ビタミンC                            藤川 徳美


ビタミンCが、野菜や果物に豊富に含まれていることは、常識としてみなさんご存じのことです。

野菜や果物をふんだんに食べているから、ビタミンCについては心配ないと思っている人はおおぜいいます。

 

しかし、有吉佐和子が「複合汚染」に書いているとおり、ビニールハウスと農薬の使用とで、野菜のビタミン含有量は、本来の16%しかない、といわれるようになりました。

これは少しオーバーな数字のようですが、野菜や果物に昔なみのビタミンをきたいするのはいけないようです。

これは、ビタミンC以外のビタミンについてもいえることではありますが、一つの大きな問題として認識する必要があると思います。

 

ビタミンCについてはっきりいえることは、他のビタミンとちがって、これは、合成品でもよいから、ぜひともとらなければならない、ということです。

その理由はなにかというと、ビタミンCはもともと、動物がじぶんの体内で大量に作るべきものであるのに、サルに進化した段階で、それをやめてしまったという事実があることです。

 

そこで、もし私たちが、じぶんでビタミンCをつくったとしたら、それはどれほどか、が問題になります。

その数字は、だいたい1日2g程度で、レモンにして4kgに相当します。

それだけのビタミンCがないと、私たちのからだは、スムーズな代謝ができないのです。

ということは、それだけのビタミンCをとらなかったら、どんな故障がおきるか分からない、ということです。

 

ビタミンCの不足からくる病気としては、風邪もあり、椎間板ヘルニアもあり、白内障もあり、知能低下もあって、いろいろです。

ビタミンCをとったら結石になるのではないか、と心配する人が多いようです。

なるほど、ビタミンCの一部は体内で蓚酸にかわり、それがカルシウムと結合して「蓚酸カルシウム」になります。

これが水にとけにくい代物であるために、かたまって石になることがないとはいえません。

 

しかし、蓚酸カルシウムが石にならないためには、ビタミンAがあればよいといわれます。

腎臓や膀胱の結合組織の中にコンドロイチン硫酸があれば、蓚酸カルシウムの石をつくるようなことはおきない、と考えられています。

なお、ついでにいえば、結石は胆嚢にもできますが、これは多くはコレステロールの石であって、蓚酸カルシウムの石ではありません。

 

私は1日に7~10gのビタミンCをとっているつもりですが、結石ができることはないと思っています。

私のまわりには、その程度のビタミンCをとっている人はいくらでもいますが、結石ができた話など聞いたことがありません。

 

ビタミンCには緩下作用があるので、にわかに大量をとると、便秘がなおったり、下痢をおこしたりするケースがあります。

これは、余剰分を酸化する酵素がつくられないため、と考えてよいでしょう。

十分にビタミンCをとると、やがてこの酵素があらわれて、余剰を処理します。

この酸化生成物には、強力な制ガン作用があるといわれます。

 

ビタミンCの大量投与を急にやめると、この酵素の生成が継続するために、酸化生成物が依然としてつくられます。

そして、血中ビタミンC濃度が低下し、ビタミンC欠乏の症状があらわれます。

これを「反跳現象(リバウンド)」と私は名づけました。

大量投与をやめるときには、2~3週間をかけてじょじょにおこなう必要があります。

 

精製糖質を使った加工食品、砂糖の入った清涼飲料水が激増している。

品種改良で、果物野菜の糖質は増加しているが、ビタミン、ミネラルの含有量は低下している。

コンビニ弁当には、ビタミンやミネラルはほとんど入っていないと考えるのが妥当。

つまり、30~40年前より質的な栄養失調は悪化、深刻化している。

 

ビタミンCがそんなに効果があるなら、なぜあなたはそれについてほとんど聞いたことがないのですか、なぜ医師はビタミンCを薬として使わなかったのですか。

 

進歩には時間がかかる。

新鮮なフルーツは1753年に壊血病を治すことが知られていましたが、政府は100年近くもその事実を無視していました。

その間に数え切れないほどの数千人が死亡した。

患者の処置を行うとき手を洗うことを最初に提唱した19世紀の医者は、医療権威に無視され、非難された。

有毒な金属水銀は、20世紀まで治療として使われました。

 

病気を治療するためにビタミンCを積極的に使用した最初の医師は、1940年代初頭のFrederick R. Klenner医師でした。

Klenner博士は、高用量のビタミンCを投与して、水痘、麻疹、流行性耳下腺炎、破傷風、ポリオを治療しました。

 

