ガンは数週間で治せる                                           レオナルド・コールドウェル博士


ドイツで最高の自然療法の医師、レオナルド・コールドウェル博士のがん治療での研究・実践されたことに基づいた報告です。

 

コールドウェル博士がこれまで治療してきたがん患者数はドイツ史上最高の3万5千人に上ります。しかもそのほとんどが末期のがん患者です。

.

コールドウェル博士によれば、がんは完治できるのに医療界、製薬業界はそれをしようとしません。なぜでしょうか? それは業界はがんで年間1兆ドル(107兆円)もの暴利を貪っているからです。治せない既存のがん治療を手放そうとはしません。

.

博士によれば、90%以上のがんは数週間で完治できるのですが、業界はそれをしようとはしません。そして治らない、治せない、①手術、②化学療法(抗がん剤治療)、③放射線治療の三大療法をし続けるのです。患者は業界関係者のための金儲けの道具でしかないのです。患者を苦しめて殺害し数百兆円という暴利を貪っているのです。

.

がんから患者を救おうとするコールドウェル博士を、それができないような法律を作って妨害しているのです。法律で博士の治療法を公表させないように行政へ圧力をかけているのです。

医師として20年以上の経験があればすべてのがんは2~16週で完治することがすぐに理解できます。理解できないのは医学的、分子生物学的知識がなく、西洋医学に子供のころから洗脳されている大多数の一般国民だけです。

 

コールドウェル博士によれば、がんを治すには次のことが必要です。

①身体の解毒

②身体をアルカリ性に保つ

③緑黄色野菜に含まれるクロロフィルの効果で多くの酸素を体内に取り入れる。

④身体をアルカリ性に保つには、カルシウムや他の微量元素、ミネラルのサプリメントは効果的だそうです。但し製造元、販売方法を調べる必要があります。

⑤身体をph7.5以上アルカリ性に高めると自己治癒力が増します。

胃液には酸が含まれています。そのため空腹時の胃のpHを測ると1.0~2.0と強い酸性を示します。それに対して体を巡る血液は7.3~7.4と、アルカリ性に保たれていることが理想と言われています。

ちなみにレモン汁のpHは2.0と強い酸性で、海水のpHはおよそ8.0とアルカリ性になっています。一般的な私たちの肌のpHは4.5~6.0なので、弱酸性を指していることが分かります。

 

またドイツのある医師はこんな治療で大きな成果を得ています。

がん患者の血液を一時的に抜き取り、マイナスイオンの酸素を注入してから再び体内へ輸血をします。すると患者の身体は新生児のように甦るようです。普通はがん患者の血液は酸素不足でどす黒いのですが、酸素を注入するとピンク色に変化するそうです。再輸血と同時に患者はたちまち生き返ったようになり、エネルギッシュになります。

 

このほか、ビタミンCを1日100cc、週に3回以上血液に大量に注入すると、がんは2日以内に消滅してしまいます。心臓病もビタミンCの大量摂取で完治します。さらにビタミンEは高血圧を改善します。

但し、人工的に作ったビタミンCやEでは効果はありません。天然のビタミンが病を治してくれるように、自然界の問題は自然界だけが解決してくれます。

 

がん患者が抗がん剤や放射線や手術に頼らず自分でがんを治したいのであれば、加工食品は絶対に食べず、未加工の材料から作った料理で完全菜食主義を貫き通すことだと博士は言っています。これはローフードダイエットと同じ考え方です。

 

他の疾患についても博士はこう言っています。

腎臓に疾患がなければ、1日に1ガロン(約3.8ℓ)の水に小さじ1/2の海塩を混ぜて飲んでください。人の身体が上手く機能するためには微弱電流が必要ですが、電気を流すにはその天然の塩が必要なのです。これは自然の摂理です。

 

塩分が不足すると高血圧になります。西洋医学とは真逆です。その理由はこうです。精製された食卓塩を摂り続けると血管の膜を傷つけ、血管内部に出血します。そしてコレステロールがその傷を修復しますが、コレステロールで血管が細くなり高血圧になります。精製された食卓塩は恐ろしい塩です。

 

コレステロールが不足すると死に至りますが、高コレステロールで死に至ることはありませんし、過去に高コレステロールで死んだ人はいません。

総コレステロール値600という高い数値でも健康に暮らしている人もいます。

(現在西洋医学では総コレステロール値は150~220とされている)

 

コレステロールは壊れた細胞を新しい細胞に再生する働きがあります。

(最近では、コレステロールはある程度高い方が良いという医学者も少なくない)

LDL、HDLをそれぞれ悪玉コレステロール、善玉コレステロールと呼んでいますが、これらは総コレステロールを運ぶ役目を持つ大切なたんぱく質です。

 

ドイツでは医師の平均寿命は56歳です。というのは、アルコール依存、麻薬常習者が他の業種よりも高く、自殺率も高いのです。特に精神科医が高いのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放