ひじき                                 森下敬一


いまや、ひじきの煮つけは「おふくろの味」として大好評である。

大いに結構なこと。

だが、料理店のメニューとして人気があるというのは、ちょっと引っかかる。

 

ひじき料理は家庭で作って、みんなで食べたいものだからだ。

こんなに安いスタミナ・健脳・美容食品はちょっと類がない。

もどしたり、ゴミを取り除いたり、という作業も必要だが、やりつければ特別にめんどうなものではない。

 

カルシウムをはじめとして、ヨード、リンなどのミネラルが豊富なため、生理機能全体を正常化させる効果が著しい。

 

日本は火山列島。そのため土壌中にはカルシウムが少ない。

しかも、モンスーン地帯で雨量が多く、土壌中のミネラルはどんどん洗い流されてしまう。

日本人がミネラル不足におちいりやすいのも、このため。

 

だが幸い、海に流れこんだミネラルを海藻が受け止めている。

海藻を十分に取れば、ミネラル不足は防止できる。

実際、日本の長寿村・短命村を調査してみると、海藻を常食する習慣のある地域は例外なく長寿村になっている。

 

海藻のなかでも、ひじきはとくにカルシウム分が多いから、それだけ利用価値は大きい。

カルシウムの補給というと、牛乳で間に合っていると思う人もいるかもしれない。

だが、牛乳中のカルシウムは、人体が必要としているカルシウムとは異質のもの。

従って牛乳を多くとっていると、かえって生理的なカルシウム代謝は混乱してしまう。

 

カルシウム代謝が乱されると病気に対する抵抗力は弱まり、カゼを引きやすくなる。

また、自律神経も失調し易く、イライラしたり、おこりっぽくなる。

 

ひじきが、スタミナ・健脳・美容に偉力を発揮するのは、ミネラル補給に加えて便秘解消作用が著しいためである。

ひじきは腸の働きを活発にして、腸内の老廃物をすみやかに排泄する。

腸内がきれいになると、腸内細菌の性状がよくなって、腸壁の働きも活発化する。

きれいな血液がつくられるようになるわけだ。

 

体の細胞は、心臓も肝臓も皮膚も、そして脳も、すべて血液によって養われている。

血液がきれいになれば、すべての臓器の機能は健全化する。

全身の組織が若返る証拠としてひじきは頭髪のツヤをよくし、白髪を防止する。

 

便秘を招く最大の原因は、白砂糖および肉、卵だ。

白砂糖は腸壁をたるませ、肉、卵には繊維がないからだ。

だから、これらの食品はできるだけ避けなければいけない。

それと同時に便通効果が著しく、浄血作用の強力なひじきを積極的に食べたいものだ。 

 

■ひじきれんこん

材料(4人分)

・ひじき(もどした物)……100g

・れんこん……50g

・にんじん……20g

・ごま油……大さじ2

・しょう油……大さじ3

・だし汁……大さじ5

 

<作り方>

①人参は細切り、れんこんは半月切りまたはいちょう切りにします。

②鍋にごま油を熱し、れんこん、にんじんを炒め、ひじきを炒めてだし汁を加えてフタをします。

③火が通ったらしょう油で味つけし、汁がなくなるまで煮詰めめます。

 

■ひじきの精進揚げ

材料

・ひじき

・にんじん

・地粉

・ごま油

・しょう油

・自然塩

・揚げ油

・にんにく

 

<作り方>

①にんじんは、ひたひた程度の水に塩を入れてさっと茹でておきます。

②ひじきは、油でにんにくと炒め、水を入れてもどし煮てからしょう油で下味をつけます。

③地粉を水で溶き、2を加え(汁気がある場合は布巾でとる)かき揚げにします。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放