トマト                             森下敬一


本物のトマトが食べられる季節には、トマトの薬効を大いに利用したい。

これはどういう事かと言うと、太陽の光をたっぷり浴びて育った自然のトマトを、我々の体の受け入れ態勢の整っている夏に摂ることによって、トマト特有の薬効が得られる、ということである。

 

最近ではトマトは一年中、店頭に並べられているけれど、季節はずれの食品は、食品自体が不自然な育てられ方をしており、我々の体の生理との適応もしっくり行かない。

その為、むしろ体の生理の自然性はそこなわれて、体が冷えやすくなったり、カゼを引きやすくなったりする。

 

そこから次第に、いろいろな慢性病を起こしやすい体質に変えられていく。食品分析表にのっている栄養価が、いつ食べても体にプラスされると考えるのは大変な間違いなのである。

 

そういうわけで、現代では完全な実行は無理としても、極力、季節季節の食品を食べるように、心がけることが大切である。

 

トマトは脂肪の消化を助け、肝臓の負担を軽くする作用を持っている。これはビタミンB6の働きが主体となっていると考えられる。このためトマトは肥満、動脈硬化、糖尿病、皮膚病にきわめて有効だ。

 

また、トマトは肉食の毒を中和する作用をもっている。トマトに含まれる酵素が整腸・浄血効果をあらわすのだ。

血液を酸毒化する肉食は極力避けるべきだが、やむを得ず食べる場合は、トマトを多めに摂るとよい。

 

ヨーロッパには「トマトのある家には胃病なし」ということわざもある。

肉の常食によってもっとも障害を受けやすいのは胃腸をはじめとした消化器系。トマトはその弊害を取り除くのに有効なのだ。

 

酵素作用に加えて、A、B1、B2、C、ニコチン酸、K、P、葉酸、ルチンなどのビタミン類も豊富。

このためトマトを適度に摂っていると、胃腸機能の強化、虚弱体質の改善、体力増強などの効果が得られる。

特にPは毛細血管を強くし、葉酸は造血機能を高める。

 

他の野菜と異なっているトマトの特色の一つは、天然のアミノ酸が豊富に含まれること。

グルタミン酸やガンマーアミノ酪酸は、頭脳の働きを活発化する。トマトは健脳食品でもある。

 

トマトのもつクエン酸、リンゴ酸などの有機酸は、食欲を増進し、疲労回復を促す。

それにビタミンA、Cの効果が相まって皮膚の新陳代謝を促進し、うるおいのある肌をつくる。

 

トマトはナマ食するだけでなく、加熱食しても有効だ。

特に貧血症、冷え症、精力減退気味の人は、にんじん、じゃがいも、たまねぎ、カリフラワーなどと一緒にじっくり煮込んだスープやシチューを摂ると、血が急に増えたように感じるはず。

 

■五香トマト

材料

・トマト・・・適量

・しょう油・・・大さじ3

・くず粉・・・小さじ1

・黒砂糖・・・小さじ1

・しょうがのすりおろし・・・大さじ1

・白ごま・・・大さじ

・ミネラル水・・・大さじ3

 

<作り方>

①しょう油、くず粉、黒砂糖を混ぜ、さらにミネラル水を加えてタレを作り、しょうがのすりおろし、炒った白ごま(切りごまにして)も加えて火にかけます。

② ①を冷やし、トマトも冷やしておいて、1.5cmぐらいの厚さに輪切りにして、①をかけて供します。

 

■トマト・ソース

材料

・完熟トマト・・・5個

・長ねぎみじん切り・・・5本分

・油揚げ・・・2枚

・にんにくみじん切り・・・小さじ1

・くず粉・・・大さじ2

・しょう油・・・大さじ3

・みりん・・・大さじ2

・自然酒・・・大さじ2

・自然塩・・・小さじ1

・ごま油・・・大さじ2

 

<作り方>

ごま油でにんにく、ねぎを炒め、油揚げのみじん切り、トマトのぶつ切りも加えて煮込み、調味し、くず粉でとろみをつけます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放