ビタミン・ケトン療法                      水野 雅登


VKTの七か条です。  

 

1.鉄を満たす

フェリチンは、炎症や肝障害などの分を引き算して100以上あるか。(男性では150以上)

 

鉄不足は癌を招きます。

 

また、フェリチン(貯蔵鉄)は、炎症は肝障害などで上がります。

それを差し引いて評価します。

 

鉄不足は癌治療においても、本当に良くありません。

できるだけ、速やかな改善が望まれます。

 

 

鉄は、増えにくい方で、1日300mgまで増やす事があります。 

 

比較的安全な「トラネキサム酸」という止血剤の内服を併用する事もあります。 

 

鉄を増やすと月経出血がひどくなる方は、ピルも検討します。 

 

子宮筋腫は断糖と、ビタミンAやEで、縮小する事があります。 

 

 

2.高ケトンを維持 

ケトン体は常に1000以上あるか? 

起床時や、食後1~2時間で、ケトン体は驚くほど下がります。

 

この、下がりやすい時間帯でさえも、1000以上(総ケトン体でもβ-ヒドロキシ酪酸でも)をキープできていれば、

常に癌の増殖を抑えられます。

 

逆に1000以下になっている時間帯があるなら、その場合は、癌の増殖を許してしまうかもしれません。 

 

ケトン体が上がりにくく、血糖値が上昇しやすい場合は、SGLT2阻害薬メトホルミンなどを併用する場合も。

 

SGLT2阻害薬は、痩せ気味なら、スーグラ(25)1Tを毎日か隔日が最小量。

 

肥満なら、リバウンドのないカナグル。

 

肝障害、腎障害があるなら、安全性の高いルセフィ。 

 

メトホルミンはとにかく副作用が多いので、食思不振・下痢などが出現したら即減量または即中止。

躊躇せずに、減らすか、やめる。 

 

 

3.高濃度ビタミンC点滴 

高濃度ビタミンC点滴は100gをできているか?

 

断糖していても、できれば多い量の方が効きます。 

 

断糖しているつもりでも、糖質を摂取している場合は、12時間程度、食事を摂らずに点滴すると高濃度ビタミンC点滴の効きが

良いかもしれないという話もあります。 

 

さらに、ピシバニール0.5KEの「皮内」注射も併用すると、抗腫瘍効果が高まるかもしれません(週1回程度) 

(※癌に対するピシバニール皮内注射は新井圭輔先生考案。) 

 

ちなみに、ビタミン・ケトン療法(VKT)は、高濃度ビタミンC点滴のみを指す言葉ではありません。 

 

それも含めて、ビタミン・ミネラルと高ケトン(断糖)で治療する事、全般を意味します。

 

なので、高濃度ビタミンC点滴をしていなくても、高ケトンでビタミン・ミネラルがとれていれば、ビタミン・ケトン療法ができている事になります。 

 

高濃度ビタミンC点滴は、ビタミン・ケトン療法で最も強力な「攻め手」の主力です。

 

しかし、高濃度ビタミンC点滴は効果が1時間程度と大変短いので、これだけでは1時間後に癌が再度増えてきます。

 

なので、断糖や、ビタミン・ミネラルがあって初めて活きてきます。

 

逆にゆっくり治療するなら、高濃度ビタミンC点滴は不要です。 

 

つまり、高濃度ビタミンC点滴がなくてもビタミン・ケトン療法です。 

 

高濃度ビタミンC点滴は、むしろ「オマケ」です。 

 

ここは勘違いして欲しくない点です。 

 

毎日の高ケトン・断糖と、ビタミン・ミネラル摂取の方がはるかに重要です。 

 

そちらの方こそが、ビタミン・ケトン療法の要(カナメ)です。 

 

ビタミン・ケトン療法は単なる対症療法ではなく、栄養・代謝・ミトコンドリア活性などの基礎・根本から立て直しを図ります。 

 

 

4.炎症反応 

炎症反応は上がっていないか? 

 

もしも、炎症反応が上がってくる場合は、「攻め」のVKTではなく、「守り」のVKTに変える必要があります。

 

具体的には高濃度ビタミンC点滴を減らしたり、ピシバニールを中止したります。

 

痩せていく場合は、プリモボラン・デポーを筋注します。 

 

 

5.各種内服 

各種ビタミンは内服しているか? 

 

ビタミンはB1のベンフォチアミンが最重要。 

 

B1は、他のBと併用・上乗せして飲むと乳酸を減らす事ができます。 

 

各種ABCDEのビタミンや、セレン、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも重要。 

 

目安は1日量で、 

A: 2万5千単位

B1:ベンフォチアミン100mgx3

B50:2~6Cap

C:10~20g、粉末を水の溶かして内服

D:5000IU

E:1600~3200IU

セレン:200mcg

亜鉛・マグネシウムは適宜。 

 

セレンはミネラルの中でもかなり重要です。

充分量の摂取が望まれるミネラルです。

(1日100~200mcg)

  

さらに必要に応じてアスタキサンチン、L-カルニチンなど。 

 

処方薬はリバオール、セレコックスなども抗腫瘍効果があるかもしれません。 

 

 

6.ビタミンC内服 

特にビタミンCは点滴だけでなく、経口摂取もできているか?

 

点滴は短時間しか効果がありません。

 

その他の時間は、経口のビタミンCでカバーします。 

 

このあたりがVKTの成否を分けるカギです。 

 

 

7.最後に「栄養は全てが足りていて初めて意味がある」

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放