除菌習慣とアレルギー                  ひかりあめのゆうすけ


日本で最初に花粉症患者が現れたのは、1963年のコトで、それ以降、年々増加の一途を辿っています。

また、機を同じくして、激減したモノがありました。それは、結核や寄生虫の感染者です。

 

そして、まさに、この時期に誕生したのが、僕の世代です。

 

特に寄生虫に関しては、1960年には10%に、その5年後には5%を切ったという記録が残っています。

 

小学生時代、かなり頻繁に寄生虫検査をした記憶があり、感染反応のあった子供は、虫下しを飲まされました。

初期の虫下しは、不味いモノでした。

そして、こんな時期に、花粉症が現れ、こうした感染症が減少するのと反比例する形で、鼻炎、皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患が、特に1960年代後半から増加して来たのです。

 

これは、一般の家庭において、過剰な清潔さを求める意識が、広がりはじめた時期でもあり、新聞や週刊誌を愛読していた僕の母親も、消毒用アルコールや逆性石鹸希釈液を浸したコットンを持ち歩き、家族の衛生管理に、異常なまでに、目を光らせていたモノです。

つまり、僕たちのような菌に弱い世代は、衛生的過ぎる環境によって生み出されたのです。

 

最も苦しかったのは、喘息の発作でした。僕に、「アレルギー性気管支喘息」という病名が付く前は、気道の弛緩用吸入スプレーもありませんでしたので、しかも、夜になると発作が始まるため、夜明けまで、一睡もできずに苦しんだ、生々しい記憶があります。

 

今は、水シャワーを毎日浴びることで、これらのアレルギー疾患は、全て克服できていますが、除菌の遣り過ぎは、気を付けねばなりませんね。

 

ここ数年の遺伝子研究の進展によって、一人の人間の腸内細胞の組成パターンは、生後一年で、ほぼ決まるコトが判ったそうです。

 

つまり、赤ちゃんは、生後の一年間を費やし、母親と接する中で、母親の持つ菌を体内に取り込み、腸内環境を作り上げるのです。

そして、この一年が、その子の生涯に渡る免疫力を、高めるかどうかを握る期間となるのです。

 

実際、お母さんの胎内は無菌状態ですので、生まれたての赤ちゃんに、悪玉菌は存在しません。

乳幼児の腸内には、ビフィズス菌などの善玉菌が殆どで、大腸菌などの悪玉菌は、ほんの少しです。

 

その後、赤ちゃんは、自分の周りにいる菌や、母親の皮膚にいる常住菌などと接触し、最終的には、母親の腸内細菌パターンと似て行きます。

実際、赤ちゃんは、見たモノを何でも舐めたり、口に入れたりしますよね。

 

初めて子育てをする母親は、気が気ではないので、赤ちゃんの周りを中心に、家中をせっせと磨くワケですが、その際に、市販の除菌グッズを多用する方も多いでしょう。

ですが、この時期の赤ちゃんは、どうやら放っておいた方が、子供の将来のためになるようです。

 

ちなみに、アトピー性皮膚炎を罹患した乳幼児の便を調べると、その40%の赤ちゃんの便に、大腸菌が一匹もいなかったんだとか。

行き過ぎた生活環境の除菌は、こんな結果を生むコトもあるんですね。

 

これは掃除をするなという意味では、決してありませんので、掃除嫌いの人が、都合の良い解釈をしないコトを祈ります。

また、この時期を過ぎてからは、毎日の生活習慣によって、組成パターンの枠内で腸内細菌を増やすコトが必要になりますが、大人になってからも、手遅れではありませんので、手や顔、身体を洗い過ぎないようにし、腸内の善玉菌が優勢な状態を保ちつつ、日和見菌を含む、腸内細菌の総量を増やすコトが、健康維持には大切なようです。

 




