低体温の原因と改善法                     子育ての達人


低体温の人が現在急増しています。

低体温とは、体温が36.5度未満の人で、36度未満は要注意です。 

 

低体温は様々な不調や病気を招く危険な状態ですが、多くの人にそのような自覚はないようです。

体温が低いぐらいどうってことないと、低体温を放置している人がほとんどです。

「いつも35度台で体温が低い」と自慢するかのように話す人まで見かけます。 

 

今回は、低体温の原因、改善法などについて詳しく解説していきます。

これを機に低体温が改善できることを心より願っています。

 

 

低体温の現代人

低体温の人が増えています。

後ほど詳しくご説明しますが、36.5度~37度(新生児~小学生は36.5度~37.5度)が日本人のベストな体温(平熱)です。

36.5度未満の人は低体温です(体温の正しい測り方は後述)。

体温が低いというと、女性と思われがちですが、男性や子供にも多く見られます。 

 

日本人の体温はどのくらいなのでしょうか

2015年10月11月に、女性(20歳代~50歳代)900人、男性(20歳代~50歳代)319人、子供(3歳~12歳)1128人に実施した調査では、

・36.5度未満の割合は、女性:76.2%、男性:62.4%、子供:53.3%

・36度未満の割合は、女性:31.4%、男性:24.8%、子供:9.6%

という結果になっています。

 

 

上記は回答形式の調査のため、その場で実際測定したわけではありません。

子供に関しては、実際その場で測定した調査も存在します。

2012年4月に、子供(4歳~10歳)400人に実施した調査(13:00~17:00に実際測定)では、36度未満が18%という結果が出ています。

 

 

このように女性に限らず、男性や子供でも体温が低い人が増えており、35度台の人も結構多いのが現状です。

体温は個人差がありますが、35度台が平熱というのは普通ではありません。

本来は、35度台になると寒くて、熱を発生させるために震えてきます。

 

体温 身体の状態

36.5~37.0度 健康

36.0度 熱を発生させるために震える

35.5度 排泄障害、アレルギーが発生

35.0度 癌細胞が活性化

34.0度 溺れた人が蘇生できるか五分五分

33.0度 凍死寸前、幻覚が現れる

30.0度 意識不明

29.0度 瞳孔拡大

27.0度以下 死体 

 

ちなみに50~60年前の日本人の平均体温は、大人が約36.8度、子供が約37.0度で、ベストな体温でした。

 

体温(平熱)の正しい測り方

① 10時に測る

体温は、3時~5時が最も低く、15時~17時が最も高くなるため、中間体温となる10時に測定するのがベストです。

 

 

② 脇の下で測る

医学的には直腸温(肛門)、舌下温(口)、腋窩温(脇の下)、鼓膜温(耳)などがありますが、日本で一番スタンダードなのは脇の下で測定です。

上記のベスト体温や調査も脇の下での測定です。

 36.5度未満の人は低体温と自覚してください。

35度台の人は特に要注意です。(低体温の改善法は後述します)

※ここでの体温、体温の測り方は「平熱」を指します。基礎体温、基礎体温の測り方とは違いますので注意ください。

 

 

低体温のデメリット!体温が低いとどうなるの

低体温を放っておくと、身体に不具合(ちょっとした不調~様々な病気まで)を発生させてしまいます。

ありとあらゆる不調や病気の原因に低体温が関係していると考えられているため、全て挙げるとキリがないですが、体温が低いと起こる症状について一部挙げてみましょう。 

 

感染症、アレルギー性疾患、免疫異常の病気になりやすくなる

体温が1度上がると免疫力※1は5~6倍(500~600%)になることが分かっています。

免疫力が落ちると、風邪、肺炎、気管支炎、胆のう炎、膀胱炎などの感染症にかかりやすくなります。

また、喘息、アトピーなどのアレルギー性疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病などの免疫異常の病気にもかかりやすくなります。

癌細胞も活性化するため、癌の発生率も増加します。

※1:免疫力にはいろいろな定義がありますが、ここで言う免疫力とは「白血球の働き」のことです。

白血球は様々な免疫細胞からなり、病原体などから身体を守るべく血液を通じて全身を常にパトロールしています。

 

 

血行不良、血栓症の病気になりやすくなる

体温が低いと、血管を収縮させて血流を減少させ、身体の熱の放散を防ぎます。

従って、血行は悪くなり、血圧が上昇します。

この状態が続くと血管が詰まりやすくなるため、心筋梗塞、脳梗塞などの血栓症のリスクが上がります。

 

 

代謝異常から派生する病気になりやすくなる

体温が低いと、血液内のエネルギー源(糖分、脂肪など)の燃焼、老廃物(尿酸、ピルビン酸など)の燃焼、排泄が悪くなります。

その結果、高血糖(糖尿病)、高脂血症、高尿酸血症(痛風)などの病気を引き起こしやすくなります。

 

 

うつになりやすい可能性

うつ病などの精神疾患は、体温や気温が低いと増加するのが分かっています。

実際、うつ病の人たちの多くは、気温・体温の低い午前中は調子が悪く、気温・体温が上がってくる午後になると調子が良くなります。

このような事実から「低体温」と「うつ」は密接な関連があると考えられています。

※ただし、「低体温なのでうつ病になるのか」、「うつ病だから低体温になるのか」といったところ(メカニズム)は解明されていません。

 

 

不調が出てくる

体温が低いと、上記の通り免疫力低下、血行不良、代謝異常などが起こるため、乾燥肌・肌荒れ、便秘、肩こり・腰痛などの慢性痛、肥満、老化、疲労・疲れやすい、倦怠感(だるさ)、めまい・立ちくらみ、頭痛、・・・といった不調が出てきます。

乾燥肌、便秘、肩こりなど、「そういう体質」と諦めていた人も低体温が原因かもしれません。

 

 

言うまでもなく、体温を上げると上記の逆が起こりやすくなりますので、健康度が高まります。

 

 

体温の決まり方とベストな体温

なぜ低体温になるのかを見ていくために、そもそも体温がどのように決まっているのかといったメカニズムをご説明します。

「体内で生成される熱」と「外部に放散される熱」の均衡する点(バランスの取れるところ)が、体温となります。

物が動くと熱が発生するように、内蔵や筋肉が働くと熱が生成されます。

内臓や筋肉は常に働いていますので、体内では常に熱が生成されています。

安静にしている状態では以下の割合で熱が生成されています。

 

・全身の筋肉:22%

・肝臓:20%

・脳:18%

・心臓:11%

・腎臓:7%

・皮膚:5%

・その他:17%

 

安静状態では上記の通りですが、肉体労働や運動などで身体を動かすと、筋肉の熱生成は最大で80%近くまでなります。 

 

熱の放散は、

・皮膚からの放散(空気への伝導)

・肺及び皮膚からの水分蒸散

・呼吸による排泄

・屎尿の排泄

・食物、呼気を温める

 

などによって行われますが、皮膚からの放散が全体の70%以上を占めます。 

 

上記の熱の生成機能、熱の放散機能のどちらかもしくは両方がうまく働かず、その状態が継続すると、慢性的に平熱が低い状態「低体温」に陥ります。