以下は、非常に高用量のビタミンC療法に反応したKlenner博士の発見した完全リストです:

肺炎

脳炎

帯状ヘルペス(帯状疱疹)

単純ヘルペス

単核球症

膵炎

ロッキーマウンテンスポット熱

膀胱感染症

アルコール依存症

関節炎

いくつかの癌

白血病

アテローム性動脈硬化症

椎間板破裂

高コレステロール

角膜潰瘍

糖尿病

緑内障

統合失調症

火傷の二次感染

心臓発作

放射線

火傷

重金属中毒(水銀、鉛)

有毒な咬傷

多発性硬化症

慢性疲労

手術の合併症

 

これは非常に長いリストです。

 

この時点で、この事実を却下するか、またはさらに調査するこかの選択ができます。

Klenner博士は調査を継続する選択しました。

彼は、40年以上の診療において極めて高用量のビタミンCを用いて治療を行いました。

彼はこの高用量のビタミンC効果について、約200本もの医学論文を書いた。

 

(1)彼の成功を無視するのは難しいが、医学界からは完全に無視された。

Klenner博士は次のように書いています。

「死にゆく患者を前に多くの医者は、アスコルビン酸(ビタミンC)は単なるビタミンとしか認識せず、治療のためにビタミンCを用いるという考え方が出来なかったのです。」

 

ビタミンCは非常に高用量でも非常に安全です。

一般的に使用されている処方薬と比較して、副作用は事実上存在しません。

ビタミンCは腎臓結石を引き起こしません。

実際には、ビタミンCは腎臓結石を分解し、その形成を妨げるのに役立ちます。

William J. McCormick医師は1940年代後半から腎臓結石を予防し、治療するためにビタミンCを使用しました。

 

(2)Robert F. Cathcart III医師は、1969年に患者に多量のビタミンCを使用し始めたと報告している。

彼は次のように述べている。

「私は25,000人の患者に高用量のビタミンCを投与したが1人たりとも腎臓結石を生じなかった。」

 

(3)Klenner博士は次のように述べています。

「アスコルビン酸によって腎臓結石を生じるという話は神話です。

最近の研究でこれが確認されました。」 (4,5)

どのくらいのビタミンCが効果的な治療量ですか、 Klenner博士は、最大1日当たり300,000ミリグラム(mg)の驚異的な量を投与しました。

通常は、彼は体重1kgあたり350?700mgを1日に与えた。

それは膨大な量のビタミンCです。

 

しかし、もう一度、その成功のリストを見てください。

Klenner博士は、少量では機能しないと強調しました。

彼は「結果を望むなら、十分量のアスコルビン酸を使用する」と言った。

 

自分のビタミンC腸耐性用量(bowel tolerance doses)を検証してみた

ビタミンCは、健常時には10~20g程度しか吸収できないが、 重篤な病気では体内のC濃度が低下するため、腸耐性用量(bowel tolerance doses)が増える。

 

つまり、健康なときは1日10~20g程度で軟便になるが、重篤な病気の時は100gでも軟便にならない。

ヘレン・ソウルの本でもこの腸耐性用量という言葉は何度も出てくる。

 

じゃあ、自分ではどうなのかを検証してみた。

普段は、朝にメグビーミックス2g、日中車の中とクリニックで3g、夜エスターCで2g。

朝夜の、メグビーミックスと、エスターCは継続したまま、8時から17時まで1時間毎にCを摂取してみた。

 

1)毎時間3g

 3回服用で腸耐性用量を超えたので中止。

 

2)毎時間1g

 8時から17時まで継続して服用できた。

 腸蠕動は亢進するが、お腹は下らない。

 ただし、ギリギリな感じではある。

 

3)毎時間2g→1g→2g→1g

 4回服用で腸耐性容量を超えたので中止。

 

4)2時間毎に2g

 腸蠕動は亢進するがギリギリセーフ。

 

朝晩のメグビーミックス、エスターCを加えると、現在の自分の腸耐性用量は14gであることが判明した。

1日10gが適正量だと判断できた。

 

d-αートコフェロール800IU+ミックトコフェロール800IUを摂取しているので、「Cの突出」は起きないはずだ。

 

Cは便秘に悩んでいる人には特効薬だと思う。

これほど安全で安価なものは他にはないはず。

毎時間2gを3~4回で多くの人で解決するのではないかと思う。

 

三石先生風に言うと、「便秘がCで治るからと言っても、Cが便秘の特効薬だと考えてはいけません。

C不足があったので便秘をしたと考えるべきです。」

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放