アレルギー [花粉症]                     内海 聡


アレルギーの人口は半分以上とまで言われ、多くの人が意味ないどころか有害なアレルギー薬(抗ヒスタミン薬やステロイド薬など)を使っています。

アレルギーなどこの世界には存在しないのですが、人類がこの刷り込みに汚染されているからこそ、その人のアレルギーというものは治らないともいえるでしょう。

 

なぜ人々は昔にアレルギーなどというものがほとんどすべて存在しなかったことを考慮しないのでしょうか。

なぜ人々はアレルギーが免疫の異常と考えてしまうのでしょうか?なぜ人々は昔に花粉が飛びまわっていた時代に、花粉症などほとんど存在しなかったことを思い出さないのでしょうか。

さらにいえばこれはアレルギーだけでなく自己免疫性疾患と呼ばれる膠原病にも同じことが当てはまります。この話はアレルギーと呼ばれる人々の症状が存在していないといっているわけではありません。ただアレルギーという考え方は常に何の解決ももたらさないのです。

 

アレルギーに代表される病気を自己免疫性疾患と呼びますが、本質的には自己の細胞を攻撃しているわけではないのです。鼻水やくしゃみは花粉のために出ているわけではありません。

ここを理解できるかどうかが治るかどうかの一つのカギで、化学物質過敏症の概念はこれを端的に示しています。しかし本当は化学物質にちゃんと反応できる身体こそ正常なのであり、化学物質を避けるための努力だけでなく、そもそもアレルギーとやらにならない肉体を作らねばなりません。なのに人々は徹底的に対症療法をしています。

 

さすればアレルギーを治すときになにをすればよいかが見えてきます。

具体的には、

・社会毒(特に砂糖、果糖、精製穀類、牛乳、GMO、添加物、農薬など)を徹底的に避ける

・身体にたまっている脂溶性毒やミネラル毒(重金属や放射性物質など)を徹底的に排出する。

・良い栄養と良いエネルギーの食べ物を摂取する。

・経皮毒に注意を払いできる限り入れないようにする。

・静電気が多い繊維の服を着ないよう意識したり高い電磁波を浴びないようにする。

・症状に対するとらえ方を真逆にひっくり返す。

・自分がアレルギーになっている結果や症状ではなく原因は何かを考えるようにする。

 

もう少し詳しく補足するなら、一番の問題は直接糖類と乳製品を徹底的に避け、間接糖であっても多くならないように注意し、野菜は自然農のものを優先し、魚は天然、肉は育てられ方にこだわったものを選びます。

また栄養学的にはマグネシウム、マンガン、亜鉛、ビタミンB3、ビタミンC、などを意識し、糖鎖(ねばねば食品)が豊富なものを摂取する必要があります。

油はオメガ3が多くなるように摂取し、マイナスイオン豊富な食材を選びます。解毒は発汗療法が一番いいでしょうが、ホメオパシーや断食などでも代用できます。

 

また発酵食品を多くとること、殺菌をやめること、土や泥や樹などによく触ることを意識する必要があります。なぜならアレルギーは清潔病であるという考え方が存在するからです。

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

 



◇花粉症は治ります                    さかもと ひろみ


この時期だけ、パンをやめて、甘いものも基本的にやめるだけでよくなりますよ。

甘いものやめただけで重症の花粉症治りましたから。

それプラス洗腸とグリーンジュースで腸と肝臓ををきれいにしたらより早く結果が出ると思います。



花粉症(アレルギー性鼻炎)                      手前板前


一般的なアレルギー性鼻炎というのは、ダニやカビなどが原因で起きる「通年性」の症状です。もうひとつ「季節性」の症状があり、その代表が花粉症になります。

 

花粉症というのは、一言でいうと「ならないように祈るしかない」疾患です。メカニズムについてはかなり解明されているものの、根本的な因子は分かっておらず、いったん免疫系が「花粉は異物である」と認識してしまえば、自然に治ることもありません。

ブタクサ、ヒノキ、ヨモギなど植物の花粉に反応する症状で、その種類は60~80もあるといいますが、ほとんどは「スギ花粉」によるもので、国民病といえるほど多くの患者が存在しています。

