ビタミンDで脳卒中リスク低下                 吉冨 信長


日本の大規模コホート研究の一つ、JACC研究で、「日本人のビタミンD摂取量と脳卒中や冠状動脈性心疾患の死亡リスクが逆相関する」という発表がありました(Sheerah HA et al;Stroke.2018 Jan 8)。

 

このコホート研究では、40?79歳の健康な日本人 58,646人(男性23,099人、女性35,547人)を対象に、食事内容からビタミンD摂取量を計算し、1989年から2009年までの期間の前向き研究を行ったものです。

 

結果、ビタミンDの摂取は、脳卒中のなかでも特に脳実質内出血による死亡リスクと逆相関したことがわかりました。

つまり、ビタミンDは脳卒中を予防できる可能性があるということです。

 

実際に、脳卒中リスクが高い人(または脳卒中患者)は血中のビタミンDレベルが低いことが多いというような報告は欧米をはじめ、各国が発表していました。

ビタミンD欠乏は、脳卒中をはじめ心血管疾患の危険因子として最近では提唱されはじめています。

 

ビタミンDは、神経栄養因子(BDNF)の活性化や神経細胞死の抑制など神経の保護効果や、抗血栓作用があるという臨床報告があります

(Curr Vasc Pharmacol. 2014 Jan;12(1):117-24)。

 

こうした背景の中で、今回のこの日本の大規模研究でも同様な結果が得られたことは、とても信頼性の高いものとなります。

しかも、1日に440 IU以上の摂取量は110 IU以下の摂取と比較した時、ハザード比が脳卒中で0.70、脳実質内出血で0.66でした。

 

最高ランク440 IUの摂取でこれだけのハザード比があったのならば、私が個人的に推奨している2000IU~最大4000IU (日光浴+食事で満たす)であれば、もっと良好な結果を得られるかもしれません。

ただし、この量は同時にマグネシウム350~400mg/日の摂取もしなければなりません。

ビタミンDはその代謝において十分なマグネシウム量を必要とします。

 

ビタミンDは脳卒中予防や抗血栓作用があり、現代人の多くが欠乏してしまっている栄養素の一つです。

ぜひ意識して、日光浴や食事から摂取してもらいたいものです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放