カフェインとアドレナリン                    吉冨 信長


カフェインは基本的に体内で分泌されるCYP1A2という分解酵素によって分解されますが、日々大量な摂取をしていると、その代謝能には限界があり、排泄されずに残留したカフェインはあらゆる組織に届いてしまいます。

また、この分解酵素の遺伝子についても、代謝能は人によってさまざまであり、活性が弱い人もいるのです。

 

私たちの体は常に情報伝達によって、活動や代謝が正常に働きます。

情報伝達は神経を介したり、脳だけからではなく、臓器間でも行われています。その仕事をしているのが、血液に流れているホルモンです。

 

私たちは強いストレスを受けると、副腎からアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは血液に放出され、脂肪組織まで届くと、その受容体に結合し、ストレスに対抗するための闘争(または逃走)用のエネルギーを供給するように指示します。

 

この受容体はアドレナリンが届くとすぐに、大量のcAMP(サイクリックAMP)という情報伝達物質を自分の細胞内にばらまきます。

cAMPは各組織にエネルギーを届けるため、細胞内の中性脂肪を分解する酵素を刺激していきます。

こうして脂肪細胞内の中性脂肪から分解された遊離脂肪酸は血流にのって、脳や筋肉に運ばれ、ストレス対応に使われるのです。

 

ここで、本来ならば、役目を終えたcAMPはホスホジエステラーゼ(PDE)という酵素によって消失されます。

ところが、カフェインが細胞内にあると、このPDE酵素が阻害され働かなくなってしまうのです。

そうすると、どうなるでしょう。

 

カフェインによってPDEの作用が阻害されてしまうと、cAMPは残留してしまいます。

大量のcAMPが残ると、過剰な遊離脂肪酸を血流に放出したままになってしまいます。

筋肉や脳でこの過剰な遊離脂肪酸の消費が追いつかないと、悪玉の脂肪になって、そのまま全身を巡ってしまうのです。

 

この遊離脂肪酸は肝臓に届けばそのまま脂肪肝になり、運悪く動脈壁にくっつけば動脈硬化の材料になってしまう可能性があります。

(しかし、実際にカフェインが本当に脂肪肝をもたらすかの証拠は薄いかもしれない。中にはそういう人もいるかもしれないという程度だ。)

 

いずれにしても、カフェインは血中に遊離脂肪酸を高め、アドレナリン分泌を必要以上に促進してしまいます。

朝から自然とカフェイン食品に手が伸びる人は、実は代謝障害や低血糖に対処するためにアドレナリンに頼っているだけということもあるかもしれません。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放