ファスティング明けはおかゆ                   吉冨 信長


数日断食(ファスティング)明けの最初の食事は、私はおかゆを勧めています。

どうしても、体や酵素の材料となるタンパク質が枯渇してしまっては大変だと思ってしまい、中には絶食後にお肉やお魚を先に意識して食べる人も多いことでしょう。

 

しかし、数日の絶食状態のあとにタンパク質を多めにとってしまうと、代謝の過程で、いつもより過剰なアンモニアが生成されてしまうのです。アンモニアは生体にとって毒性の強い副産物です。

本来、アンモニアはオルニチン回路により肝臓で尿素に変えられ、さらに腎臓のろ過装置によって最後は尿として排泄されます。

 

しかし、肝臓や腎臓での処理能は一定の限界があり、絶食後の高タンパクでは肝臓や腎臓がこの高アンモニア処理に追われ、大きな負担がかかり、いつの間にか不調を訴えることがあります。

さらに、余剰アンモニアが各組織に流れてしまうと、ミトコンドリア機能を弱める原因にもなってしまうのです。

※この話は、タンパク質とアミノ酸を長年研究している、とある先生からうかがった話です。

 

その点、おかゆなどの消化のいい糖質は窒素分が含まれないクリーンなエネルギー源となりますので、長期間の絶食後は、消化のいいおかゆを食べて、少しずつ体力を取り戻してから、タンパク質を摂取していくことがより良い流れとなります。

 

もちろん、出し汁のようにグルタミンやグルタミン酸などの補給も腸の上皮細胞のエネルギー源となり、末梢までは届きませんので、これもありかとは思われますが、まずはおかゆから摂っていくのがいいかと思います。

 

※タンパク質の枯渇が気になるようでしたら、心配ありません。

体の中では1日に160~200gものタンパク質が分解されては再合成されているからです。

ご存じのオートファジー効果です。オートファジーは栄養飢餓時に特におこります。

ファスティングは決して痩せるためのダイエット目的というわけでなく、細胞の中のお掃除や若返り、そして炎症のストップなどを目的においています。

 

日本の伝統においても、絶食後や養生の後におかゆをすすっていく文化がありますが、これはタンパク質生化学の面からも言えることなのです。

 

低血糖症は、過剰な精製糖の摂取をのぞけば、糖質摂取がすべての原因とは限りません。

あくまで耐糖能不全や代謝障害があるからです。

低血糖症の人が糖質を抑えることは一種の対症療法や悪化防止のためであり、糖質の正常な代謝ができるように改善するのが本来の治療だといえます。

 

ただし、何度も言うように、パンや砂糖などの精製糖質はさけるべき糖質となります。

βカロテンの重要な摂取源であるニンジンやカボチャなどに含まれる糖質代謝ぐらいはきちんと処理できる体質になるべきだと思っています(ニンジンやカボチャの摂取にビビっている自分が異常だと気づくべきなのです)。

 

世界の狩猟採集民(高タンパク、低GI食品摂取民族)でさえも、植物のデンプン質を正常に代謝できる能力があります。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放