リビング ウィズ キャンサー                 アキよしかわ


がんになった後、アキさんの中で優先順位が変わった。

競争に勝つことへの興味はなくなった。

お金にも執着しなくなった。

若い人を育てることへの関心が高まった。

 

「あと、肉を食べるのをやめたのです。

ひとつはゲンかつぎかなあ。

それ以上に、動物を食べたくなくなった。

牛とか馬とか豚とか、生命を奪いたくない。

何も食べないわけにはいかないので、チキンと魚ぐらいは良しとしていますが」

 

 がんサバイバー特有の孤独感は、今なお、アキさんを包んでくる。

それを押し戻すかのように、朝晩に海岸を散歩する。

「子どものころに海辺に住んでいたことがあるんです。

波の音を聞くと安らぎます。

霧笛を聞くと、自分が始まったところに戻ってくるような気がします。

同時に、人間的に成長しないまま生きてきたなあ、と思ったりもしますが」

 

「お任せ医療」からの脱却だ。

誰もが確定申告をする米国では、納税者意識が高い。

医療に対しても同じだという。

「患者が自分で決めて、選択に責任を持つという姿勢が重要です。

がん医療は日進月歩で、歴史を振り返っても、最善だと思われた医療が覆っています。

だからこそ、患者は『任せきり』にせず、正しい情報を武器に、がんに立ち向かってほしい」

 

日本人はどうしても医師に遠慮して、聞きたいことも聞けずに診察を終えてしまうケースも少なくない。

しかし、ほかならぬ自分の命をめぐる話なのである。

 

患者が正念場に立つのは、実は、治療中だけではない。

治療中は患者も戦闘モードに入っているし、周囲や医療者もそれに応えてくれる。

ところがその後は、いったん日常生活に放り出されてしまう。

アキさんは、むしろ一連の治療が終わった後のほうが厳しかったという。

 

「身の置き所のない不安感というか孤独感に襲われて、一番つらい時期でした。

患者は、がんを忘れることはありません。

リビングウィズキャンサー。

がんと共に生きる、という感じでしょうか。

 

お腹が痛いと、ひょっとしたら再発かな、と思ってしまう。

検査で『肺に影があるかもしれない』と言われると、マティーニ6杯も飲まないと落ち着かない」

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放