 

 

花粉に接した人の体内では、花粉に含まれるタンパク質を「敵か味方か判断」しようとします。ある人は「問題なし」と判断され、ある人は「異物であり敵」と特定される。

後者の場合、「アレルゲンとして認定」されたというわけで、その花粉にピタリと合う抗体が作り出され、次に侵入してきたときにこの抗体が迎え撃つわけです。

 

花粉アレルゲンが抗体と結合したときに起きる様々な化学反応が、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの症状となって表面に出てくるのです。

いつ、どういう時期に花粉が「敵と認定」されたのかはまったく分かりませんし、抗体がいつ発動して、どの程度暴れるのか、それもまったく分かりません。

 

「俺は大丈夫」と言っていた人が、ある年の春に突然花粉症に苦しめられる。これはよくある話です。もちろん「突然」ではなく、過去に花粉と接しており「体内で認定された」から発症した訳ですが。

 

分かっているのは、一度「敵」と認定されれば、基本的に生涯「和解」はしないという事です。 なぜ植物の花粉ごときをそれほど激しく排除しなければいけないのか、そもそも植物はヒトの食料でもあるのに関わらずです。色々な仮説はありますが、結局「分からない」のですよ、その辺が。DNAが返事して説明してくれれば解明するのでしょうが、今のところ黙ったままです。

 

 

花粉症に良いとされる栄養

 

・粘膜保護に作用するビタミンC、ビタミンB群

花粉症の諸症状は「粘膜」に出ます

 

・抗酸化のプロである、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC

酸化によって症状が悪化します

 

・免疫の正常化に役立つ発酵食品(とくに乳酸菌)

 

・アレルギー反応を緩和するDHA・IPA

 

・ロズマリン酸、アストラガリン、メントールなど

 



アレルギー性疾患                                                                                                                  内海 聡


アレルギー性疾患と呼ばれる病気が、世界じゅうに蔓延しています。

アレルギー性疾患には、アトピー性皮膚炎やぜんそく、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、じんましんなどがあります。

 

アレルギー性疾患は免疫機能が異常をきたし、通常は無害な異物に、過剰に反応することによって起こる病気といわれています。

しかしこれは間違っています。花粉症やアトピーなどの病気は、昔は全くといっていいほど存在しませんでした。いったいなぜでしょうか。

 

現代の医療がこれらの病気の原因をみようとはしません。

そしていつまでも、表面上に見られる症状をみせかけ上消すだけです。例えば、皮膚科医はアトピーの患者に、ステロイド剤や免疫抑制剤などを使いますが、そうした薬はその場しのぎにしかなりません。

それどころか使うほどにかえって症状を悪化させ、治りにくい大人のアトピーをふやしてきたのです。これは、病気の原因をとらえていないがゆえに起こります。

 

では何が、アレルギー性疾患と呼ばれる病気を引き起こしているのでしょうか。

私は、これらの病気はいずれも同じ原因で起こっていると考えています。その原因とは、化学物質などを代表とする現代の「社会毒」です。

 

ここでいう社会毒とは、人間社会が作り出した、本来の生物世界に害を与える物質の総称のことです。

化学物質などの社会毒を避けることなしに、アレルギー性疾患をなくすことは不可能なのです。

 

ステロイド軟こうやステロイド剤が悪いとわかっても、すぐにやめてはなりません。

いきなり薬をやめると猛烈に悪くなりますが、これがいわゆるリバウンドです。ステロイドはホルモン剤であると同時に石油から作ったクスリでもあります。

 

このような現代のクスリたちは脂溶性毒として脂肪や細胞膜や脳の中に蓄積され、長くとどまって毒性を発揮したり慢性毒性を発揮します。

またホルモンに直接影響を与えるため人体のホルモン産生が狂ってきます。

 

何度も言うようにステロイドなどを一気に止めるとリバウンドが出るので、減量や指導をしっかりできる方と相談の上やっていただければと思います。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放