がんライフ                          ‎野中 秀訓


ガンや高血圧、アレルギー、糖尿病、リューマチを始めとする生活習慣病は、対処療法の保険診療に答えはありません。ガンの標準治療にしても症状を押さえ込むだけで、根本的な原因は放ったらかしだからです。

 

ここに気付けるかどうか最初の分かれ道のような気がしてます。

答えは保険適用外の自由診療、いわゆる代替療法や、意外にも民間療法にあるわけですが、ここに気付き、そちら側の門を叩くことがガンとの共存との第一歩なのだと思います。

ガンは「これで治る」といった決定的な治療法が確立していませんが、「不治の病」でないことは確かです。あまりにも関連する要素が多すぎるからこそ、統計がとれない。でも確実に治す方法は存在します。

しかし、その方法は人によって違います。そのためがん患者は右往左往する羽目になる。

 

私は今の生活を闘病や治療ではなく、新しいライフスタイルと位置づけることにしています。

言うなれば「がんライフ」。

制限のキツイ食事ではなく、自然食やケトジェニックダイエットを楽しむ。たまにガンの目を盗んで酒を飲む。ヨガや鍼、サウナや温熱療法を義務化するのではなく、リラクゼーションや健康的な趣味として楽しむ。

 

間もなくガン発覚から2年が経ちます。この新しいライフスタイルの結果、依然ガンはどこかに潜んでいるものの、外見は周りのん皆んながビックリするくらい若返り、血液診断の結果は発覚以前とは比べものにならないほど健康な状態になっています。

おまけに、高血圧も頑固な花粉症も完治しました。

 

これも今のライフスタイルを支えてくれる周囲の人達のおかげです。ガン発覚前にはこれ程素直に人に感謝できる気持ちはなかったように思います。

ガンのお陰とまでは言いたくないですが、明らかに人生観が変わったのは事実です。

このライフスタイル、それほど悪くはないです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放