ビタミンB1 (チアミン)                     吉冨 信長


ビタミンB1(=チアミン)は日本人に最も不足しやすいビタミンといわれています。

ビタミンB1欠乏といえば脚気(=アジアに多い)やウェルニッケ脳症(=欧米に多い)があげられますが、これは過去の病気とされてきました。

しかし、このような明らかな欠乏症はなくても、慢性的な疲労に悩まされる潜在的なビタミン欠乏症は医療現場では多くみられるようです。

 

ビタミンB1欠乏は、昔は飢餓による栄養失調や精製白米などが原因でしたが、今では飽食時代における偏食や糖質摂取過多、アルコール摂取過多などが上げられます。

 

ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝時に主に使用されます。

また、神経の働きにも重要で、中枢神経(脳・脊髄)や末梢神経(体の末梢部)の作用を保持するのに役立っています。

筋肉が正常に機能するのにもB1は必要であり、欠乏すると筋力が低下することがあります。

 

さて、ビタミンB1は水溶性のため、大量に摂取しても排出されやすい栄養素です。

そのため、より加工度が低く、素材を重視した、あまり手のくわえていない調理が肝になります。

また、甘いもの好きは要注意で、過剰な精製糖質の摂取により、解糖系エネルギーが亢進してしまい、多くのB1が消耗され、枯渇する可能性があるのです。

 

ここで、ビタミンB1の摂取方法のポイントをまとめておきましょう。

ビタミンB1のようなビタミンB群は、単体でとらえるのではなく、B群として複合的にとらえる必要があります。

つまりB群はチームであり、体内ではこれらが相互的に影響し合っています。

 

そのため、B1の摂取において、他のB群が不足してしまうと、その吸収も損なわれてしまうのです。

特にB1の吸収には葉酸が必要であり、続いてB12も必要です。

また吸収機構を考慮すればナトリウムが必要になります。

減塩ではなく、減精製塩・増自然塩が大切です。

 

慢性的にビタミンB1不足が続くと、エネルギー代謝においてミトコンドリアのマトリックスに運ばれたピルビン酸がアセチルCoAに変換するのが低下してしまい、その結果ピルビン酸からその先の反応が進まず、エネルギー不足になり疲れやすい体質に変わっていってしまいます。

 

筋肉での消費率も高いためB1欠乏では運動の持続性がなくなったり、筋肉が減ってくると血糖値を上昇しやすい体質にもなります。

 

ちなみに、B1の多い食品は動物性では豚肉、レバー、カツオ、うなぎなど、植物性では大豆、小豆、昆布、海苔などです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放