がん患者ナイアシン+Cで自然回復                藤川 徳美


統合失調症患者では尿中にふじ色物質(クリプトピロール:KP)が見られる。

KPは、酸化ストレスにより生じる。

KPは、末期ガンのような重病患者にもよく見られる。

 

つまり、ガン患者においても、統合失調患者と同じように、ナイアシン+Cが有効で、自然回復も可能。

ガンに対しては多くの抗酸化物質が効果がある。

 

83歳の腎臓ガン患者

腹膜転移があり、ガン病変は大動脈の周りに達し、手術不能。

 

以下のような指示を与えた。

1)精製糖質を可能な限り減らす。

2)C2g*6(合計12g)。

3)ナイアシン100mg*3。

4)Bコンプレックス、100mg相当。

5)葉酸5mg。

6)セレン200mcg。

 

3ヶ月間の上記治療で元気を取り戻し、6年後にはすっかり回復してしまった。

 

ガンに対するオーソモレキュラー治療

ガン患者では栄養飢餓状態にあるため、栄養を改善させることが病気の改善につながる。

砂糖、小麦、白米、などをまず止める必要がある。

オーソモレキュラー治療により患者自身のガンに対する抵抗力を回復させる。

 

ビタミンC点滴

C10g以上の内服、下痢する直前の量まで。

さらに、60~100gのCの点滴を週2~3回、2ヶ月間。

Cは結合組織を強くしてガンの浸潤を抑え、免疫力を高め、疼痛軽減作用がある。

C血中濃度を高めることにより、ガン細胞を殺すことができる。

リオルダンらは40年以上、ガンに対してC点滴を行ってきた。

彼は、”ガンの治療においてはC点滴は第一選択薬だ”と述べている。

ガン細胞はカタラーゼの不足があり、Cによる過酸化水素によりガン細胞を殺すことができる。

 

ガン治療における他の栄養素

ナイアシンは抗がん物質である。

強力なBコンプレックスも必要。

 

D3は10000IU。

セレンは1000mcgまで。

(*、安全なの?大丈夫?)

ω3脂肪酸、植物フラボノイド。

(*、日本人はω3は欧米人より多いので、優先度は低い)

(*、メグビーSは良いと思う)

 

栄養を改善することにより寿命を延長でき、QOLも改善する。

最も悪性度が高い肉腫はC治療にもっとも良く反応する。

 

ガン治療のまとめ

1)精製糖質、ジャンクフード、乳製品を止める。

(*、日本人では鉄タンパク不足の解消が最優先される)

(*、ケトン体2000~4000のケトン食)

 

2)C、経口で15~100g、点滴で60~100g。

(*、ケトン食+高濃度Bを併用すれは10~20gで十分)

 

3)A、50000IUまで、加えてβカロチン30000IU。

 

4)E、d-αートコフェロールで800IU。

(*、2000~4000IU必要)

 

5)ナイアシン、1000mg*3。

 

6)Bコンプレックス、50mg*3。

(*、日本人ではB1不足があるのでベンフォチアミンも必要)

(*、C点滴と同時に高濃度Bの点滴も必要)。

 

7)Zn、30~50mg。

 

8)Mg、500mg。

 

9)セレン、400~500mcg。

 

10)D3、10000IU。

 

骨軟骨腫患者に対して

C、4g*4。

ナイアシン、500mg*3。

セレン、1000mcg。

Bコンプレックス、100mg。

Zn、50mg。

E、800IU。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放