関係しているのです。

従って、胸腺を活性化させておくためには、ストレスを溜めこまないことが、非常に大事です。

 

 

 

胸腺のもっとも活躍する時期は10代後半といわれていますが、萎縮し老化した胸腺でもT細胞は生成され続けています。

その数は最盛期に比べ大幅に減ってしまいます。

 

また、抗癌剤はT細胞をほぼ全滅させてしまいます。

抗癌剤の威力はガンの腫瘍細胞だけでなく、正常に分裂、増殖しているT細胞の機能を低下させてしまい、終いにはほぼ全滅にまで至ってしまうのです。

一度全滅してしまった場合、以前の機能まで戻るというのは難しいことのようです。

そして、日常のストレスでもT細胞の生成に影響を受けます。

程度は軽いですが、ストレスを受けるとT細胞の生成が低下します。

そのため、ある程度の年齢になると胸腺が萎縮しT細胞の生成が低くなってきているので、年を重ねたらあまり無理をせずにストレスを受けないようにするのが一番安全とされます。

 

胸腺は生命維持装置!

胸腺は免疫機能を司る臓器ということが明らかになってきていますが、たいていの動物の胸腺はある一定の年齢まで成長を続けた後、萎縮を続け、しまいには痕跡程度にまで萎縮してしまう不思議な臓器です。

 

免疫機能というのは、生命維持にとって非常に重要な役割をしています。

そのため、一生胸腺機能が損なわれることなく免疫機能が維持されることが望ましいと思われます。

胸腺の機能から考えて、免疫機能は40歳代になるとピークの半分にまで低下します。

抗生物質などない環境では、ヒトは40~50歳代で感染症などにかかり、

寿命が尽きるように設計されていると考えられます。

 

高齢者に多い死因のひとつとして、肺炎があげられます。

10代や20代の若い世代が肺炎にかかったとしても、正しい処置をすればかなりの確率で治ります。

しかし、それが80代や90代の世代の方となると命を落としてしまうという可能性が高くなります。

その原因のひとつとして、胸腺機能の低下があげられます。

 

10代や20代の胸腺と80代や90代の胸腺を比べると、その大きさは半分以下になっています。

その分胸腺機能が低下しているため、免疫機能が低下し、若い世代では簡単に治る病気で高齢者は命を落としてしまうのです。

 

 

 

 

胸腺マッサージ       橋爪 形以子

 

免疫を活性化

私達の免疫は年をとればとる程弱っちくなってくんだよね

 知ってた

免疫細胞をつくり出す最も重要な部分が胸腺なんだって

胸腺は胸骨の裏側心臓の上前部にあります

胸腺は握りこぶし大の臓器で幼児期の頃から体の免疫を担う臓器として「Tリンパ球」をせっせと作ってくれてる

残念な事に胸腺は成長とともに委縮してね…80歳頃には1番働いてくれていた頃より大きさもパワーも半分以下になってしまうんだよね

 

胸腺はとってもデリケート

ストレスに弱くストレスが長く続くと萎縮したままになって免疫力を一気に低下させます

 

 

マッサージの方法は簡単です

乳房の周りを円を描くように優しくさすります

縦・横・上下・左右 何度もさするようにマッサージします

胸腺マッサージはテレビを見ながらでも…お風呂の中でもどこでも出来ます

 

時間があれば胸の周りを優しくさする

そうすればね免疫力も高まり細菌やウイルスに対する抵抗力が出来てくるからね

ほかにもね背筋を伸ばし肩甲骨を近づけるように胸を反らせ数秒間止める

 

 

疾患の部位や…いろいろな事情で胸腺マッサージが出来ない人は鎖骨の辺りを優しくマッサージする事もおすすめです

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放