がん予防と糖質制限とケトン食          「漢方がん治療」を考える


図:肥満と2型糖尿病はがんの発生と進行を促進する。高糖質食は肥満と2型糖尿病を増やす。さらに、高糖質食自体ががんの発生と進行を促進する。一方、ケトン食は肥満と2型糖尿病とがんのいずれの発病も予防する。がん予防の食事としてマイルドなケトン食は有用と考えられる。

 

520) がん予防と糖質制限とケトン食

【がん専門医はがんの第一次予防に消極的】
私は20年くらい前(平成7年〜平成10年)に国立がんセンター研究所のがん予防研究部第一次予防研究室の室長をしていました。

がんの第一次予防というのは、食生活や生活習慣の改善によってがんの発生を予防することです。
がん検診を使って早期診断・早期治療でがん死を減らそうというのが第二次予防で、がん治療後の再発を予防することを第三次予防と言います。
今の国立がん研究センターでは、がんの第一次予防の研究はほとんど行っていません。早期診断法の開発やがん検診の推進など第二次予防が中心です。
しかし、がん検診をいくら推進してもがん患者は減りません。むしろがん患者は増えます。治療の必要のない「悪性度の低いがん」を発見して、過剰診療の原因にもなっています(432話参照)。 
第二次予防(早期診断と早期治療)ではがんの発生数を減らせないことは明らかですが、がん患者が減ると困るので第一次予防は行わないというのが、国立がん研究センターの方針のようです。
がんを減らすことを真剣に考えれば国民のためには良いのですが、がん患者を減らすことを積極的にすると、がん専門医は仕事が減るので、したくないというのが本音です。
早期診断・早期治療の第二次予防の推進であれば、がん専門医もがんセンターも仕事が増えて存在価値が増えます。しかし、国民には全くメリットはありません。医療費が増えるだけです。
糖質制限すれば糖尿病患者が減るのが分っているので、糖尿病専門医が糖質制限を受け入れたくないのと似たような理由です。

 

【日本食はがん予防に有効なのか?】
がん予防にどのような食事が良いという点に関しては、「精製度の低い穀物や大豆や野菜や果物を多く摂取する」、「肉と動物性脂肪は少なくする」というのが主流の意見です。

しかし、細かい点では異なる意見は数多くあります。
例えば、果糖(フルクトース)はがん細胞の増殖や悪性化を亢進するという点から、「果物を多く摂取する