ヒポクラテス・スープ            ゲルソン自然療法のある暮らし


このスープは、ゲルソン療法にとって非常に重要なスープです。

ゲルソン医師は、患者さんに、毎日昼と夜に食べるよう指示しました。

ゲルソン療法の大部分は、肝臓の解毒を目的として行っているものが多いのですが、このスープは腎臓のクレンジングに有益だと考えられています。

 

材料(1?2人、2日分):

セロリの根、中1個(無ければ、セロリの茎2?3本)

西洋長ネギ、中1本(無ければ、ふつうの長ネギ中1本)

玉ねぎ、中1個

トマト、小3?4個

じゃがいも、中?大2個

にんにく、4?5片

パセリのみじん切り、カップ4分の1

 

作り方:       

すべての野菜を洗う ? 皮の裏にカビがないかを点検。長ネギは縦に切り裂いて、中の葉をはがし、隠れている泥を洗い流す。

すべての野菜を一口大に切り、大きな鍋に入れる ? 細かくし過ぎなくても良い。最後にはすべてフードミルでつぶされる。

鍋に入れた野菜の3分の2がかくれるくらい水を入れる。

鍋のふたを閉めて加熱し、水が沸騰したら弱火にして、約2時間加熱する。

スープを冷まし、水分も一緒にフードミルでつぶす。ミルには皮や繊維だけが残る。濾したスープは飲めるくらい水分量がしっかりある状態。

 

そのほか:

フードミルは回転レバー式の裏ごし器です。

セロリの根にこびりついている泥は、切り落とす。

フードミルのレバーは、ときどき時計と反対周りに回転させ、底面の穴からスープがよく出てくるように、そこに引っかかっている繊維を取り除きながら裏ごしする。

(繊維はスープに入れないように!)

出来上がったスープにフレーバーを加えるため、生の玉ねぎやにんにくをみじん切りにしてトッピングしても良い。

スープは、作ってから48時間までは冷蔵庫で保存ができる。 

 


ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR 陶器なべの大きさ(約):内径185×深さ135mm、陶器なべ容量:3.0L、陶器なべ調理容量:0.6~2.4L (目視・陶器なべの3~8分目まで)、電源コード:1.4m 材料を入れたら出来上がりまで手間いらず、電気のとろ火でことこと煮込んで美味しく出来上がるスチームクッカーです。電気のとろ火で煮込むので、長時間の調理も安心。ガスコンロをふさぎません。電気のとろ火でゆっくり加熱し、温度を上げていくので、煮崩れも少ないです。さらに、鍋は加熱温度が安定
ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR 陶器なべの大きさ(約):内径185×深さ135mm、陶器なべ容量:3.0L、陶器なべ調理容量:0.6~2.4L (目視・陶器なべの3~8分目まで)、電源コード:1.4m 材料を入れたら出来上がりまで手間いらず、電気のとろ火でことこと煮込んで美味しく出来上がるスチームクッカーです。電気のとろ火で煮込むので、長時間の調理も安心。ガスコンロをふさぎません。電気のとろ火でゆっくり加熱し、温度を上げていくので、煮崩れも少ないです。さらに、鍋は加熱温度が安定



医学の父、疫学の祖と言われるヒポクラテス


・火食は過食に通ず

 

・満腹が原因の病気は、空腹によって治る

 

・月に一度断食をすれば、病気にならない

 

・病気は神が治し、恩恵は人が受け取る

 

・汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ

 

・人は、自然から遠ざかるほど、病気に近づく

 

・病気は、食事療法と運動によって治療できる

 

・食べ物で治せない病気は、医者でも治せない

 

・人間は誰でも、身体の中に百人の名医を持っている

 

・賢者は、健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ

 

・病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない

 

・健全なる身体を目指す者は、 完全なる排泄を心がけねばならない

 

・食べ物について知らない人が、 どうして人の病気について理解できようか

 

・人間が、ありのままの自然体で、 自然の中で生活をすれば、120歳まで生きられる

 

・病人に食べさせると、病気を養う事になる

 

・病気は、人間が自らの力をもって自然に治すものであり、 医者はこれを手助けするものである

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放